DOT11_DATA_RATE_MAPPING_ENTRY構造 (windot11.h)

大事なネイティブ 802.11 ワイヤレス LAN インターフェイスは、Windows 10 以降では非推奨とされます。 代わりに WLAN デバイス ドライバー インターフェイス (WDI) を使用してください。 WDI の詳細については、「 WLAN ユニバーサル Windows ドライバー モデル」を参照してください。
 
DOT11_DATA_RATE_MAPPING_ENTRY構造体は、802.11 ステーションの PHY でサポートされる送信および受信操作のデータ レートを定義します。

構文

typedef struct DOT11_DATA_RATE_MAPPING_ENTRY {
  UCHAR  ucDataRateIndex;
  UCHAR  ucDataRateFlag;
  USHORT usDataRateValue;
} DOT11_DATA_RATE_MAPPING_ENTRY, *PDOT11_DATA_RATE_MAPPING_ENTRY;

メンバー

ucDataRateIndex

usDataRateValue メンバーに含まれるデータ レートのインデックス値。 ucDataRateIndex メンバーの値は、DataRateMappingEntries 配列のエントリごとに一意である必要があります。

この値は、次の表で定義されているビットマスクです。

Bits 説明
0 ~ 6 2 ~ 127 の値を含むデータ レート インデックス。
7 このビットは使用されず、0 に設定する必要があります。

ucDataRateFlag

データ レート エントリの属性。

この値は、次の表で定義されているビットマスクです。

Bits 名前 説明
0 DOT11_DATA_RATE_NON_STANDARD 設定されている場合、エントリは IEEE 802.11 標準で定義されている標準データ レートではありません。
1-7 これらのビットは使用されず、0 に設定する必要があります。

usDataRateValue

500 キロビット/秒 (Kbps) 単位で定義され、0x0002から0xFFFFまでの値を持つデータ レート。

注釈

IEEE 802.11 標準データレートの場合、ミニポート ドライバーは ucDataRateIndex メンバーと usDataRateValue メンバーを同じ値に設定する必要があります。

次の表は、IEEE 802.11 標準データ レートをメガビット/秒 (Mbps) 単位で示し、ucDataRateIndex メンバーと usDataRateValue メンバーの関連値を示しています。

IEEE 802.11 標準レート ucDataRateIndex usDataRateValue
1 Mbps 0x02 0x02
2 Mbps 0x04 0x04
3 Mbps 0x06 0x06
4.5 Mbps 0x09 0x09
5.5 Mbps 0x0B 0x0B
6 Mbps 0x0C 0x0C
9 Mbps 0x12 0x12
11 Mbps 0x16 0x16
12 Mbps 0x18 0x18
18 Mbps 0x24 0x24
22 Mbps 0x2C 0x2C
24 Mbps 0x30 0x30
27 Mbps 0x36 0x36
33 Mbps 0x42 0x42
36 Mbps 0x48 0x48
48 Mbps 0x60 0x60
54 Mbps 0x6C 0x6C

要件

   
サポートされている最小のクライアント Windows Vista 以降のバージョンの Windows オペレーティング システムで使用できます。
Header windot11.h (Ndis.h を含む)

こちらもご覧ください

DOT11_PHY_ATTRIBUTES

OID_DOT11_DATA_RATE_MAPPING_TABLE