仮想オーディオ デバイス

仮想オーディオデバイスは、オーディオコンテンツを表示およびキャプチャするフィルターグラフを表します。 システムオーディオドライバー (SysAudio) は、使用可能なハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントを使用して、作成するフィルターグラフを決定します。

システムオーディオドライバーの詳細については、「 Sysaudio システムドライバー」を参照してください。

sysaudio のクライアントには、DirectSound およびWDMAud システムドライバーが含まれています。これは、WDM オーディオドライバーと、オーディオ固有の Microsoft Windows マルチメディア api waveIn、waveOut、midiin、midiin、mixer、aux (Microsoft Windows SDK ドキュメントで説明) の間のインターフェイスとして機能します。

Windows Driver Kit (WDK) のksk studio ユーティリティは、sysaudio をバイパスし、ユーザーがフィルターグラフを手動で作成できるようにするアプリケーションの例です。

PnP デバイスの列挙後、SysAudio は、登録されているオーディオハードウェアおよびソフトウェアコンポーネントの在庫を取得して、クライアントが必要とするさまざまなオーディオフィルターグラフの作成方法を決定します。

使用可能なハードウェアとソフトウェアコンポーネントから作成できるフィルターグラフの一覧を決定した後、SysAudio はこれらのグラフを仮想オーディオデバイスとして登録して、再生、録音、MIDI 入力/出力、およびミキシングを行います。 SysAudio は、その仮想オーディオデバイス専用の KSCATEGORY_AUDIO_DEVICE レジストリカテゴリを予約します。 アダプタードライバーをこのカテゴリに登録することはできません。

SysAudio クライアントは、仮想オーディオデバイスのフィルターファクトリを、ハードウェアまたはソフトウェアコンポーネントのフィルターファクトリと同様に扱うことができます。 仮想デバイスで特定の pin をインスタンス化するようにクライアントから要求されると、SysAudio によってグラフが自動的に作成され、グラフの内部ピン接続がクライアントに対して透過的に管理されます。 これにより、クライアントはフィルターグラフを1つのフィルターとして扱うことができるため、フィルター間通信などの複雑なグラフ管理を回避できます。