IWDFUsbTargetDevice::RetrieveUsbInterface メソッド (wudfusb.h)

[警告: UMDF 2 は UMDF の最新バージョンであり、UMDF 1 に置き換えられます。 すべての新しい UMDF ドライバーは、UMDF 2 を使用して記述する必要があります。 UMDF 1 に新機能は追加されておらず、新しいバージョンのWindows 10での UMDF 1 のサポートは限られています。 ユニバーサル Windows ドライバーでは、UMDF 2 を使用する必要があります。 詳細については、「UMDF のはじめに」を参照してください。

RetrieveUsbInterface メソッドは、USB デバイスの指定された USB インターフェイスを取得します。

構文

HRESULT RetrieveUsbInterface(
  [in]  UCHAR            InterfaceIndex,
  [out] IWDFUsbInterface **ppUsbInterface
);

パラメーター

[in] InterfaceIndex

取得するインターフェイスのインデックス。

[out] ppUsbInterface

USB デバイスの指定した IWDFUsbInterface インターフェイスへのポインターを受け取る変数へのポインター。

戻り値

RetrieveUsbInterface は、次のいずれかの値を返します。

リターン コード 説明
S_ok

RetrieveUsbInterface は、USB デバイスの指定された USB インターフェイスを正常に取得しました。

E_OUTOFMEMORY

RetrieveUsbInterface で割り当てエラーが発生しました。

Winerror.h で定義されているエラー コード
この値は、WinUsb API から返されたエラー コードに対応します。

注釈

ドライバーは 、IWDFUsbTargetDevice::GetNumInterfaces メソッドを呼び出して、使用可能な USB インターフェイスの合計数を取得できます。

ドライバーは、 GetUsbInterface が取得するインターフェイス ポインターを使用して、 IWDFUsbInterface インターフェイスが提供するメソッドを呼び出すことができます。 これらの方法の使用方法の詳細については、「 UMDF での USB インターフェイスの操作」を参照してください。

使用例

RetrieveUsbInterface メソッドを使用する方法のコード例については、「IWDFUsbTargetFactory::CreateUsbTargetDevice」を参照してください。

要件

   
サポート終了 UMDF 2.0 以降では使用できません。
対象プラットフォーム デスクトップ
最小 UMDF バージョン 1.5
Header wudfusb.h (Wudfusb.h を含む)
[DLL] WUDFx.dll

こちらもご覧ください

IWDFUsbInterface

IWDFUsbTargetDevice

IWDFUsbTargetDevice::GetNumInterfaces

USBD_INTERFACE_INFORMATION