IDebugPointerObject

重要

Visual Studio 2015 では、この方法での式エバリュエーターの実装は非推奨です。 CLR 式エバリュエーターの実装については、CLR 式エバリュエーターおよびマネージド式エバリュエーターのサンプルに関する記事をご覧ください。

このインターフェイスはポインター オブジェクトを表します。

構文

IDebugPointerObject : IDebugObject

実装側の注意

式エバリュエーターでは、ポインター オブジェクトを表すためにこのインターフェイスを実装します。

呼び出し元に関する注意事項

IDebugObject インターフェイスでは、IDebugObject がポインターを表す場合、QueryInterface を使用してこのインターフェイスを取得できます。

Vtable 順序のメソッド

IDebugPointerObject インターフェイスでは、IDebugObject から継承されたメソッドに加えて以下のメソッドが公開されます。

メソッド 説明
Dereference インターフェイスが指すオブジェクトを取得します。
GetBytes インターフェイスが連続する一連のバイトとして指す値を取得します。
SetBytes 連続する一連のバイトからインターフェイスが指す値を設定します。

解説

式エバリュエーターではこのインターフェイスを使用して、ポインターを解析ツリーで表現します。

要件

ヘッダー: ee.h

名前空間: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop

アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop.dll

関連項目