次の方法で共有


Windows Driver Kit (WDK) のダウンロード

WDK は、Windows 用ドライバーの開発、テスト、展開に使用されます。 最新のパブリック リリースは WDK 10.0.22621 です。

  • この WDK は、Windows 7 以降にインストールして実行できます。
  • このキットを使用して、Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のクライアントおよびサーバーのバージョン用のドライバーをビルドできます。

Windows 8.1、Windows 8、Windows 7 がターゲットである場合は、前の WDK と前のバージョンの Visual Studio を同じマシンまたは別のマシンにインストールしてください。 以前のキットへのリンクについては、「その他の WDK ダウンロード」をご覧ください。

Windows Insider Program に参加して WDK Insider Preview ビルドを入手してください。 Windows Insider Preview ビルドのインストール手順については、「プレビュー バージョンの Windows Driver Kit (WDK) のインストール」をご覧ください。

download icon for Visual Studio手順 1: Visual Studio 2022 のインストール

WDK には Visual Studio が必要です。 Visual Studio のシステム要件について詳しくは、Visual Studio 2022 のシステム要件に関する記事をご覧ください。

このリリースのドライバー開発は、Visual Studio 2022 の次のエディションでサポートされています。

Visual Studio 2022 をインストールするときに、[C++ によるデスクトップ開発]を選択し、[個別のコンポーネント] で以下を追加します。

  • MSVC v143 - VS 2022 C++ ARM64/ARM64EC Spectre 軽減ライブラリ (最新)
  • MSVC v143 - VS 2022 C++ x64/x86 Spectre 軽減ライブラリ (最新)
  • 最新 v143 ビルド ツール用 C++ ATL と Spectre 軽減策 (ARM64/ARM64EC)
  • 最新 v143 ビルド ツール用 C++ ATL と Spectre 軽減策 (x86 & x64)
  • 最新 v143 ビルド ツール用 C++ MFC と Spectre 軽減策 (ARM64/ARM64EC)
  • 最新 v143 ビルド ツール用 C++ MFC と Spectre 軽減策 (x86 & x64)

ヒント: 検索ボックスで「64 latest spectre」(英語でインストールする場合) または「64 latest」(英語以外でインストールする場合) を検索すると、これらのコンポーネントをすばやく表示できます。

Image showing the six components listed above with checkboxes set

注: 上記で選択した Desktop development with C++ ワークロードでも、Windows SDK 10.0.22621 がインストールされます。

download icon for SDK手順 2: SDK のインストール

Visual Studio をインストールすると、Windows SDK 10.0.22621 が自動的にダウンロードされます。 自動的にダウンロードされない場合は、次のリンクを使用します。

SDK と WDK 用の提供リンクのビルド番号は同じです。これらのキットを一緒に動作させるには必ずビルド番号が一致している必要があります。 独自の SDK/WDK ペア (おそらく別の Windows バージョン用のもの) をインストールする場合は、ビルド番号が一致していることを確認してください。 詳細については、「テーブルのバージョン管理」を参照してください。

download icon for WDK手順 3: WDK のインストール

WDK の既定のインストールには、WDK Visual Studio 拡張機能が含まれています。

ヒント

Visual Studio にドライバー プロジェクト テンプレートが見つからない場合は、WDK Visual Studio 拡張機能が正常にインストールされていません。 これを解決するには、次の場所から WDK.vsix ファイルを実行します: C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Vsix\VS2022\10.0.22621.2428\WDK.vsix

download icon for EWDKEnterprise WDK (EWDK)

Visual Studio、SDK、WDK をダウンロードする代わりに、ドライバーをビルドするためのスタンドアロンの自己完結型コマンド ライン環境である EWDK をダウンロードすることもできます。 これには、Visual Studio Build Tools、SDK、WDK が含まれています。

EWDK の最新の公開バージョンには、Visual Studio 2022 Build Tools 17.1.5 と MSVC ツールセット v14.31 が含まれています。

EWDK では、.NET Framework バージョン 4.7.2 も必要です。 .NET Framework のその他の要件の詳細については、「.NET Framework のシステム要件」を参照してください。

ISO をダウンロードしたら、次の手順に従ってビルド環境をセットアップします。

  1. ドライブ ボリュームから EWDK ISO をマウントします。 ネットワーク共有パスは現在サポートされていません。
  2. LaunchBuildEnv.cmd を実行します。
  3. ステップ 2 で作成した環境で、「SetupVSEnv」と入力し、Enter キーを押します。
  4. 同じ環境から、完全なファイル パスを使用して devenv.exe を起動します。 例: "C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\2022\%Community|Professional|Enterprise%\Common7\IDE\devenv.exe"
  5. ビルド環境のセットアップが完了したら、ISO を取り出すことができます。

必要に応じて、EWDK で提供されるビルド ツールで Visual Studio インターフェイスを使用できます。 これを行うには、Visual Studio のメジャー バージョンが EWDK の Visual Studio ビルド ツールのバージョンと一致していることを確認します。 たとえば、Visual Studio 2022 は、VS17.X のビルド ツールが含まれている EWDK で使用できます。 Visual Studio 2022 のバージョン番号の一覧については、「Visual Studio 2022 のリリース」を参照してください。

キットのバージョン管理

完全なキット ビルド文字列には、最後の 2 つのコンポーネントとして、ビルド番号と QFE (クイック修正エンジニアリング) 値が含まれます。 たとえば、10.0.22621.2428 のビルド番号は 22621 で、QFE 値は 2428 です。

ドライバーをビルドするには、 SDK インストールのビルド番号が WDK インストールのビルド番号 と一致している必要があります。 後の QFE に含まれるヘッダーでのみ使用できる機能をドライバーが使用しない限り、QFE 値は一致している必要はありません。

ローカルにインストールされたキットの完全なビルド文字列を簡単に確認するには、Windows 設定 (Win + I) に進んでから [アプリ] のインストール済みアプリに移動し、[検索] ボックスに「kit」と入力します。 完全なビルド文字列がキット名の右側に表示されます。 C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Includeに移動して表示される QFE は .0 にハードコーディングされているため、これは QFE 識別子を確認するための信頼性の高い方法ではありません。 また、キットをインストールすると、同じビルド番号の既存のインストールが新しいインストールによって置き換えられます。 [C++ によるデスクトップ開発] ワークロードで Visual Studio をインストールすると、インストール ペイロードに Windows SDK が含まれている場合は、QFE としてハードコーディングされた .0 が右側の [概要] ウィンドウに表示されます。

Windows 向けのドライバー サンプル

ドライバー サンプルをダウンロードするには、次のいずれかを実行します。

  • GitHub のドライバー サンプル ページにアクセスし、[クローンまたはダウンロード] をクリックしてから [ZIP をダウンロード] をクリックします。
  • GitHub Extension for Visual Studio をダウンロードしてから、GitHub リポジトリに接続します。
  • Microsoft サンプル ポータル上でドライバーのサンプルを参照します。

関連項目