Share via


DoNotCleanUpNonPresentDevices

DoNotCleanUpNonPresentDevices の設定では、次の specialize 時に対象のコンピューターで検出されないデバイスのプラグ アンド プレイ情報をコンピューターに保持するかどうかを指定します。

この設定は、物理的なオンとオフの切り替えを備えたデバイスに便利です。 物理的なオンとオフの切り替えがオフの場合、デバイスの情報は generalize または specialize 構成パスの間に削除される可能性があります。 ただし、PersistAllDeviceInstallsDoNotCleanUpNonPresentDevices の両方が true に設定されていると、デバイスの情報がコンピューターに残ります。

次の一覧では、プラグ アンド プレイ情報がコンピューターに残っているか、削除されたか、削除された後に再初期化されたかを判定するために Windows セットアップで使用されるプロセスについて説明します。

  • PersistAllDeviceInstallstrue に設定されている場合、generalize 構成パスでは、プラグ アンド プレイ デバイス情報がコンピューターに残ります。

    次の specialize 構成パスでは:

    • 検出されたプラグ アンド プレイ デバイスが再インストールされます。

    • 検出されないプラグ アンド プレイ デバイスでは:

      • DoNotCleanUpNonPresentDevicestrue に設定されている場合、デバイス情報はコンピューターに残ります。

      • DoNotCleanUpNonPresentDevicesfalse に設定されている場合、デバイス情報はコンピューターから削除されます。

  • PersistAllDeviceInstallsfalse に設定されている場合、generalize 構成パスでは、プラグ アンド プレイ デバイス情報がコンピューターから削除されます。

    次の specialize 構成パスでは:

    • 検出されたプラグ アンド プレイ デバイスが再インストールされます。

    • 検出されないプラグ アンド プレイ デバイスはアンインストールされたままになります。 この DoNotCleanUpNonPresentDevices の設定は影響しません。

警告DoNotCleanUpNonPresentDevices の設定を使用すると、余分なデバイス状態が不必要に保存され、起動時間が遅くなる可能性があります。 Windows イメージのキャプチャ時のドライバー構成の管理の詳細については、こちらの Microsoft Web サイトを参照してください。

True

次の specialize 構成パスで次を指定します。

検出されないプラグ アンド プレイ デバイスはインストールされたままになります。

false

次の specialize 構成パスで次を指定します。

検出されないプラグ アンド プレイ デバイスはコンピューターから削除されます。

これが既定値です。

有効な構成パス

generalize

この設定は、generalize 構成パスで指定されますが、次の specialize 構成パスの動作を制御します。

[親階層]

Microsoft-Windows-PnpSysprep | DoNotCleanUpNonPresentDevices

適用対象

このコンポーネントがサポートしている Windows のエディションとアーキテクチャの一覧については、「Microsoft-Windows-PnpSysprep」を参照してください。

XML の例

次の XML 出力では、対象のコンピューターにないデバイスのドライバーが generalize 構成パスと次の specialize 構成パスの間はインストールされたままになるように指定します。

<PersistAllDeviceInstalls>true</PersistAllDeviceInstalls>
<DoNotCleanUpNonPresentDevices>true</DoNotCleanUpNonPresentDevices>

PersistAllDeviceInstalls

Microsoft-Windows-PnpSysprep

Windows イメージのキャプチャ時のドライバー構成の保持