IEnumDebugObjects

重要

Visual Studio 2015 では、この方法での式エバリュエーターの実装は非推奨です。 CLR 式エバリュエーターの実装については、CLR 式エバリュエーターおよびマネージド式エバリュエーターのサンプルに関する記事をご覧ください。

このインターフェイスは、IDebugObject インターフェイスを実装するオブジェクトのコレクションを表します。

構文

IEnumDebugObjects : IUnknown

実装側の注意

式エバリュエーターは、このインターフェイスを実装して、IDebugObject インターフェイスを実装するオブジェクトのセットを提供します。 GetCount メソッドが存在するため、これは標準の COM 列挙ではないことにご注意ください。

呼び出し元に関する注意事項

  • GetElements は、このインターフェイスを返します。

Vtable 順序のメソッド

このインターフェイスには、次のメソッドが実装されています。

メソッド 説明
次へ 列挙から IDebugObject オブジェクトの次のセットを取得します。
Skip 指定された数のエントリをスキップします。
リセット 列挙を最初の要素にリセットします。
複製 現在の列挙のコピーを取得します。
GetCount 列挙のエントリの数を取得します。

解説

デバッグ エンジンがこのインターフェイスを使用して、配列内のオブジェクトのセットを列挙できます。

要件

ヘッダー: ee.h

名前空間: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop

アセンブリ: Microsoft.VisualStudio.Debugger.Interop.dll

関連項目