役割、役割サービス、または機能のインストールまたはアンインストール

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

サーバー マネージャーのコンソールと Windows PowerShell コマンドレットでサーバー マネージャーは、Windows Server の役割と機能をローカルまたはリモート サーバーまたはオフラインの仮想ハード_ディスク (Vhd) のインストールを許可します。 単一のリモート サーバーまたは単一の追加の役割と機能のウィザードまたは Windows PowerShell セッションでのオフライン VHD には、複数の役割と機能をインストールできます。

重要

Windows Server オペレーティング システムのそれ以降のリリースを管理する、サーバー マネージャーを使用できません。 Windows Server 2016 を実行しているサーバーの役割、役割サービス、および機能をインストールする Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 で実行されているサーバー マネージャーを使用できません。

インストールまたは役割、役割サービス、および機能をアンインストールするために管理者は、サーバーにログオンする必要があります。 ターゲット サーバーに対する管理者権限のないアカウントでローカル コンピューターにログオンしている場合は、[サーバー] タイルでターゲット サーバーを右クリックし、[管理に使用する資格情報] をクリックして、管理者権限を持つアカウントを指定します。 オフライン VHD のマウント先のサーバーをサーバー マネージャーに追加する必要があります。さらに、マウント先のサーバーの管理者権限が必要です。

詳細については、役割、役割サービス、および機能とは、次を参照してください。 役割、役割サービス、および機能です。

このトピックは、次のセクションで構成されています。

役割と機能の追加ウィザードを使用して役割、役割サービス、および機能をインストールする

追加の役割と機能のウィザードで単一のセッションでローカルのサーバーでは、サーバー マネージャー、またはオフライン VHD に追加されているリモート サーバーの役割、役割サービス、および機能をインストールできます。 サーバー マネージャーを管理するサーバーを追加する方法の詳細については、次を参照してください。 サーバー マネージャーにサーバーの追加します。

Note

Windows Server 2016 または Windows 10 でサーバー マネージャーを実行する場合は、サーバーおよび Windows Server 2016 を実行しているオフライン VHD のみに役割と機能をインストールする追加の役割と機能のウィザードを使用できます。

役割と機能の追加ウィザードを使用して役割と機能をインストールするには

  1. サーバー マネージャーを既に開いている場合は、次の手順に進んでください。 サーバー マネージャーをまだ開いていない場合は、次のいずれかの方法で開きます。

    • Windows デスクトップで、Windows タスク バーの [サーバー マネージャー] をクリックし、サーバー マネージャーを開始します。

    • Windows のスタート画面で、[サーバー マネージャー] タイルをクリックします。

  2. [管理] メニューの [役割と機能の追加] をクリックします。

  3. [開始する前に] ページで、インストールする役割と機能のために、対象サーバーとネットワーク環境の準備が整っていることを確認してください。 [次へ] をクリックします。

  4. [インストールの種類の選択] ページで、[役割ベースまたは機能ベースのインストール] を選択して 1 台のサーバーにすべての役割や機能をインストールするか、[リモート デスクトップ サービスのインストール] を選択して仮想マシン ベースのデスクトップ インフラストラクチャ、またはリモート デスクトップ サービス向けのセッション ベースのデスクトップ インフラストラクチャをインストールします。 [リモート デスクトップ サービスのインストール] オプションでは、管理者の必要に応じて、リモート デスクトップ サービスの役割の論理部分がさまざまなサーバーに分散されます。 [次へ] をクリックします。

  5. [対象サーバーの選択] ページで、サーバー プールからサーバーを選択するか、オフライン VHD を選択します。 対象サーバーとしてオフライン VHD を選択するには、まず VHD マウント先のサーバーを選択してから、VHD ファイルを選択します。 サーバー プールにサーバーを追加する方法については、次を参照してください。 サーバー マネージャーにサーバーの追加します。 対象サーバーを選択したら、[次へ] をクリックします。

    Note

    オフライン VHD に役割や機能をインストールするには、対象 VHD が次の要件を満たしている必要があります。

    • Vhd では、実行しているサーバー マネージャーのバージョンに対応する Windows Server のリリースが実行されている必要があります。 「役割と機能の追加ウィザードを使用して役割、役割サービス、および機能をインストールする」の冒頭にある注記を参照してください。

    • VHD に複数のシステム ボリュームまたはパーティションが存在することはできません。

    • VHD ファイルが格納されているネットワーク共有フォルダーについては、VHD のマウント先に選択したサーバーのコンピューター アカウント (またはローカル システム アカウント) に、次のアクセス許可を付与する必要があります。 ユーザー専用のアカウントにアクセス許可を与えるだけでは不十分です。 ネットワーク共有では、読み取りアクセス許可と書き込みアクセス許可を Everyone グループに付与し、VHD へのアクセスを許可することができますが、セキュリティ上の理由からこの方法はお勧めしません。

      • [ファイルの共有] ダイアログ ボックスの [読み取り/書き込み] アクセス
      • フル コントロール 上のアクセス、 セキュリティ ] タブ、ファイルまたはフォルダー プロパティ ] ダイアログ ボックス。
  6. 役割を選択して、役割の役割サービス (該当する場合) を選択し、[次へ] をクリックして機能を選択します。

    続行すると、追加の役割と機能のウィザードに自動的にさらに選択した役割や機能のインストールや通常の動作を妨げる可能性のある移行先サーバーで競合が見つかった場合します。 また、選択した役割または機能で必要とされる役割、役割サービス、または機能を追加するように求めるダイアログも表示されます。

    さらに、別のサーバー、またはリモート サーバー管理ツールを実行している Windows クライアントベースのコンピューターのどちらかから役割をリモート管理する場合は、役割に使用する管理ツールやスナップインを対象サーバーにインストールしない選択もできます。 既定では、追加の役割と機能のウィザードでは管理ツールがインストールに選択されます。

  7. [インストール オプションの確認] ページで、選択されている役割、機能、およびサーバーを確認します。 インストールする準備が整ったら、[インストール] をクリックします。

    Windows PowerShell を使用した無人インストール用に使用できる XML ベースの構成ファイルに、選択内容をエクスポートすることもできます。 この追加の役割と機能のウィザード セッションで指定された構成をエクスポートする をクリックして 構成設定のエクスポート、任意の場所に XML ファイルを保存します。

    [インストール オプションの確認] ページの [代替ソース パスの指定] コマンドをクリックすると、選択したサーバーに役割と機能をインストールするために必要なファイルの代替ソース パスを指定することができます。 Windows Server 2012 および Windows Server の今後のリリースで オンデマンド機能 ディスクのみリモートで管理されているサーバーから役割と機能のファイルを削除することによって、オペレーティング システムで使用される領域の量を減らすことができます。 Uninstall-WindowsFeature -remove コマンドレットを使用して役割と機能のファイルをサーバーから削除した場合、代替ソース パス、または必要な機能と役割のファイルが保存される共有を指定して、役割と機能を後からサーバーにインストールすることができます。 ソース パスまたはファイル共有では、読み取り アクセス許可を Everyone グループ (セキュリティ上の理由からお勧めできません)、または対象サーバーのコンピューター アカウント (DOMAINSERverNAME$) のどちらかに付与する必要があります。ユーザー アカウントにアクセス許可を付与するだけでは不十分です。 オンデマンド機能の詳細については、「 Windows Server インストール オプション」を参照してください。

    実行中の物理サーバーの役割、役割サービス、および機能をインストールしている場合は、別の機能ファイルのソースとして WIM ファイルを指定できます。 WIM ファイルのソース パスは、WIM をプレフィックスとし、機能ファイルの位置を示すインデックスをサフィックスとして、WIM:e:\sources\install.wim:4 という形式にする必要があります。 。 オフライン VHD に役割、役割サービス、および機能をインストールするため、ソースとして直接 WIM ファイルを使用することはできません必要がありますか、オフライン VHD をマウントしてソース ファイルのマウント パスをポイントしたか、WIM ファイルの内容のコピーを含むフォルダーをポイントする必要があります。

  8. [インストール] をクリックすると、[インストールの進行状況] ページには、インストールの進行状況、結果、メッセージ (警告、エラー、インストールした役割や機能に必要なインストール後の構成手順など) が表示されます。 Windows Server 2012 および Windows Server の今後のリリースで、閉じることができる追加の役割と機能のウィザードのインストールがまだ進行状況、およびインストールの結果の表示やの他のメッセージ、通知、サーバー マネージャー コンソールの上部にある領域です。 クリックして、 通知 フラグ アイコンをインストールや、サーバー マネージャーを実行している他のタスクに関する詳細を参照してください。

Windows PowerShell コマンドレットを使用して役割、役割サービス、および機能をインストールする

サーバー マネージャーの展開は、GUI ベース役割と機能のウィザードと役割の削除し、追加機能ウィザードと同様に重要な相違点の Windows PowerShell 関数用コマンドレットです。 Windows PowerShell で異なり、役割の追加と機能ウィザードで、管理ツールとスナップインの役割は含まれません既定では。 役割のインストールの一環として管理ツールを含めるには、 IncludeManagementTools パラメーターをコマンドレットに追加します。 Windows Server 2012 またはそれ以降のリリースの Server Core インストール オプションを実行しているサーバーの役割と機能をインストールする場合、インストールに役割の管理ツールを追加することができますが、GUI ベースの管理ツールとスナップインを Windows Server の Server Core インストール オプションを実行しているサーバーにインストールすることはできません。 唯一のコマンドライン管理ツールの Windows PowerShell は Server Core インストール オプションにインストールすることができます。

Install-WindowsFeature コマンドレットを使用して役割と機能をインストールするには

  1. 次のいずれかを実行して、管理者特権を使って Windows PowerShell セッションを開きます。

    Note

    リモート サーバー上の役割と機能をインストールする場合は、管理者特権で Windows PowerShell を実行する必要はありません。

    • Windows デスクトップで、タスク バーの [Windows PowerShell] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    • Windows の 開始 画面、Windows PowerShell のタイルを右クリックし、アプリ バーをクリックして 管理者として実行します。

  2. ローカル サーバーにインストール済みの利用可能な役割と機能の一覧を表示するには、「Get-WindowsFeature」と入力し、Enter キーを押します。 ローカルのコンピューターは、サーバーではない場合、またはリモート サーバーに関する情報を確認する場合は、実行 Get-WindowsFeature -computerName computer_name, を computer_name Windows Server 2016 を実行しているリモート コンピューターの名前を表します。 コマンドレットの結果には、手順 4. でコマンドレットに追加される役割と機能のコマンド名が含まれています。

    Note

    Windows PowerShell 3.0 および Windows PowerShell の今後のリリースでは、モジュールの一部であるコマンドレットを実行する前に Windows PowerShell セッションにサーバー マネージャー コマンドレット モジュールをインポートする必要はありません。 モジュールは、モジュールに含まれるコマンドレットを初めて実行するときに自動的にインポートされます。 また、Windows PowerShell コマンドレットでも、コマンドレットで使用される機能名は大文字小文字を区別します。

  3. Get-Help Install-WindowsFeature」と入力して Enter キーを押し、 コマンドレットの構文と使用できるパラメーターを表示します。

  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。feature_name はインストールする役割や機能のコマンド名を表し (手順 2 で取得)、computer_name は役割と機能のインストール先のリモート コンピューターを表します。 feature_name に複数の値を指定する場合は、コンマで区切ります。 Restart パラメーターによって、対象サーバーが自動的に再起動されます (役割または機能のインストールで必要な場合)。

    Install-WindowsFeature -Name <feature_name> -computerName <computer_name> -Restart
    

    オフライン VHD に役割や機能をインストールするには、 computerName パラメーターと VHD パラメーターの両方を追加する必要があります。 computerName パラメーターを追加しない場合、コマンドレットでは、VHD にアクセスするためにローカル コンピューターがマウントされていると想定されます。 computerName パラメーターには VHD のマウント先のサーバー名が格納され、 VHD パラメーターには指定したサーバー上の VHD ファイルへのパスが格納されます。

    Note

    追加する必要があります、 computerName パラメーター コマンドレットを実行する、コンピューターからいる場合は、Windows クライアント オペレーティング システムを実行しています。

    オフライン VHD に役割や機能をインストールするには、対象 VHD が次の要件を満たしている必要があります。

    • Vhd では、実行しているサーバー マネージャーのバージョンに対応する Windows Server のリリースが実行されている必要があります。 「役割と機能の追加ウィザードを使用して役割、役割サービス、および機能をインストールする」の冒頭にある注記を参照してください。

    • VHD に複数のシステム ボリュームまたはパーティションが存在することはできません。

    • VHD ファイルが格納されているネットワーク共有フォルダーについては、VHD のマウント先に選択したサーバーのコンピューター アカウント (またはローカル システム アカウント) に、次のアクセス許可を付与する必要があります。 ユーザー専用のアカウントにアクセス許可を与えるだけでは不十分です。 ネットワーク共有では、読み取りアクセス許可と書き込みアクセス許可を Everyone グループに付与し、VHD へのアクセスを許可することができますが、セキュリティ上の理由からこの方法はお勧めしません。

      • [ファイルの共有] ダイアログ ボックスの [読み取り/書き込み] アクセス
      • フル コントロール 上のアクセス、 セキュリティ ] タブ、ファイルまたはフォルダー プロパティ ] ダイアログ ボックス。
    Install-WindowsFeature -Name <feature_name> -VHD <path> -computerName <computer_name> -Restart
    

    例: 次のコマンドレッドでは、Active Directory ドメイン サービスの役割とグループ ポリシー管理の機能をリモート サーバー ContosoDC1 にインストールします。 IncludeManagementTools パラメーターを使用して管理ツールとスナップインが追加され、インストールでサーバーの再起動が必要な場合、対象サーバーは自動的に再起動します。

    Install-WindowsFeature -Name AD-Domain-Services,GPMC -computerName ContosoDC1 -IncludeManagementTools -Restart
    
  5. インストールが完了したら、インストールの確認を開いて、 のすべてのサーバー サーバー マネージャーで、役割と機能をインストールしたサーバーの選択と表示] ページ、 役割と機能の タイルを選択したサーバーのページです。 実行することも、Get-WindowsFeature、選択したサーバーを対象とするコマンドレット (Get-WindowsFeature -computerName <Get-WindowsFeature>)、サーバーにインストールされている役割と機能の一覧を表示します。

役割と機能の削除ウィザードを使用して役割、役割サービス、および機能を削除する

役割、役割サービス、および機能をアンインストールするために管理者は、サーバーにログオンする必要があります。 アンインストール ターゲット サーバーに対する管理者権限のないアカウントでローカル コンピューターにログオンしている場合は、[サーバー] タイルでターゲット サーバーを右クリックし、[管理に使用する資格情報] をクリックして、管理者権限を持つアカウントを指定します。 オフライン VHD のマウント先のサーバーをサーバー マネージャーに追加する必要があります。さらに、マウント先のサーバーの管理者権限が必要です。

役割と機能の削除ウィザードを使用して役割、役割サービス、および機能を削除するには

  1. サーバー マネージャーを既に開いている場合は、次の手順に進んでください。 サーバー マネージャーをまだ開いていない場合は、次のいずれかの方法で開きます。

    • Windows デスクトップで、Windows タスク バーの [サーバー マネージャー] をクリックし、サーバー マネージャーを開始します。

    • Windows のスタート画面で、[サーバー マネージャー] タイルをクリックします。

  2. [管理] メニューの [役割と機能の削除] をクリックします。

  3. [開始する前に] ページで、サーバーから役割または機能を削除する準備が整っていることを確認します。 [次へ] をクリックします。

  4. [対象サーバーの選択] ページで、サーバー プールからサーバーを選択するか、オフライン VHD を選択します。 オフライン VHD を選択するには、最初に VHD マウント先のサーバーを選択してから、VHD ファイルを選択します。

    Note

    VHD ファイルが格納されているネットワーク共有フォルダーについては、VHD のマウント先に選択したサーバーのコンピューター アカウント (またはローカル システム アカウント) に、次のアクセス許可を付与する必要があります。 ユーザー専用のアカウントにアクセス許可を与えるだけでは不十分です。 ネットワーク共有では、読み取りアクセス許可と書き込みアクセス許可を Everyone グループに付与し、VHD へのアクセスを許可することができますが、セキュリティ上の理由からこの方法はお勧めしません。

    • [ファイルの共有] ダイアログ ボックスの [読み取り/書き込み] アクセス
    • ファイルまたはフォルダーの [プロパティ] ダイアログ ボックスにある [セキュリティ] タブの [フル コントロール] アクセス

    サーバーをサーバー プールに追加する方法については、「Add servers to Server Manager (サーバー マネージャーへのサーバーの追加)」を参照してください。 対象サーバーを選択したら、[次へ] をクリックします。

    Note

    役割の削除と機能のウィザードを使用するには、同じリリースのバージョンを使用しているサーバーのマネージャーをサポートしている Windows Server を実行しているサーバーから役割と機能を削除します。 Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012、または Windows 8 には、サーバー マネージャーを実行している場合は、Windows Server 2016 を実行しているサーバーから役割、役割サービス、または機能を削除できません。 役割の削除と機能のウィザードを使用して、Windows Server 2008 を実行しているサーバーまたは Windows Server 2008 R2 から役割と機能を削除できません。

  5. 役割を選択して、役割の役割サービス (該当する場合) を選択し、[次へ] をクリックして機能を選択します。

    続行すると、役割の削除と機能のウィザードに自動的にするように求められますの役割、役割サービス、またはロールも実行できません機能や機能を削除するを削除します。

    さらに、対象サーバーで役割の管理ツールとスナップインを削除するように選択できます。 既定では、役割の削除と機能のウィザードでは、管理ツールは削除対象として選択します。 選択したサーバーを使って、他のリモート サーバーで役割を管理する場合は、管理ツールとスナップインを削除せずに残しておくことができます。

  6. [削除オプションの確認] ページで、選択されている役割、機能、およびサーバーを確認します。 役割や機能を削除する準備が整ったら、[削除] をクリックします。

  7. [削除]をクリックすると、[削除の進行状況] ページには、削除の進行状況、結果、メッセージ (警告、エラー、対象サーバーの再起動のように削除後に必要な構成手順など) が表示されます。 Windows Server 2012 および Windows Server の今後のリリースで、閉じることができる機能のウィザード、役割の削除の削除がまだ進行状況、および削除の結果の表示またはでの他のメッセージが、通知、サーバー マネージャー コンソールの上部にある領域です。 クリックして、 通知 フラグを削除や、サーバー マネージャーを実行している他のタスクに関する詳細を参照してください。

Windows PowerShell コマンドレットを使用して役割、役割サービス、および機能を削除する

サーバー マネージャーの展開は、GUI ベースの役割の削除と機能のウィザードと同様に重要な相違点の Windows PowerShell 関数用コマンドレット。 Windows PowerShell のとは異なり、役割の削除と機能ウィザードで、管理ツールとスナップインの役割は削除されません既定では。 役割の削除の一環として管理ツールを削除するには、 IncludeManagementTools パラメーターをコマンドレットに追加します。 役割と Windows Server 2012 の Server Core インストール オプションまたは Windows Server、このコマンド ライン パラメーターを削除し、指定されたロールの管理ツールを Windows PowerShell の今後のリリースを実行しているサーバーからの機能をアンインストールする場合。

Uninstall-WindowsFeature コマンドレットを使用して役割と機能を削除するには

  1. 次のいずれかを実行して、管理者特権を使って Windows PowerShell セッションを開きます。

    Note

    リモート サーバーから役割と機能をアンインストールする場合は、管理者特権で Windows PowerShell を実行する必要はありません。

    • Windows デスクトップで、タスク バーの [Windows PowerShell] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    • Windows の 開始 画面、Windows PowerShell タイルを右クリックし、アプリ バーでクリックして 管理者として実行します。

  2. ローカル サーバーにインストール済みの利用可能な役割と機能の一覧を表示するには、「Get-WindowsFeature」と入力し、Enter キーを押します。 ローカルのコンピューターは、サーバーではない場合、またはリモート サーバーに関する情報を確認する場合は、実行 Get-WindowsFeature -computerName computer_name, を computer_name Windows Server 2016 を実行しているリモート コンピューターの名前を表します。 コマンドレットの結果には、手順 4. でコマンドレットに追加される役割と機能のコマンド名が含まれています。

    Note

    Windows PowerShell 3.0 および Windows PowerShell の今後のリリースでは、モジュールの一部であるコマンドレットを実行する前に Windows PowerShell セッションにサーバー マネージャー コマンドレット モジュールをインポートする必要はありません。 モジュールは、モジュールに含まれるコマンドレットを初めて実行するときに自動的にインポートされます。 また、Windows PowerShell コマンドレットでも、コマンドレットで使用される機能名は大文字小文字を区別します。

  3. Get-Help Uninstall-WindowsFeature」と入力して Enter キーを押し、 コマンドレットの構文と使用できるパラメーターを表示します。

  4. 次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。feature_name は削除する役割や機能のコマンド名を表し (手順 2. で取得)、computer_name は役割と機能を削除する対象となるリモート コンピューターを表します。 feature_name に複数の値を指定する場合は、コンマで区切ります。 Restart パラメーターによって、対象サーバーが自動的に再起動されます (役割または機能の削除で必要な場合)。

    Uninstall-WindowsFeature -Name <feature_name> -computerName <computer_name> -Restart
    

    オフライン VHD から役割と機能を削除するには、 computerName パラメーターと VHD パラメーターの両方を追加します。 computerName パラメーターを追加しない場合、コマンドレットでは、VHD にアクセスするためにローカル コンピューターがマウントされていると想定されます。 computerName パラメーターには VHD のマウント先のサーバー名が格納され、 VHD パラメーターには指定したサーバー上の VHD ファイルへのパスが格納されます。

    Note

    追加する必要があります、 computerName パラメーター コマンドレットを実行する、コンピューターからいる場合は、Windows クライアント オペレーティング システムを実行しています。

    VHD ファイルが格納されているネットワーク共有フォルダーについては、VHD のマウント先に選択したサーバーのコンピューター アカウント (またはローカル システム アカウント) に、次のアクセス許可を付与する必要があります。 ユーザー専用のアカウントにアクセス許可を与えるだけでは不十分です。 ネットワーク共有では、読み取りアクセス許可と書き込みアクセス許可を Everyone グループに付与し、VHD へのアクセスを許可することができますが、セキュリティ上の理由からこの方法はお勧めしません。

    • [ファイルの共有] ダイアログ ボックスの [読み取り/書き込み] アクセス
    • フル コントロール 上のアクセス、 セキュリティ ] タブ、ファイルまたはフォルダー プロパティ ] ダイアログ ボックス。
    Uninstall-WindowsFeature -Name <feature_name> -VHD <path> -computerName <computer_name> -Restart
    

    例: 次のコマンドレッドでは、Active Directory ドメイン サービスの役割とグループ ポリシー管理の機能をリモート サーバー ContosoDC1 から削除します。 管理ツールとスナップインも削除され、削除でサーバーの再起動が必要な場合、対象サーバーは自動的に再起動します。

    Uninstall-WindowsFeature -Name AD-Domain-Services,GPMC -computerName ContosoDC1 -IncludeManagementTools -Restart
    
  5. 削除が完了したらを開き、役割と機能を削除することを確認、 のすべてのサーバー でサーバー マネージャー] ページで、役割と機能を削除したサーバーを選択し、表示、 役割と機能の タイルを選択したサーバーのページです。 実行することも、Get-WindowsFeature、選択したサーバーを対象とするコマンドレット (Get-WindowsFeature -computerName <Get-WindowsFeature>)、サーバーにインストールされている役割と機能の一覧を表示します。

Windows PowerShell スクリプトを実行して複数のサーバーに役割と機能をインストールする

役割、役割サービス、および機能を 1 つのウィザード セッションで 1 つ以上の対象サーバーにインストールするのにには、追加の役割と機能のウィザードを使用することはできません、サーバー マネージャーを使用して管理している複数の対象サーバーの役割、役割サービス、および機能をインストールするのに Windows PowerShell スクリプトを使用することができます。 このプロセスが呼び出されると、一括展開を実行に使用するスクリプトが追加の役割と機能ウィザードを使用して簡単に作成できる XML 構成ファイルを指す 構成設定のエクスポート 進んでからウィザードを使用する、インストール オプションの確認、役割の追加機能のウィザードのページです。

重要

スクリプトで指定されているすべてのターゲット サーバーでは、ローカル コンピューターで実行しているサーバー マネージャーのバージョンに対応する Windows Server のリリースが実行されている必要があります。 たとえば、Windows 10 でサーバー マネージャーを実行している場合は、その Windows Server 2016 を実行しているサーバー上の役割、役割サービス、および機能をインストールできます。 GUI ベースの管理ツールをインストールに追加する場合、インストール プロセスは自動的にフル インストール オプション (またの名サーバー グラフィック シェルが実行中に完全な GUI 搭載サーバー) に Windows Server の Server Core インストール オプションを実行しているターゲット サーバーを変換します。

このセクションで示されているスクリプトを使用して一括展開を実行する方法の例に示します、 Install-WindowsFeature コマンドレットと Windows PowerShell スクリプトです。 複数のサーバーに対して一括展開を実行するスクリプトや手段は他にも考えられます。 役割と機能を展開するための他のスクリプトを検索または提供するには、 スクリプト センター リポジトリを検索してください。

複数のサーバーに役割と機能をインストールするには

  1. されていない場合は、役割、役割サービスを含む XML 構成ファイルと複数のサーバーにインストールする機能を作成します。 この構成ファイルを作成するには追加の役割と機能のウィザードを実行している、役割、役割サービス、および必要な機能を選択すると、クリックすると 構成設定のエクスポート 進んでからウィザードを使用する、インストール オプションの確認 ページです。 構成ファイルを任意の場所に保存します。 構成ファイルを作成するためだけにウィザードを実行している場合は、[インストール] をクリックする必要も、ウィザードを完了する必要もありません。

  2. 次のいずれかを実行して、管理者特権を使って Windows PowerShell セッションを開きます。

    • Windows デスクトップで、タスク バーの [Windows PowerShell] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    • Windows の 開始 画面、Windows PowerShell タイルを右クリックし、アプリ バーでクリックして 管理者として実行します。

  3. コピーして、Windows PowerShell セッションに、次のスクリプトを貼り付けます。

    function Invoke-WindowsFeatureBatchDeployment {
        param (
            [parameter(mandatory)]
            [string[]] $computerNames,
            [parameter(mandatory)]
            [string] $ConfigurationFilepath
        )
    
        # Deploy the features on multiple computers simultaneously.
        $jobs = @()
        foreach($computerName in $computerNames) {
            $jobs += start-Job -Command {
                Install-WindowsFeature -ConfigurationFilepath $using:ConfigurationFilepath -computerName $using:computerName -Restart
            }
        }
    
        Receive-Job -Job $jobs -Wait | select-Object Success, RestartNeeded, exitCode, FeatureResult
    }
    

    選択した役割または機能によって、必要であれば、ターゲット サーバーが自動的に再起動されます。

  4. 次のようにして関数を実行します。

    1. 変数を作成し、ターゲット コンピューターの名前をコンマで区切って格納します。 次の例では、変数 $ServerNames に、ターゲット サーバー $ServerNames および Contoso_02が格納されています。 Enter キーを押します。

      # Sample Invocation
      $ServerNames = 'Contoso_01','Contoso_02'
      Invoke-WindowsFeatureBatchDeployment -computerNames $ServerNames -ConfigurationFilepath C:\Users\sampleuser\Desktop\DeploymentConfigTemplate.xml
      
    2. 関数を実行するには、次のように入力し、 Enterキーを押します。 は前の手順で作成した変数、 C:\Users\Sampleuser\Desktop\DeploymentConfigTemplate.xml は手順 1. で作成した構成ファイルのパスです。

      Invoke-WindowsFeatureBatchDeployment -computerNames $ServerNames -ConfigurationFilepath C:\Users\Sampleuser\Desktop\DeploymentConfigTemplate.xml

  5. インストールが完了したら、インストールの確認を開いて、 のすべてのサーバー サーバー マネージャーで、役割と機能をインストールしたサーバーの選択と表示] ページ、 役割と機能の タイルを選択したサーバーのページです。 また、特定のサーバーを対象として Get-WindowsFeature コマンドレット (Get-WindowsFeature -computerName<Get-WindowsFeature>) を実行し、サーバーにインストールされている役割と機能の一覧を表示することもできます。

.NET Framework 3.5 とその他の機能をオンデマンドでインストールする

Windows Server 2012 および Windows 8 から始めて、機能ファイルを .NET Framework 3.5 (.NET Framework 2.0 と .NET Framework 3.0 が含まれています) をご利用いただけません既定では、ローカル コンピューター上。 これらのファイルは削除されました。 "オンデマンド機能" 構成で削除された機能のファイルは、.NET Framework 3.5 の機能ファイルと共に、Windows Update から入手できます。 既定では、機能ファイルが Windows Server 2012 またはそれ以降のリリースを実行している移行先サーバーで利用できない場合、インストール プロセス検索不足しているファイルの Windows Update に接続しています。 役割の追加と機能のウィザードの GUI またはコマンドラインを使用してインストールするかどうかは、グループ ポリシー設定を構成またはインストール中に、代替ソース パスを指定して、既定の動作をオーバーライドできます。

.NET Framework 3.5 は、次のいずれかの方法でインストールできます。

.NET Framework 3.5 またはその他の機能の機能ファイルがローカル コンピューターに見つからない場合は、グループ ポリシーで機能ファイルの代替ソースを構成します。

重要

リモート ソースから機能ファイルをインストールする場合、ソース パスまたはファイル共有では、読み取りアクセス許可を Everyone グループ (セキュリティ上の理由からお勧めできません)、または対象サーバーのコンピューター アカウント (ローカル システム アカウント) のどちらかに付与する必要があります。ユーザー アカウントのアクセス許可を付与するだけでは不十分です。

外部のファイル共有に対する読み取りアクセス許可がワークグループ サーバーのコンピューター アカウントに割り当てられている場合でも、ワークグループ内のサーバーからは、外部の共有にアクセスすることはできません。 ワークグループ サーバーで使用できる代替ソースは、インストール メディア、Windows Update、およびローカルのワークグループ サーバーに格納されている VHD ファイルと WIM ファイルです。

実行中の物理サーバーの役割、役割サービス、および機能をインストールしている場合は、別の機能ファイルのソースとして WIM ファイルを指定できます。 WIM ファイルのソース パスは、WIM をプレフィックスとし、機能ファイルの位置を示すインデックスをサフィックスとして、WIM:e:\sources\install.wim:4 という形式にする必要があります。 。 オフライン VHD に役割、役割サービス、および機能をインストールするため、ソースとして直接 WIM ファイルを使用することはできません必要がありますか、オフライン VHD をマウントしてソース ファイルのマウント パスをポイントしたか、WIM ファイルの内容のコピーを含むフォルダーをポイントする必要があります。

Install-WindowsFeature コマンドレットを実行して .NET Framework 3.5 をインストールするには

  1. 次のいずれかを実行して、管理者特権を使って Windows PowerShell セッションを開きます。

    Note

    リモート サーバーから役割と機能をインストールする場合は、管理者特権で Windows PowerShell を実行する必要はありません。

    • Windows デスクトップで、タスク バーの [Windows PowerShell] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    • Windows の 開始 画面、Windows PowerShell タイルを右クリックし、アプリ バーでクリックして 管理者として実行します。

    • Windows Server 2012 R2 の Server Core インストール オプションを実行しているサーバーまたは Windows Server 2012 では、次のように入力します。PowerShell にコマンド プロンプトを押してから Enterします。

  2. 次のコマンドを入力して Enter キーを押します。 次の例では、ソース ファイルはドライブ D のインストール メディアのサイド バイ サイド ストア (SxS と略す) にあります。

    Install-WindowsFeature NET-Framework-Core -Source D:\Sources\SxS
    

    コマンドで Windows Update を見つからない機能ファイルのソースとして使用する場合、または既定のソースが既にグループ ポリシーを使用して構成されている場合は、別のソースを指定する必要がない限り、 Source パラメーターを追加する必要はありません。

役割と機能の追加ウィザードを使用して .NET Framework 3.5 をインストールするには

  1. 管理] メニューの [サーバー マネージャーで、クリックして 追加の役割と機能のです。

  2. Windows Server 2016 を実行している移行先サーバーを選択します。

  3. 機能の選択 の追加の役割と機能のウィザード、[選択] ページ .NET Framework 3.5します。

  4. ローカル コンピューターがグループ ポリシー設定で許可している場合、インストール プロセスは Windows Update を使用して見つからない機能ファイルを取得しようとします。 [インストール] をクリックします。次の手順に進む必要はありません。

    グループ ポリシー設定でこれを許可していない場合、または .NET Framework 3.5 機能ファイルの別のソースを使用する場合、ウィザードの [インストール オプションの確認] ページで、[代替ソース パスの指定] をクリックします。

  5. インストール メディアのサイド バイ サイド ストア (SxS と呼ばれています) へのパスまたは WIM ファイルへのパスを指定します。 次の例では、インストール メディアはドライブ D にあります。

    D:\Sources\SxS\

    WIM ファイルを指定するには、次の例のように、WIM: プレフィックスを追加し、WIM ファイルで使用するイメージのインデックスをサフィックスとして追加します。

    WIM:\\server_name\share\install.wim:3

  6. [OK] をクリックし、[インストール] をクリックします。

DISM を使用して .NET Framework 3.5 をインストールするには

  1. 次のいずれかを実行して、管理者特権を使って Windows PowerShell セッションを開きます。

    Note

    リモート サーバーから役割と機能をインストールする場合は、管理者特権で Windows PowerShell を実行する必要はありません。

    • Windows デスクトップで、タスク バーの [Windows PowerShell] を右クリックし、[管理者として実行] をクリックします。

    • Windows の 開始 画面、Windows PowerShell タイルを右クリックし、アプリ バーでクリックして 管理者として実行します。

    • Server Core インストール オプションを実行しているサーバーで、コマンド プロンプトに「PowerShell」と入力して、Enter キーを押します。

  2. 次のいずれかの DISM コマンドを実行します。

    • コンピューターが Windows Update にアクセスできる場合、または既定のソース ファイルの場所が既にグループ ポリシーで構成されている場合、次のコマンドを実行します。

      DISM /online /Enable-Feature /Featurename:NetFx3 /All
      
    • コンピューターがインストール メディアにアクセスできる場合、次のようなコマンドを実行します。 次の例では、オペレーティング システムのインストール メディアはドライブ D にあります。 LimitAccess パラメーターは、コマンドが Windows Update、または WSUS を実行しているサーバーに接続しないようにするものです。

      DISM /online /Enable-Feature /Featurename:NetFx3 /All /LimitAccess /Source:d:\sources\sxs
      

    Note

    DISM コマンドでは大文字と小文字が区別されます。

グループ ポリシーで機能ファイルの代替ソースを構成する

このセクションで説明されているグループ ポリシー設定で、.NET Framework 3.5 ファイルの正規のソースの場所、およびオンデマンド機能の構成の一部として削除された他の機能ファイルを指定します。 ポリシー設定 [オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する] は、グループ ポリシー管理コンソールまたはローカル グループ ポリシー エディターの " コンピューターの構成\管理用テンプレート\システム " フォルダーにあります。

Note

ローカル コンピューターのグループ ポリシー設定を変更するには、Administrators グループのメンバーである必要があります。 管理対象コンピューターのグループ ポリシー設定がドメイン レベルで制御されている場合、グループ ポリシー設定を変更するには、Domain Administrators グループのメンバーである必要があります。

グループ ポリシーで既定の代替ソース パスを構成するには
  1. ローカル グループ ポリシー エディターまたはグループ ポリシー管理コンソールで、次のポリシー設定を開きます。

    コンピューターの構成\管理用テンプレート\システム\オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する

  2. ポリシー設定がまだ有効になっていない場合は、[有効] を選択してポリシー設定を有効にします。

  3. [オプション] 領域の [代替ソース パスの指定] ボックスに、共有フォルダーまたは WMI ファイルへの完全修飾パスを指定します。 WIM ファイルを代替ソース ファイルの場所として指定するには、パスに WIM: プレフィックスを追加し、WIM ファイルで使用するイメージのインデックスをサフィックスとして追加します。 指定できる値の例を次に示します。

    • 共有フォルダーへのパス: \\\\\share\folder_name

    • WIM ファイルへのパス 3 機能ファイルが存在するイメージのインデックスを表します WIM:\\server_name\share\install.wim:3

  4. このポリシー設定によって制御されているコンピューターが Windows Update で見つからない機能ファイルを検索しないようにするには、[Windows Update からペイロードのダウンロードを試行しない] を選択します。

  5. このポリシー設定によって制御されているコンピューターが通常、WSUS 経由で更新プログラムを受け取る場合でも、見つからない機能ファイルの検索には WSUS ではなく Windows Update を使用する場合は、[Windows Server Update Services (WSUS) の代わりに、Windows Update に直接アクセスして修復コンテンツをダウンロードする] を選択します。

  6. このポリシー設定の変更が完了したら [OK] をクリックし、グループ ポリシー エディターを閉じます。

参照

Windows Server のインストール オプションMicrosoft .NET Framework 3.5 展開に関する考慮事項Windows 機能の有効化または無効化方法