CharacterReceivedEventArgs クラス

定義

入力キューで文字を受信したときに発生したイベントによって返される引数を提供します。

public ref class CharacterReceivedEventArgs sealed
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
class CharacterReceivedEventArgs final
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Standard)]
public sealed class CharacterReceivedEventArgs
Public NotInheritable Class CharacterReceivedEventArgs
継承
Object IInspectable CharacterReceivedEventArgs
属性
実装

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 (10.0.10240.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v1.0 で導入)

注釈

Windows 10アプリは、入力メソッド エディター (IME) が有効になっている場合、このイベントを受け取りません。 入力メソッド エディター (IME) は、すべてのキーボード入力を処理し、 処理をtrue に設定します。

Windows Phone この API は、ネイティブ アプリでのみサポートされます。

このオブジェクトは、次のイベントに登録されているデリゲートによって返されます。

void SetWindow(CoreWindow const& window)
{
    ...
    window.CharacterReceived({this, &App::OnCharacterReceived });
}

// Character received event data in CharacterReceivedEventArgs.
void OnCharacterReceived(
    Windows::UI::Core::CoreWindow const& /* sender */,
    Windows::UI::Core::CharacterReceivedEventArgs const& /* args */)
{
}
// returning character received events data through CharacterReceivedEventArgs

void MyCoreWindowEvents::SetWindow( // implementation called by CoreApplication::Run(), provided for context
    _In_ CoreWindow^ window
    )
{
    // ...
    window->CharacterReceived +=
        ref new TypedEventHandler<CoreWindow^, CharacterReceivedEventArgs^>(this, &CoreWindowEvents::OnCharacterReceived);
    // ...
}

注意

このクラスはアジャイルではないため、スレッド モデルとマーシャリング動作を考慮する必要があります。 詳細については、「 スレッドとマーシャリング (C++/CX)」を参照してください。

プロパティ

Handled

文字受信イベントが処理されたかどうかを取得または設定します。

KeyCode

入力キューで受信した文字のキー コードを取得します。

KeyStatus

文字受信イベントを発生させた物理キー押下の状態を取得します。

適用対象

こちらもご覧ください