auditpol

監査ポリシーに関する情報を表示し、これらを操作する次のような関数を実行します。

  • システム監査ポリシーの設定とクエリ。

  • ユーザーごとの監査ポリシーの設定とクエリ。

  • 監査オプションの設定とクエリ。

  • 監査ポリシーへのアクセスを委任するために使用されるセキュリティ記述子の設定とクエリ。

  • 監査ポリシーのコンマ区切り値 (CSV) テキスト ファイルへの報告またはバックアップ。

  • CSV テキスト ファイルからの監査ポリシーの読み込み。

  • グローバル リソース SACL の構成。

構文

auditpol command [<sub-command><options>]

パラメーター

サブコマンド 説明
/get 現在の監査ポリシーを表示します。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol get のページを参照してください。
/set 監査ポリシーを設定します。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol set のページを参照してください。
/list 選択できるポリシー要素を表示します。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol list のページを参照してください。
/backup 監査ポリシーをファイルに保存します。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol backup のページを参照してください。
/restore auditpol /backup を使用して以前に作成されたファイルから監査ポリシーを復元します。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol restore のページを参照してください。
/clear 監査ポリシーをクリアします。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol clear のページを参照してください。
/remove ユーザーごとの監査ポリシー設定を削除し、すべてのシステム監査ポリシー設定を無効にします。 詳細については、構文とオプションに関する auditpol remove のページを参照してください。
/resourceSACL グローバル リソース システムのアクセス制御リスト (SACL) を構成します。 注意: Windows 7 および Windows Server 2008 R2 にのみ適用されます。 詳細については、「auditpol resourceSACL」を参照してください。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

その他のリファレンス