IReference<T> インターフェイス

定義

任意の列挙型、構造体、およびデリゲート型をプロパティ値として使用できるようにします。

.NET このインターフェイスは Null 許容<T> として表示されます。

C++/CXこのインターフェイスは Platform::IBox<T> として表示されます

public interface class IReference : IPropertyValue
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.FoundationContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Guid(1640068870, 11621, 4576, 154, 232, 212, 133, 100, 1, 84, 114)]
template <typename T>
struct IReference : IPropertyValue
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.FoundationContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.Guid(1640068870, 11621, 4576, 154, 232, 212, 133, 100, 1, 84, 114)]
public interface Nullable<T> : IPropertyValue
Public Interface Nullable(Of T)
Implements IPropertyValue

型パラメーター

T
属性
実装

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 (10.0.10240.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.FoundationContract (v1.0 で導入)

bool flag = myScrollViewer.ChangeView(2, null, null);
bool flag{ myScrollViewer.ChangeView(Windows::Foundation::IReference<double>{2.f}, nullptr, nullptr) };

注釈

.NET を使用してプログラミングする場合、このインターフェイスは非表示になり、 Null 許容<T> クラスを使用する必要があります。 基本的な IDL シグネチャが IReference (制約あり) を示すすべてのWindows ランタイムメンバーは、代わりに null 許容値型 (?bool など) の null 許容構文を使用して公開されます。

C++/CX を使用してプログラミングする場合、このインターフェイスは非表示になり、 Platform::IBox<T> インターフェイスを使用する必要があります。 基本的な IDL 署名が IReference を示すすべてのWindows ランタイムメンバー (制約あり) は、代わりに、特定の値型としてテンプレートを使用して Platform::IBox<T> を使用して公開されます。 これは、C++/CX が null 許容値型を実装する方法です。 詳細については、「 値クラスと構造体 (C++/CX)」を参照してください。

.NET と C++/CX の両方に同等のプロジェクションがあるため、WRL を使用したり、Windows ランタイム コンポーネントのコードを記述したり、null 許容値型が必要な場合を除き、このインターフェイスを実装しないでください。

インターフェイスの継承

IReference<T> は IPropertyValue を継承します。 IReference<T> を実装する型は、 IPropertyValue のインターフェイス メンバーも実装します。

プロパティ

IsNumericScalar

プロパティ値がスカラー値かどうかを示す値を取得します。

(継承元 IPropertyValue)
Type

プロパティ値に格納されている型を返します。

(継承元 IPropertyValue)
Value

IPropertyValue として表される型を取得します。

メソッド

GetBoolean()

プロパティ値として格納されているブール値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetBooleanArray(Boolean[])

プロパティ値として格納されているブール値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetChar16()

プロパティ値として格納されている Unicode 文字を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetChar16Array(Char[])

プロパティ値として格納されている Unicode 文字の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetDateTime()

プロパティ値として格納されている日付と時刻の値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetDateTimeArray(DateTime[])

プロパティ値として格納されている日付と時刻の値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetDouble()

プロパティ値として格納されている浮動小数点値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetDoubleArray(Double[])

プロパティ値として格納されている浮動小数点値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetGuid()

プロパティ値として格納されている GUID 値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetGuidArray(Guid[])

プロパティ値として格納されている GUID 値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInspectableArray(Object[])

プロパティ値として格納されている検査可能なオブジェクトの配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt16()

プロパティ値として格納されている整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt16Array(Int16[])

プロパティ値として格納されている整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt32()

プロパティ値として格納されている整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt32Array(Int32[])

プロパティ値として格納されている整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt64()

プロパティ値として格納されている整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetInt64Array(Int64[])

プロパティ値として格納されている整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetPoint()

プロパティ値として格納されているポイント構造を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetPointArray(Point[])

プロパティ値として格納されているポイント構造体の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetRect()

プロパティ値として格納されている四角形の構造体を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetRectArray(Rect[])

プロパティ値として格納されている四角形の構造体の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetSingle()

プロパティ値として格納されている浮動小数点値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetSingleArray(Single[])

プロパティ値として格納されている浮動小数点値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetSize()

プロパティ値として格納されているサイズ構造を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetSizeArray(Size[])

プロパティ値として格納されているサイズ構造体の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetString()

プロパティ値として格納されている文字列値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetStringArray(String[])

プロパティ値として格納されている文字列値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetTimeSpan()

プロパティ値として格納されている時間間隔の値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetTimeSpanArray(TimeSpan[])

プロパティ値として格納されている時間間隔値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt16()

プロパティ値として格納されている符号なし整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt16Array(UInt16[])

プロパティ値として格納されている符号なし整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt32()

プロパティ値として格納されている符号なし整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt32Array(UInt32[])

プロパティ値として格納されている符号なし整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt64()

プロパティ値として格納されている符号なし整数値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt64Array(UInt64[])

プロパティ値として格納されている符号なし整数値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt8()

プロパティ値として格納されているバイト値を返します。

(継承元 IPropertyValue)
GetUInt8Array(Byte[])

プロパティ値として格納されているバイト値の配列を返します。

(継承元 IPropertyValue)

適用対象

こちらもご覧ください