Windows Hello およびコンパニオン デバイス フレームワーク

Windows Hello をコンパニオン デバイス フレームワークと組み合わせて使用することで、ユーザー認証のエクスペリエンスが強化されます。 Windows Hello コンパニオン デバイス フレームワークを使用すると、コンパニオン デバイスは、生体認証を利用できない場合 (たとえば、Windows 10 のデスクトップに顔認証のカメラまたは指紋リーダーのデバイスがない場合など) でも、Windows Hello のための優れたエクスペリエンスを提供できます。

Note

Windows Hello コンパニオン デバイス フレームワーク用の API は、Windows 10 バージョン 2004 以降では非推奨とされています。