IDebugHostType2 インターフェイス (dbgmodel.h)

特定の型への (IDebugHostSymbol 派生) インターフェイス。

特定の言語/ネイティブ型は、IDebugHostType2 または IDebugHostType インターフェイスによって記述されます。 これらのインターフェイスの一部のメソッドは、特定の種類の型にのみ適用されることに注意してください。

このバージョン 2 のインターフェイスでは、同じシグネチャを持つ前のすべてのメソッドがサポートされ、追加の機能を提供する追加の新しいメソッドが含まれています。 新しいメソッドは、そのインターフェイスのセクションの最後にあるヘッダーに一覧表示されます。

継承

IDebugHostType からの IDebugHostType2 interits。

メソッド

IDebugHostType2 インターフェイスには、これらのメソッドがあります。

 
IDebugHostType2::AddRef

IDebugHostType2::AddRef メソッドは、オブジェクト上のインターフェイスの参照カウントをインクリメントします。
IDebugHostType2::CreateArrayOf

IDebugHostType2::CreateArrayOf メソッドは、型で呼び出されると、指定された配列ディメンションを持つ型の配列である新しい IDebugHostType を取得します。
IDebugHostType2::CreatePointerTo

IDebugHostType2::CreatePointerTo メソッドは、型で呼び出されると、その型へのポインターである新しい IDebugHostType を取得します。
IDebugHostType2::EnumerateChildren

IDebugHostType2::EnumerateChildren メソッドは、指定されたシンボルのすべての子を列挙できる列挙子を取得します。
IDebugHostType2::GetArrayDimensionality

IDebugHostType2::GetArrayDimensionality メソッドは、配列の型で呼び出されると、配列の次元を取得します。
IDebugHostType2::GetArrayDimensions

IDebugHostType2::GetArrayDimensions メソッドは、配列の型で呼び出されると、配列の各次元に対して 1 つの記述子のセットを取得します。
IDebugHostType2::GetBaseType

IDebugHostType2::GetBaseType メソッドは、型で呼び出されると、基本型を取得します。 基本型は、配列のポインター型または要素型のターゲット型です。
IDebugHostType2::GetBitField

ビットマップの型で呼び出されると、IDebugHostType2::GetBitField メソッドは、ビットマップ構造に関する情報を取得します。
IDebugHostType2::GetContainingModule

IDebugHostType2::GetContainingModule メソッドは、シンボルで呼び出されると、シンボルに含まれるモジュールがある場合は、シンボルを含むモジュールを取得します。
IDebugHostType2::GetContext

シンボルで呼び出されると、IDebugHostType2::GetContext メソッドは、シンボルが配置されているホスト コンテキストを取得します。
IDebugHostType2::GetFunctionCallingConvention

GetFunctionCallingConvention メソッドは、関数の呼び出し規約を返します。
IDebugHostType2::GetFunctionInstancePointerType

関数に渡されるインスタンス ("this") ポインターの型を示します。
IDebugHostType2::GetFunctionParameterTypeAt

IDebugHostType2::GetFunctionParameterTypeAt メソッドは、関数の型で呼び出されると、関数の引数リスト内の特定のインデックスにあるパラメーター型を取得します。
IDebugHostType2::GetFunctionParameterTypeCount

IDebugHostType2::GetFunctionParameterTypeCount メソッドは、関数の型で呼び出されると、関数が受け取る引数の数を取得します。
IDebugHostType2::GetFunctionReturnType

IDebugHostType2::GetFunctionReturnType メソッドは、関数の型で呼び出されると、関数の戻り値の型を取得します。
IDebugHostType2::GetFunctionVarArgsKind

GetFunctionVarArgsKind メソッドは、特定の関数が変数引数リストを使用しているかどうかを返します。その場合は、使用する変数引数のスタイルを指定します。
IDebugHostType2::GetGenericArgumentAt

IDebugHostType2::GetGenericArgumentAt メソッドは、関数の型で呼び出されると、関数の引数リスト内の特定のインデックスでジェネリック引数を取得します。
IDebugHostType2::GetGenericArgumentCount

IDebugHostType2::GetGenericArgumentCount メソッドは、型で呼び出されると、その型に対するジェネリック引数の数を取得します。
IDebugHostType2::GetHashCode

IDebugHostType2::GetHashCode メソッドは、型で呼び出されると、その型の 32 ビット ハッシュ コードを取得します。
IDebugHostType2::GetIntrinsicType

IDebugHostType2::GetIntrinsicType メソッドは、型で呼び出されると、型が組み込み関数の種類に関する情報を取得します。
IDebugHostType2::GetMemberType

IDebugHostType2::GetMemberType メソッドは、モジュール メンバーへのポインターの型で呼び出されると、モジュール メンバーのクラスを取得します。
IDebugHostType2::GetName

IDebugHostType2::GetName メソッドは、シンボルで呼び出されると、シンボルの名前が付いている場合は、その名前を取得します。
IDebugHostType2::GetPointerKind

ポインターの型で呼び出されると、IDebugHostType2::GetPointerKind メソッドは、PointerKind 列挙型で指定されたポインターの種類を取得します。
IDebugHostType2::GetSize

IDebugHostType2::GetSize メソッドは、型で呼び出されると、型のサイズを取得します。 このメソッドは、C++ の sizeof(type) と同等です。
IDebugHostType2::GetSymbolKind

IDebugHostType2::GetSymbolKind メソッドは、シンボルで呼び出されると、フィールド、基底クラス、型などのシンボルの種類を取得します。
IDebugHostType2::GetType

シンボルで呼び出されると、IDebugHostType2::GetType メソッドは、int *などのシンボルの型を取得します。
IDebugHostType2::GetTypedefBaseType

GetTypedefBaseType メソッドは、typedef の即時定義を返します。
IDebugHostType2::GetTypedefFinalBaseType

GetTypedefFinalBaseType メソッドは、typedef が定義である最終的な型を返します。
IDebugHostType2::GetTypeKind

IDebugHostType2::GetTypeKind メソッドは、型で呼び出されると、TypeKind 列挙型で指定された型の種類を取得します。
IDebugHostType2::IsGeneric

IDebugHostType2::IsGeneric メソッドは、型で呼び出されると、型がジェネリックかテンプレートかを取得します。
IDebugHostType2::IsTypedef

IsTypedef メソッドは、型が typedef であるかどうかを確認できる唯一のメソッドです。
IDebugHostType2::QueryInterface

IDebugHostType2::QueryInterface メソッドは、オブジェクトでサポートされているインターフェイスへのポインターを取得します。
IDebugHostType2::Release

IDebugHostType2::Release メソッドは、オブジェクト上のインターフェイスの参照カウントをデクリメントします。

要件

   
Header dbgmodel.h

こちらもご覧ください

Debugger Data Model C++ の概要