PFND3D11DDI_STATE_DS_CONSTBUF_CB コールバック関数 (d3d10umddi.h)

pfnStateDsConstBufCb 関数により、Microsoft Direct3D 11 ランタイムはドメイン シェーダーの定数バッファー状態を更新します。

構文

PFND3D11DDI_STATE_DS_CONSTBUF_CB Pfnd3d11ddiStateDsConstbufCb;

void Pfnd3d11ddiStateDsConstbufCb(
  D3D10DDI_HRTCORELAYER unnamedParam1,
  UINT unnamedParam2,
  UINT unnamedParam3
)
{...}

パラメーター

unnamedParam1

hRuntimeDevice [in]

コア Direct3D ランタイムのコンテキストへのハンドル。 このハンドルは、ドライバーの CreateDevice(D3D10) 関数の呼び出しでドライバーに提供されます。

unnamedParam2

Base [in]

ランタイムが状態を更新する必要がある開始定数バッファー。

unnamedParam3

Count [in]

定数バッファーの合計数。 値は -1 にできます。これは、Direct3D ランタイムがその高基準値を使用して最適な値を置き換える (通常は Count の最大有効値より小さい) ことを指定します。 ただし、最適な Count 値より大きいスロットには NULL 以外のバインドは存在しません。

戻り値

なし

必要条件

   
サポートされている最小のクライアント pfnStateDsConstBufCb は、Windows 7 オペレーティング システム以降でサポートされています。
対象プラットフォーム デスクトップ
Header d3d10umddi.h (D3d10umddi.h を含む)

関連項目

CreateDevice(D3D10)

D3D11DDI_CORELAYER_DEVICECALLBACKS