Amazon RedShift 統合

Amazon RedShift 統合について

Viva ゴールと Amazon Redshift の統合により、Viva ゴールの OKR を Amazon Redshift のデータセットにリンクして、目標に対する自動リアルタイム更新を提供できます。

ユーザーの導入率を 60% 向上させる目標があるとします。 この目的は、Amazon Redshift の関連データとリンクできます。 次に、データセットに変更があり、レポートの更新が行われるたびに、データが Viva ゴールと自動的に同期され、OKR 状態が更新されます。

すべてのユーザーと管理者は、この統合を使用できます。 管理者は、管理者ダッシュボードから統合を管理します。

Amazon RedShift 統合を設定する方法

  1. Amazon Redshift を Viva ゴール アカウントに接続します。

  2. Amazon Redshift 統合を設定する最初の手順は、アカウントを Viva ゴールに接続することです。 サイドバーで [管理] を選択し、[統合] を選択します。

    Viva ゴールの [統合] ページ。

  3. [統合] セクションで、Amazon Redshift に移動し、[ 管理] を選択します。

    Viva ゴールの Amazon RedShift Server の [管理] ウィンドウのスクリーンショット。

  4. [ 新しい接続] を選択します。 開いたダイアログ ボックスで、接続の名前、Amazon Redshift ホスト名、接続するポート、ユーザー、パスワード、データベースを入力して接続を認証します。

    Viva の目標で新しい Amazon RedShift 接続を構成するダイアログのスクリーンショット。

  5. [ 次へ ] を選択して接続のセットアップを完了します。

既存の接続を編集する方法

Amazon Redshift 統合のビューから既存の接続の名前と共有状態を編集するには、管理者が Amazon Redshift 接続の横にある [編集] アイコンを選択します。 開いたダイアログ ボックスで、接続の名前やその他のフィールドを編集し、[ すべてのユーザーと接続を共有 する] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

Amazon RedShift 統合を使用する方法

統合が設定されたら、新しい OKR または既存の OKR を Amazon Redshift データセットに接続することで、OKR の進行状況を測定できます。

  1. 使用可能な統合の一覧から [ Amazon Redshift ] を選択します。 複数の接続が一覧表示されている場合は、使用する接続を選択します。

    Viva ゴールのデータ ソースの一覧から [Amazon RedShift] を選択するダイアログ ボックスのスクリーンショット。

  2. 次に、クエリを追加して応答を検証します。

    Viva 目標の OKR に新しい Amazon RedShift 接続を追加するダイアログ ボックスのスクリーンショット。

  3. 次へ を選択して OKR を保存し、終了します。 OKR の進行状況インジケーターの横に Amazon Redshift アイコンが表示されます。 つまり、Viva ゴールはレポート内のデータ更新に基づいて進行状況を自動的に測定します。

注:

Viva ゴールは、Amazon Redshift のデータを 1 時間間隔で同期します。

Amazon RedShift 統合を無効にする方法

管理者は Amazon Redshift 統合を無効にすることができます。

  1. [統合] セクションの [Amazon Redshift] に移動します。 [ Amazon Redshift] を選択し、[管理] を選択 します

  2. [構成] ページで、[ 変更 ] ドロップダウンを選択し、[ 無効] を選択し、確認します。

    Viva ゴールで Amazon RedShift を無効にするダイアログ ボックスのスクリーンショット。