vcpkg_cmake_build

カスタム インストール ターゲットを使用して cmake プロジェクトをビルドします。

従来、CMake はターゲット install を使用してバイナリをビルドしてコピーします CMAKE_INSTALL_PREFIX。 まれに、プロジェクトには、代わりに使用する必要があるより具体的なターゲットがある場合があります。

ポートは、可能な場合は呼び出し vcpkg_cmake_install() を優先する必要があります。

使用方法

vcpkg_cmake_build(
    [TARGET <target>]
    [LOGFILE_BASE <base>]
    [DISABLE_PARALLEL]
    [ADD_BIN_TO_PATH]
)

この関数を使用するには、ヘルパー ポート vcpkg-cmakeに依存する必要があります。

"dependencies": [
  {
    "name": "vcpkg-cmake",
    "host": true
  }
]

パラメーター

サポートされているすべてのパラメーター vcpkg_cmake_install() がサポートされます vcpkg_cmake_build()。 パラメーターの詳細については、次を参照してください vcpkg_cmake_install()

TARGET

ビルドする CMake ターゲット。

このパラメーターが渡されない場合、ターゲットはビルドに渡されません。

LOGFILE_BAStandard Edition

ログの代替ルート名。

既定値は build-${TARGET_TRIPLET} です。 パス区切り記号は含めないようにしてください。 パターンに一致するログが生成されます ${CURRENT_BUILDTREES_DIR}/${LOGFILE_BASE}-<suffix>.log

vcpkg_from_github(OUT_SOURCE_PATH source_path ...)
vcpkg_cmake_configure(
    SOURCE_PATH "${source_path}"
    OPTIONS
        -DBUILD_EXAMPLES=OFF
        -DBUILD_TESTS=OFF
)
vcpkg_cmake_build(TARGET my.install.target)

例について microsoft/vcpkg を検索する

解説

このコマンドは vcpkg_build_cmake().

ソース

ports/vcpkg-cmake/vcpkg_cmake_build.cmake