Microsoft Viva ラーニングのコンテンツ ソースとして Udemy を構成する

この記事では、Microsoft Viva ラーニングのサード パーティのラーニング コンテンツ ソースとして Udemy を構成する方法について説明します。 組織のコンテンツ ソースとして Udemy を追加するには、Microsoft Viva SuiteまたはViva ラーニングライセンスが必要です。

注:

Viva ラーニングを通じてアクセスできるコンテンツには、Microsoft製品使用条件以外の条件が適用されます。 Udemy コンテンツおよび関連するサービスは、Udemy のプライバシーおよびサービス条件の対象となります。

Udemy ポータルで構成する

注:

これらの手順を完了するには、Udemy に管理者権限が必要です。

Udemy Business 環境で API を有効にし、LMS/LXP アプリケーションがアクセスするためのクライアント資格情報を生成するには、次の手順に従います。

  1. [ 管理]、[ 設定]、[ API] の順に移動します。 API の状態を確認します。 無効になっている場合は、サポートに連絡して有効にするか、次の手順に従って有効にすることができます。

    API 設定ページの画像。

  2. API が無効になっている場合は、[ LMS/LXP 統合]、[ セットアップの開始]、[ その他] の順に移動します。

    LMS/LXP 統合設定ページの画像。

  3. 次の画面で、カスタム LMS/LXP またはサード パーティ製アプリケーションの名前を入力します。 次に、自動登録オプションをオンまたはオフにして、[ 保存] を選択します。 自動登録オプションを使用すると、LMS/LXP を介してコースを起動するユーザーは、Udemy に自動的に登録できます。

    自動登録のオン/オフ切り替えの画像。

  4. 保存すると、クライアント ID とクライアント シークレットが生成され、画面からコピーできます。 提供されたクライアント資格情報を使用して API にアクセスできるようになりました。

    生成されたクライアント ID とクライアント シークレットの画像。

  5. API エンドポイントにアクセスするには、ACCOUNT_IDとエンドポイント URL が必要です。 この情報にアクセスし、[管理]、[設定]、[API] の順に移動して、API を試すこともできます。 API を有効にすると、API の状態が "有効" と表示されます。 [API ドキュメント] リンクを選択します。

    API が有効と表示されている API 設定の画像。

  6. 概要ページから API エンドポイント URL とACCOUNT_IDを取得します。 サポートされているメソッドに移動して、API 呼び出しを試します。 これで、Udemy Business API を呼び出す設定になりました。

    エンドポイント URL とクライアント ID を表示する概要ページの画像。URL とクライアント ID を入力できる [自分で試す] ページの画像。

Microsoft 365 管理センターで構成する

注:

これらの手順を完了するには、Microsoft 365 で管理者権限が必要です。

前の手順を使用して Udemy ポータルから必要な構成の詳細を受け取った後、テナント管理者は、次の手順を使用して、Microsoft 365 管理センターのラーニング ソースとして Udemy を構成する必要があります。

  1. Microsoft 365 管理センターに移動します。

  2. [ 設定]、[ 組織の設定] の順に移動します。 Viva ラーニングを検索し、オプションから Udemy を有効にします。

  3. 次の必要な構成の詳細を入力します。

    • クライアントのホスト URL: これは、手順 6 で Udemy ポータルから収集された API エンドポイント URL です。 API エンドポイント URL が "https://prodtest.udemy.com/api-2.0/"" の場合、クライアントのホスト URL は "prodtest.udemy.com" になります。
    • 組織 ID: これは、手順 6 で Udemy ポータルから収集されたACCOUNT_IDです。
    • クライアント ID: これは、手順 4 で Udemy ポータルから収集されたクライアント ID です。
    • クライアント シークレット: これは、手順 4 で Udemy ポータルから収集されたクライアント シークレットです。
  4. [保存] を選択して、Microsoft Viva ラーニングで Udemy コンテンツをアクティブ化します。 コンテンツがViva ラーニングで利用できるようになるには、最大で 24 時間かかる場合があります。