netsh mbn テスト

netsh mbn テスト は、通常のリリース バージョンとは別のテスト キットです。 この機能を有効にするには、まずハードウェア ラボ キット (HLK) クライアントをインストールする必要があります。

HLK

DUT で netshmbn テスト関数を有効にするには、HLK クライアントをインストールします。

または、HLK パッケージ (パス: installer\HLK-TAEF-TOOL-[arch-language]) に HLK Taef Tool をインストールして netsh mbn テストを有効にすることもできます。

HLK クライアントをインストールした Device Under Test (DUT) でテスト コマンドを実行します。

例:

netsh mbn test feature=connectivity param="AccessString=internet"

VHLK

VHLK クライアントを使用して、DUT で netsh mbn テスト関数を有効にできます。

セットアップ: ホスト PC に VHLK をインストールし、スクリプト ConfigureTestSetup.ps1 <DUT の IP> を C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Hardware Lab Kit\Tests\amd64\Net\logo\Wwan から実行します。

その後、DUT でテスト コマンドを実行できます。

例:

netsh mbn test feature=connectivity param="AccessString=internet"