Share via


Windows Server の Server Core インストール オプションとは

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016

Server Core オプションは、Windows Server の Standard または Datacenter エディションを展開するときに使用できる最小インストール オプションです。 Server Core には、ほとんどのサーバー ロールが含まれていますが、すべてのサーバー ロールが含まれているわけではありません。 Server Core はディスク フットプリントが小さく、コード ベースが小さいため、攻撃対象も小さくなります。

Server (Core) とデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー

Windows Server をインストールする場合は、選択したサーバー ロールのみをインストールします。これにより、Windows Server 全体のフットプリントを減らすのに役立ちます。 ただし、デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのインストール オプションの場合では、特定の使用シナリオには不要な多くのサービスや他のコンポーネントがインストールされます。

そこで Server Core が機能します。Server Core のインストールでは、一般的に使用される特定のサーバー ロールのサポートに不可欠ではないサービスや他の機能が排除されます。 たとえば、Hyper-V サーバーにはグラフィカル ユーザー インターフェイス (GUI) は必要ありません。これは、Windows PowerShell を使用してコマンド ラインから、または Hyper-V マネージャーを使用してリモートから Hyper-V の事実上すべての側面を管理できるからです。

Server Core の違い - 余分なものを排除したコア機能

システムへの Server Core のインストールが完了し、初めてサインインすると、少し驚くことになります。 デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーのインストール オプションと Server Core の主な違いは、Server Core に次の GUI シェル パッケージが含まれないという点です。

  • Microsoft-Windows-Server-Shell-Package
  • Microsoft-Windows-Server-Gui-Mgmt-Package
  • Microsoft-Windows-Server-Gui-RSAT-Package
  • Microsoft-Windows-Cortana-PAL-Desktop-Package

つまり、Server Core には、設計上デスクトップが存在しないのです。 従来のビジネス アプリケーションとロールベースのワークロードをサポートするために必要な機能を維持しながらも、Server Core には従来のデスクトップ インターフェイスはありません。 代わりに、Server Core は、コマンド ライン、PowerShell、または GUI ツール (RSATWindows Admin Center など) を使用してリモートで管理するように設計されています。

Server Core は、UI がないだけでなく、次の点でデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーとは異なります。

  • Server Core にはアクセシビリティ ツールが含まれていない
  • Server Core をセットアップする OOBE (out-of-box-experience) がない
  • オーディオ サポートがない

次の表は、Server Core とデスクトップ エクスペリエンス搭載サーバーで、どのアプリケーションがローカルで利用できるかを示しています。 重要: ほとんどの場合、以下に示す "利用不可" のアプリケーションは、Windows クライアント コンピューターまたは Windows Admin Center からリモートで実行して、Server Core のインストールを管理できます。

Server Core のオンデマンド機能のバージョン管理とダウンロード

次の一覧は、バージョン 1809 (Server 2019 LTSC) の FoD レベルを反映しています。 1809 より新しい FoD パッケージを適用することで、Server Core の互換性を大幅に向上できます。

ダウンロード場所

後期 Windows Server (SAC) FoD は、アクティブなソフトウェア アシュアランスをお持ちの場合、特定の MS ライセンス センターから入手できます。 FoD のダウンロードにアクセスするには、VLSC または Business Center に登録されている Microsoft の職場または学校アカウントが必要です。

または、Visual Studio サブスクリプションにアクセスできる場合もあります。 FoD のダウンロードにアクセスするには、アクティブな Visual Studio サブスクリプションに登録されている Microsoft ホーム、職場、学校のアカウントが必要です。

最新の Server Insider FoD。 これは Server Insider Web ページからダウンロードできます。 FoD のダウンロードにアクセスするには、Insider Program に登録されている Microsoft ホーム、職場、学校のアカウントが必要です。

オンデマンド機能 - オンデマンド機能パッケージ 1809 で利用可能な機能

注意

この一覧は、クイック リファレンスを目的としています。完全な一覧ではありません。

Application Server Core デスクトップ エクスペリエンス搭載サーバー
コマンド プロンプト 利用可能 利用可能
Windows PowerShell/ Microsoft .NET 利用可能 利用可能
Perfmon.exe 利用不可 利用可能
Windbg (GUI) サポート対象 サポート対象
Resmon.exe 利用不可 利用可能
Regedit 利用可能 利用可能
Fsutil.exe 利用可能 利用可能
Disksnapshot.exe 利用不可 利用可能
Diskpart.exe 利用可能 利用可能
Diskmgmt.msc 利用不可 利用可能
Devmgmt.msc 利用不可 利用可能
サーバー マネージャー 利用不可 利用可能
Mmc.exe 利用不可 利用可能
Eventvwr 利用不可 利用可能
Wevtutil (イベント クエリ) 利用可能 利用可能
Services.msc 利用不可 利用可能
コントロール パネル 利用不可 利用可能
Windows Update (GUI) 利用不可 利用可能
Windows エクスプローラー 利用不可 利用可能
タスク バー 利用不可 利用可能
タスク バーの通知 利用不可 利用可能
Taskmgr 利用可能 利用可能
Internet Explorer または Edge 利用不可 利用可能
組み込みのヘルプ システム 利用不可 利用可能
Windows 10 シェル 利用不可 利用可能
Windows Media Player 利用不可 利用可能
PowerShell 利用可能 利用可能
PowerShell ISE 利用不可 利用可能
PowerShell IME 利用可能 利用可能
Mstsc.exe 利用不可 利用可能
リモート デスクトップ サービス 利用可能 利用可能
Hyper-V マネージャーは 利用不可 利用可能
ワードパッド* 利用不可 利用可能

Server Core に何が含まれているかに関する詳細は、「Windows Server - Server Core に含まれている役割、役割サービス、および機能」を参照してください。 Server Core に何が含まれていないかに関する詳細は、「Server Core に含まれていない役割、役割サービス、および機能」を参照してください。

* Server Core SKU のローカルに保存された .RTF ファイルを読み取るには、ユーザーはファイルをワードパッドが存在する別の Windows コンピューターにコピーすることができます。

Server Core の使用を開始する

Windows Server の Server Core インストール オプションのインストール、設定、および管理には、以下の情報を使用します。

Server Core インストール:

Server Core の使用: