PFND3D11DDI_CREATESHADERRESOURCEVIEW コールバック関数 (d3d10umddi.h)

CreateShaderResourceView(D3D11) 関数は、シェーダー リソース ビューを作成します。

構文

PFND3D11DDI_CREATESHADERRESOURCEVIEW Pfnd3d11ddiCreateshaderresourceview;

void Pfnd3d11ddiCreateshaderresourceview(
  D3D10DDI_HDEVICE unnamedParam1,
  const D3D11DDIARG_CREATESHADERRESOURCEVIEW *unnamedParam2,
  D3D10DDI_HSHADERRESOURCEVIEW unnamedParam3,
  D3D10DDI_HRTSHADERRESOURCEVIEW unnamedParam4
)
{...}

パラメーター

unnamedParam1

hDevice [in]

ディスプレイ デバイス (グラフィックス コンテキスト) へのハンドル。

unnamedParam2

pCreateShaderResourceView [in]

ユーザー モード ディスプレイ ドライバーがシェーダー リソース ビューの作成に使用するパラメーターを記述する D3D11DDIARG_CREATESHADERRESOURCEVIEW 構造体へのポインター。

unnamedParam3

hShaderResourceView [in]

ハル シェーダーのドライバーのプライベート データへのハンドル。

unnamedParam4

hRTShaderResourceView [in]

ドライバーが Direct3D ランタイムに呼び出すときに使用するシェーダー リソース ビューへのハンドル。

戻り値

なし

解説

ドライバーは、 pfnSetErrorCb コールバック関数を使用してエラー コードを設定できます。

ドライバーがメモリ不足になる可能性があります。 そのため、ドライバーは pfnSetErrorCb 関数の呼び出しでE_OUTOFMEMORYまたはD3DDDIERR_DEVICEREMOVEDを渡すことができます。 Direct3D ランタイムは、他のエラーが重大であると判断します。 ドライバーがエラー (D3DDDIERR_DEVICEREMOVEDを含む) を渡すと、Direct3D ランタイムはハンドルが無効であると判断します。したがって、ランタイムは、hShaderResourceView パラメーターが指定するハンドルを破棄するために DestroyShaderResourceView 関数を呼び出しません。

要件

   
サポートされている最小のクライアント CreateShaderResourceView(D3D11) は、Windows 7 オペレーティング システム以降でサポートされています。
対象プラットフォーム デスクトップ
Header d3d10umddi.h (D3d10umddi.h を含む)

こちらもご覧ください

CalcPrivateShaderResourceViewSize(D3D11)

D3D11DDIARG_CREATESHADERRESOURCEVIEW

D3D11DDI_DEVICEFUNCS

DestroyShaderResourceView

pfnSetErrorCb