OKR の作成アクセス許可を構成する

組織のアクセス許可を作成する

[ 作成] アクセス許可 を設定すると、OKR とプロジェクトを作成するためのアクセス権を組織レベルとチーム レベルで提供できます。 

  1. 組織内のすべてのユーザー: これは、進化する OKR ニーズを持つ小規模な組織に適したオプションです。
  2. 組織の管理者と組織の所有者: 既定の設定。 OKR の作成アクセス許可を組織の管理者と所有者のみに制限することは、構造化された OKR 計画 & 作成ワークフローを維持できるため、安全なオプションです。
  3. 特定のユーザー (組織管理者 & の組織の所有者と共に): このオプションは、構造化された OKR 計画 & 作成ワークフローを作成し、特定のユーザーに割り当てて所有権を取得する場合に便利です。 

注:

組織/チーム管理者と組織/チーム所有者は、オプションに関係なく OKR を作成できます。

組織の作成アクセス許可を確立する

  1. 組織の OKR ページに移動します。
  2. ページの上部にある [ 設定] タブを選択します。 
  3. [ 組織の OKR またはプロジェクトを作成できるユーザー] で、適切なオプションを選択し、[保存] を選択 します。 

組織の作成アクセス許可を管理する方法

特定のユーザーを追加して作成アクセス許可を付与する場合は、いつでもアクセス許可を表示および取り消すことができます。 この手順は次のとおりです。

  1. 組織の [設定] タブに移動します。
  2. [組織の OKR またはプロジェクトを作成できるユーザー] で [アクセスの管理] を選択します。作成アクセス許可を持つすべてのユーザーを表示できます。 
  3. アクセス権を取り消すユーザーの名前に対して、[削除] ボタン [X ] を選択します。
  4. [保存] を選択します。 

注:

組織の管理者と組織の所有者のアクセス権を取り消すことはできません。 

Teams のアクセス許可を作成する

チーム レベルで [作成] アクセス許可 を設定して、チームの OKR とプロジェクトを作成できるユーザーを制御できます。 

組織レベルの設定と同様に、次の 3 つのオプションから選択できます。

  1. 組織内のすべてのユーザー: 組織が小規模で、部門間で機能し、すべてのユーザーが組織内のすべてのチームに貢献する場合は、このオプションを選択します。
  2. 組織の管理者と組織の所有者: 既定の設定。 OKR 作成のアクセス許可をチーム管理者と所有者のみに制限することは、構造化された OKR 計画 & 作成ワークフローを維持できるため、安全なオプションです
  3. 特定のユーザー (組織管理者 & の組織の所有者と共に): このオプションは、構造化された OKR の計画と作成ワークフローを維持し、特定のユーザーにプロセスを所有する責任を割り当てるのに役立ちます。

注:

組織/チーム管理者と組織/チーム所有者は、オプションに関係なく OKR を作成できます。   

チームの作成アクセス許可を確立する

  1. 作成アクセス許可を設定する特定のチームに移動します。 
  2. [ チーム 設定] タブを選択します。
  3. [ このチームの OKR またはプロジェクトを作成できるユーザー] で、適切なオプションを選択します。 
  4. [ 保存 ] ボタンを選択して設定を保存します。 

注:

サブチームは、親チームの [アクセス許可の作成] 設定に自動的に従います。 ただし、この設定はいつでもサブチーム マネージャーによって変更できます。 

チームの作成アクセス許可を管理する方法

特定のユーザーのアクセス許可を作成したら、いつでもアクセス許可を表示および取り消すことができます。 この手順は次のとおりです。

  1. チームの [ チーム 設定] タブに移動します。
  2. [このチームの OKR またはプロジェクトを作成できるユーザー] で [アクセスの管理] を選択します。作成アクセス許可を持つすべてのユーザーを表示できます。 
  3. アクセス権を取り消すユーザーの名前に対して [削除] ボタン X を選択し、設定を保存します。 

注:

組織/チーム管理者と組織/チーム所有者のアクセス権を取り消すことはできません。 

よく寄せられる質問

  • チームの [作成] アクセス許可 を設定できるユーザー 

    • 組織の所有者または組織の管理者である場合は、組織ページの [設定] タブで、組織の作成アクセス許可設定にアクセスできます
  • [組織内の任意のユーザー] を選択すると、ユーザー のアクセス権を管理できますか?

    • いいえ。特定の ユーザー (チーム管理者 & チームの所有者と共に) オプションを選択した場合にのみ、ユーザーのアクセス権を管理できます。