ExtRemoteData::Set(constDEBUG_TYPED_DATA*) メソッド (engextcpp.hpp)

Set メソッドは、ExtRemoteData オブジェクトによって表されるターゲットのメモリの領域を設定します。

構文

void Set(
  [in] const DEBUG_TYPED_DATA *Typed
);

パラメーター

[in] Typed

DEBUG_TYPED_DATA構造体を使用してメモリの領域を指定します。

戻り値

なし

解説

Set メソッドは、指定したメモリ領域の内容を読み取り、データをキャッシュします。 データは、 ExtRemoteData::GetData または ExtRemoteTyped::GetXxx メソッドのいずれかを使用して取得できます。

要件

   
対象プラットフォーム デスクトップ
ヘッダー engextcpp.hpp (Engextcpp.hpp を含む)

関連項目

ExtRemoteData

ExtRemoteData::ExtRemoteData

ExtRemoteData::GetData

ExtRemoteData::Set (オフセット、バイト)