vcpkg_from_git

Git からプロジェクトをダウンロードして抽出します。

このヘルパーは CLI 資格情報を git 再利用します。 プライベート Git ホストの資格情報を構成するための認証を参照してください

Git リポジトリが BitBucket、GitHub、または GitLab でホストされている場合は、次の関数ではなく、その特定の関数を使用する必要があります。

使用法

vcpkg_from_git(
    OUT_SOURCE_PATH <SOURCE_PATH>
    URL <https://android.googlesource.com/platform/external/fdlibm>
    REF <59f7335e4d...>
    [HEAD_REF <ref>]
    [PATCHES <patch1.patch> <patch2.patch>...]
    [LFS [<url>]]
)

パラメーター

OUT_SOURCE_PATH

抽出された場所を格納する out 変数を指定します。

これは規則に従って設定する SOURCE_PATH 必要があります。

URL

Git リポジトリの URL。

REF

ダウンロードするコミットの git sha。

FETCH_REF

HEAD 以外のモードでフェッチする Git ブランチ。 これがフェッチされた後、REFチェックされます。これは、git サーバーがアドバタイズされていないオブジェクトのチェックを許可しない場合に便利です。

HEAD_REF

パッケージが最新のソースからビルドされるように要求されたときに使用する Git ブランチ。

例: main, develop, HEAD

パッチ

抽出されたソースに適用するパッチの一覧。

相対パスは、ポート ディレクトリに基づいています。

LFS

vcpkg バージョン 2022.11.14 で追加されました

Git LFS を使用して格納されているファイルのフェッチを有効にします。 フェッチされるのは、指し示されている REF ファイルだけです。

これにより、Git LFS がポートに必須になります。 拡張機能がインストールされていない場合は致命的なエラーです。

vcpkg バージョン 2023.01.23 で追加されました

指定した場合は、 <url> LFS の元の Git URL の代わりに使用されます。

メモ

OUT_SOURCE_PATHREF、および URL 指定する必要があります。

ソース

scripts/cmake/vcpkg_from_git.cmake