次の方法で共有


[アカウント] ([オプション] ダイアログ ボックス - [環境])

このページを使用すると、Visual Studio へのサインインに使用するアカウントに関連するさまざまなオプションを設定できます。

個人アカウント

デバイス間で設定を同期する

このオプションを使用して、複数のコンピューター間で設定を同期するかどうかを指定します。 詳細については、「同期された設定」を参照してください。

デバイス コード フローを有効にする

このオプションをオンにすると、[ファイル]>[アカウント設定] ページで [アカウントの追加] を選択したときの Visual Studio の動作が変わります。 [アカウントにサインイン] ページが表示されるのではなく、サインインするための URL とコードを Web ブラウザーに貼り付けることができるダイアログ ボックスが表示されます。 このオプションは、たとえば古いバージョンの Internet Explorer を使用していたり、ファイアウォールでアクセスが制限されていたりして、通常の方法では Visual Studio にサインインできない場合に便利です。 詳細については、「Visual Studio にサインインする」を参照してください。

登録済み Azure クラウド

このセクションには、Visual Studio へのサインインに使用されている 1 つまたは複数のアカウントを通じてアクセスできる Azure のクラウド インスタンスが表示されます。 たとえば、会社のデータ センターで Azure の非公開インスタンスにアクセスできる場合があります。 または、Azure のソブリンまたは政府インスタンスへのアクセス権を持っている可能性があります (Azure China 21 Vianet や Azure U.S.Government の Azure など)。 グローバル Azure クラウド インスタンスは既定で一覧に表示され、削除することはできません。

[追加] ボタンを選択して、追加の Azure クラウドを登録します。 [新しい Azure クラウドの追加] ダイアログには、接続できるいくつかのよく知られている Azure クラウド インスタンスが一覧表示されます。または、非公開の Azure エンドポイントに対する URL を入力することができます。

Add new Azure cloud instance

追加の Azure クラウドを登録した後は、Visual Studio にサインインするときにサインインする Azure クラウドを選択できます。

関連項目