KeResetEvent 関数 (wdm.h)

KeResetEvent ルーチンは、指定されたイベント オブジェクトをシグナル状態にリセットし、そのイベント オブジェクトの以前の状態を返します。

構文

LONG KeResetEvent(
  [in, out] PRKEVENT Event
);

パラメーター

[in, out] Event

呼び出し元がストレージを提供する型イベントの初期化されたディスパッチャー オブジェクトへのポインター。

戻り値

KeResetEvent は、指定した イベントの以前の状態を示す値を返します。シグナル状態の場合は 0 以外です。

注釈

イベント は通知されない状態にリセットされます。つまり、その値は 0 に設定されます。

呼び出し元が KeResetEvent によって返される値を必要とする場合を除き、 KeClearEvent ルーチンを使用すると、イベント オブジェクトをシグナル状態に設定する方が高速です。

イベント オブジェクトの詳細については、「 イベント オブジェクト」を参照してください。

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows 2000 以降で使用できます。
対象プラットフォーム ユニバーサル
Header wdm.h (Wdm.h、Ntddk.h、Ntifs.h を含む)
Library NtosKrnl.lib
[DLL] NtosKrnl.exe
IRQL <=DISPATCH_LEVEL
DDI コンプライアンス規則 HwStorPortProhibitedDDIs(storport), IrqlKeDispatchLte(wdm)

関連項目

KeClearEvent

KeInitializeEvent

KeReadStateEvent

KeSetEvent

KeWaitForMultipleObjects

KeWaitForSingleObject