次の方法で共有


MakeCert テスト証明書

MakeCert テスト証明書は、MakeCert ツールを使用して作成された X.509 デジタル証明書です。 MakeCert テスト証明書は自己署名ルート証明書であり、ドライバー パッケージのカタログ ファイルをテスト署名したり、ドライバー ファイルに署名を埋め込んでドライバー ファイルにテスト署名したりするために使用できます。

MakeCert テスト証明書の作成の詳細については、「テスト証明書の作成」を参照してください

MakeCert テスト証明書のインストール

カタログ ファイルにテスト署名 したり、ドライバー ファイル に署名を埋め込んだりするには、MakeCert テスト証明書を、ソフトウェアに署名するローカル コンピューターの個人用証明書ストア ("my" ストア) またはその他のカスタム証明書ストアに格納できます。 ただし、テスト署名を確認するには、署名の検証に 使用するローカル コンピューターの信頼されたルート証明機関の証明書ストア に、対応するテスト証明書をインストールする必要があります。

次のように、CertMgr ツールを使用して、ドライバーの署名に使用するローカル コンピューターの信頼されたルート証明機関証明書ストアにテスト証明書をインストールします。

CertMgr /add CertFileName.cer /s /r localMachine root

MakeCert テスト証明書によって署名されたドライバー パッケージをインストールする前に、テスト証明書をテスト コンピューターの信頼されたルート証明機関証明書ストアと信頼された発行元証明書ストアにインストールする必要があります。 テスト コンピューターに MakeCert テスト証明書をインストールする方法については、「テスト コンピューターへのテスト証明書のインストール」を参照してください