Share via


Transform3D クラス

定義

public ref class Transform3D : DependencyObject
/// [Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(Windows.Foundation.UniversalApiContract, 65536)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
/// [Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
class Transform3D : DependencyObject
[Windows.Foundation.Metadata.ContractVersion(typeof(Windows.Foundation.UniversalApiContract), 65536)]
[Windows.Foundation.Metadata.MarshalingBehavior(Windows.Foundation.Metadata.MarshalingType.Agile)]
[Windows.Foundation.Metadata.Threading(Windows.Foundation.Metadata.ThreadingModel.Both)]
public class Transform3D : DependencyObject
Public Class Transform3D
Inherits DependencyObject
継承
Object Platform::Object IInspectable DependencyObject Transform3D
派生
属性

Windows の要件

デバイス ファミリ
Windows 10 (10.0.10240.0 で導入)
API contract
Windows.Foundation.UniversalApiContract (v1.0 で導入)

注釈

Transform3D は CompositeTransform3D クラスPerspectiveTransform3D クラスの基底クラスとして機能しますが、メソッドがないため、独自にパブリックにインスタンス化することはできません。

Transform3D の使用方法の詳細については、 UIElement.Transform3D プロパティを参照してください。

コンストラクター

Transform3D()

Transform3D クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Dispatcher

このオブジェクトが関連付けられている CoreDispatcher を取得します。 CoreDispatcher は、コードが UI 以外のスレッドによって開始された場合でも、UI スレッド上の DependencyObject にアクセスできる機能を表します。

(継承元 DependencyObject)

メソッド

ClearValue(DependencyProperty)

依存関係プロパティのローカル値をクリアします。

(継承元 DependencyObject)
GetAnimationBaseValue(DependencyProperty)

依存関係プロパティに対して確立された基本値を返します。これは、アニメーションがアクティブでない場合に適用されます。

(継承元 DependencyObject)
GetValue(DependencyProperty)

DependencyObject から依存関係プロパティの現在の有効な値を返します。

(継承元 DependencyObject)
ReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカル値が設定されている場合は、依存関係プロパティのローカル値を返します。

(継承元 DependencyObject)
RegisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, DependencyPropertyChangedCallback)

この DependencyObject インスタンスの特定の DependencyProperty に対する変更をリッスンするための通知関数を登録します。

(継承元 DependencyObject)
SetValue(DependencyProperty, Object)

DependencyObject の依存関係プロパティのローカル値を設定します。

(継承元 DependencyObject)
UnregisterPropertyChangedCallback(DependencyProperty, Int64)

RegisterPropertyChangedCallback を呼び出して以前に登録した変更通知を取り消します。

(継承元 DependencyObject)

適用対象

こちらもご覧ください