Windows.UI.Core 名前空間

コア入力イベントやイベントディスパッチなど、基本的なユーザー インターフェイス ウィンドウ コンポーネントを提供します。

クラス

AcceleratorKeyEventArgs

アクセラレータ キー イベント コールバックによって返される引数を提供します。

AutomationProviderRequestedEventArgs

オートメーション プロバイダー要求イベント コールバックによって返される引数を提供します。

BackRequestedEventArgs

SystemNavigationManager.BackRequested イベントのイベント データを提供します。

CharacterReceivedEventArgs

入力キューで文字を受け取ったときに発生するイベントによって返される引数を提供します。

ClosestInteractiveBoundsRequestedEventArgs

ClosestInteractiveBoundsRequested イベントのイベント データを提供します。 一般的な使用を目的としたものではありません。 CoreComponentInputSource.ClosestInteractiveBoundsRequestedCoreWindow.ClosestInteractiveBoundsRequested を参照してください。

CoreAcceleratorKeys

アクセラレータ キーの基本的な動作を提供します。

CoreComponentInputSource

DirectX 相互運用フレームワークなど、別のフレームワークでホストされている XAML フレームワーク要素の入力を受け取るメカニズムを提供します。

CoreCursor

カーソル (ビジュアル ポインター) オブジェクトを定義します。

CoreDispatcher

コア イベント メッセージ ディスパッチャー Windows ランタイム提供します。 この型のインスタンスは、ウィンドウ メッセージを処理し、クライアントにイベントをディスパッチする役割を担います。

CoreIndependentInputSource

相互運用シナリオ用のコア入力 API を表示します。

CoreIndependentInputSourceController

関連付けられたビジュアル オブジェクトの CoreIndependentInputSource を作成し、そのソースが受け取った入力を管理するオブジェクトを表します。

CoreWindow

入力イベントと基本的なユーザー インターフェイス動作を持つ UWP アプリを表します。

CoreWindowDialog

アプリ ウィンドウの子ダイアログを定義します。

デスクトップ アプリでは、UI を表示する方法でこのクラスのインスタンスを使用する前に、オブジェクトをその所有者のウィンドウ ハンドルに関連付ける必要があります。 詳細およびコード例については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトの表示」を参照してください。

CoreWindowEventArgs

ウィンドウ入力または動作イベントの後にアプリに返される引数のセットを格納します。

CoreWindowFlyout

アプリ ウィンドウの子ポップアップを定義します。

デスクトップ アプリでは、UI を表示する方法でこのクラスのインスタンスを使用する前に、オブジェクトをその所有者のウィンドウ ハンドルに関連付ける必要があります。 詳細およびコード例については、「 CoreWindow に依存する WinRT UI オブジェクトの表示」を参照してください。

CoreWindowPopupShowingEventArgs

ポップアップ ウィンドウの目的のサイズを設定するメソッドを定義します。

CoreWindowResizeManager

CoreWindow.SizeChanged イベントの管理に使用する型を定義します。 この型は、フレームワーク (XAML など) または独自の IFrameWorkView を実装するアプリで使用され、シェルで描画されたプラクホルダー (スプラッシュスクリーンなど) と最初に描画されたフレームとの間でハンドオーバーを同期し、一方から他方への切り替えにギャップがないようにします。 アプリが IFrameWorkView 自体を実装していない場合は、フレームワークによって行われるので、この同期に参加しないでください。

IdleDispatchedHandlerArgs

IdleDispatchedHandler コールバックによって返される引数を定義します。

InputEnabledEventArgs

CoreWindow.InputEnabled イベントによって返されるウィンドウ入力状態を格納します。

KeyEventArgs

仮想キー イベントによって返される引数を格納します。

PointerEventArgs

最後のポインター イベントによって返される引数を格納します。

SystemNavigationManager

アプリがシステム提供のバックナビゲーション イベントに応答する方法を提供します。

TouchHitTestingEventArgs

TouchHitTesting イベントによって返される引数を格納します。

VisibilityChangedEventArgs

CoreWindow インスタンスの可視性が変更されたときに発生したイベントによって返される引数を格納します。

WindowActivatedEventArgs

CoreWindow.Activated イベントによって返される Windows ライセンス認証状態情報を格納します。

WindowSizeChangedEventArgs

ウィンドウ サイズ変更イベントによって返される引数を格納します。

構造体

CorePhysicalKeyStatus

取得できる物理キーの状態項目のセットを指定します。

CoreProximityEvaluation

タッチ接触領域の可能性のあるターゲットとしてのオブジェクトのランクを格納します。

インターフェイス

ICoreAcceleratorKeys

アクセラレータ キーの基本的な動作を定義するインターフェイスを提供します。

ICoreInputSourceBase

CoreWindow で使用される入力ソースの基本インターフェイスを定義します。

ICorePointerInputSource

ポインター入力の動作を定義します (ワーカー スレッドでの処理用)。

ICorePointerInputSource2

ポインター入力の動作を定義します (ワーカー スレッドでの処理用)。

ICorePointerRedirector

プロセス間の入力処理のためのポインター イベントを定義します。

ICorePointerRedirector インターフェイスの実装は、 CoreWindow クラスによって提供されます。

入力チェーンとは、入力境界に達したときの親オブジェクト (ホスト) と入れ子になった子オブジェクト (コンポーネント) の両方の相互作用動作を指します。

1 つのプロセスでは、埋め込み (または入れ子になった) コンテンツのチェーンは、システムによって ( 直接操作によって) 管理されます。

クロスプロセス チェーンの場合、このインターフェイスで定義されているポインター イベントは、入力ルーティングの詳細を提供します。

ICoreWindow

ウィンドウ オブジェクトとその入力イベントのインターフェイスと基本的なユーザー インターフェイスの動作を指定します。

ICoreWindowEventArgs

ウィンドウ入力または動作イベントの後にアプリに返される引数のセットを定義します。

IInitializeWithCoreWindow

CoreWindow を使用するアプリの初期化動作を定義します。

列挙型

AppViewBackButtonVisibility

戻るボタンをシステム UI に表示するかどうかを指定する定数を定義します。

CoreAcceleratorKeyEventType

コールバックを呼び出すことができるアクセラレータ キー イベントのセットを指定します。

CoreCursorType

カーソルの種類のセットを指定します。

CoreDispatcherPriority

ウィンドウ イベント ディスパッチの優先順位を定義します。

CoreIndependentInputFilters

特定の入力デバイスの種類でサポートされているフィルター条件を指定します。

CoreInputDeviceTypes

ユーザー入力モダリティを指定します。 これらの値を組み合わせることができます。

CoreProcessEventsOption

ProcessEvents に渡される排他イベント処理オプションのセットを指定します。

CoreProximityEvaluationScore

タッチ接触領域と交差する他のオブジェクトを基準にして、オブジェクトのランクをターゲットとして指定します。

CoreVirtualKeyStates

仮想キーの使用可能な状態を示すフラグを指定します。

CoreWindowActivationMode

ウィンドウのアクティブ化状態を指定する定数を定義します。

CoreWindowActivationState

CoreWindowActivated イベントが発生した一連の理由を指定します。

CoreWindowFlowDirection

ウィンドウ内のテキストのフロー順序を指定します。

代理人

DispatchedHandler

CoreWindow ディスパッチ イベントを処理するメソッドを表します。

IdleDispatchedHandler

CoreWindow アイドル優先度ディスパッチ イベントを処理するメソッドを表します。 CoreDispatcher.RunIdleAsync が呼び出されると呼び出されます。

こちらもご覧ください