DeviceDsmValidateOutputLength 関数 (ntddstor.h)

DeviceDsmValidateOutputLength 関数は、出力バッファーの長さを検証します。

構文

BOOLEAN DeviceDsmValidateOutputLength(
  PDEVICE_DSM_DEFINITION Definition,
  ULONG                  OutputLength
);

パラメーター

Definition

操作を定義する DEVICE_DSM_DEFINITION 構造体へのポインター。

OutputLength

出力バッファーの長さ (バイト単位)。

戻り値

DeviceDsmValidateOutputLength は、出力バッファーの長さが有効な場合に TRUE を 返します。それ以外の場合は FALSE 返します。

注釈

出力バッファーには 、DEVICE_DSM_OUTPUT 構造体と、その直後に続く出力ブロック (存在する場合) が含まれます。

DSM の処理の詳細については、 データ・セット管理の概要 を参照してください。

要件

   
Header ntddstor.h

こちらもご覧ください

データ セット管理の概要

DEVICE_DSM_DEFINITION

DEVICE_DSM_OUTPUT