Web 用 Visual Studio Code の Live Share

Web 用 Visual Studio Code を使用すると、https://vscode.dev にアクセスし、ローカル フォルダーまたは GitHub か Azure DevOps のリポジトリをブラウザーから直接開くことができます。 これにより、作業を開始するために何もインストールしなくても、どこからでも任意のデバイスでコードを編集できます。 さらに、コラボレーションは多くの開発者のワークフローの重要な部分であるため、Live Share 拡張機能は Web 用 Visual Studio Code を完全にサポートしており、より軽量な簡素化された方法で同僚と連携して作業できます。

作業の開始

ブラウザーから Live Share セッションを開始するには、次の手順を実行するだけです。

  1. Live Share 拡張機能をインストールします
  2. ステータス バーの Live Share ボタンをクリックします。 メッセージが表示されたら、GitHub または Microsoft の ID を使用してサインインします
  3. 共同作業を行う開発者とセッション URL を共有します。

だれかがそのリンクをクリックすると、ブラウザーが起動し、Web からセッションに参加するか、Visual Studio または VS Code から参加するかを確認するメッセージが表示されます。 GitHub または Microsoft の ID で認証するか、匿名ゲストとして続行するかを選択できます。

デスクトップからの参加

Web 用 Visual Studio Code では軽量でインストール不要なエクスペリエンスが提供されますが、多くの開発者は既にデスクトップ クライアントをインストールしているため、そこから共同作業することをお勧めします。 その結果、Live Share 拡張機能により、vscode.dev ベースのクライアントに加えて、デスクトップからコラボレーション セッションに簡単に参加できるようになります。

Web から開く

だれかから Live Share リンクを受信し、それをブラウザーで開いた場合、次のいずれかのコマンドを使用して簡単にデスクトップに切り替えることができます。

  1. エディターの左上隅にある "ハンバーガー" メニューをクリックし、Open in VS Code (VS Code で開く) または Open in Visual Studio (Visual Studio で開く) を選択する
  2. エディターの左下隅にある緑色の Live Share ステータス バー ボタンをクリックし、Open in VS Code (VS Code で開く) または Open in Visual Studio (Visual Studio で開く) を選択する
  3. コマンド パレットを開き、Live Share: Open in VS Code (VS Code で開く) または Live Share: Open in Visual Studio (Visual Studio で開く) を選択する

これらの各エントリ ポイントを使用すると、選択したデスクトップ クライアントが起動し、アクティブなセッションに自動的に参加できます。

デスクトップから開く

Visual Studio または Visual Studio Code が既にインストールされて開かれている場合、他のユーザーからセッション URL を受信したときは、次のいずれかの方法を使用してデスクトップから直接参加できます。

  1. VS Code:
    1. Live Share タブを開き、Join (参加) ボタンをクリックして、セッション URL を貼り付ける
    2. コマンド パレットを開き、Live Share: Join Collaboration Session を選択する
  2. Visual Studio:File -> Join Collaboration Session (コラボレーション セッションに参加する) メニューを選択する

既定でのデスクトップの使用

Live Share セッションを初めてクリックすると、デスクトップと Web のどちらのクライアントを使用するかを確認するメッセージが表示されます。 この選択に基づいて、以降の Live Share へのアクセス時には、指定したクライアントが起動します。 ただし、前述の手順に従って、いつでも Web からデスクトップ クライアントを開くことができます。 常に使用される既定のクライアントを変更する場合は、Live Share: Launcher Client の設定を webvisualStudiovisualStudioCode のいずれかに設定できます。 次に、Live Share リンクをクリックするたびに、優先するクライアントが自動的に起動します。

の既知の問題

Live Share では、デスクトップと Web の間でほとんど同じ機能がサポートされていますが、現在、Web では利用できない機能がいくつかあります。 これらのギャップを埋めるために積極的に取り組んでいますが、その間に次のいずれかの機能を利用する必要がある場合は、Web ではなくデスクトップ クライアントからホストまたは参加することができます。

  1. 共有サーバー
  2. 共有バージョン コントロール ステート
  3. 複数ルートのワークスペース
  4. .vsls.json ベースのフィルター処理