cacls

重要

このコマンドは非推奨とされました。 代わりに icacls を使用してください。

指定されたファイルの随意アクセス制御リスト (DACL) を表示または変更します。

構文

cacls <filename> [/t] [/m] [/l] [/s[:sddl]] [/e] [/c] [/g user:<perm>] [/r user [...]] [/p user:<perm> [...]] [/d user [...]]

パラメーター

パラメーター 説明
<filename> 必須。 指定されたファイルの ACL を表示します。
/t 現在のディレクトリとすべてのサブディレクトリ内で、指定されたファイルの ACL を変更します。
/m ディレクトリにマウントされているボリュームの ACL を変更します。
/l ターゲットではなく、シンボリック リンク自体を対象とします。
/s:sddl ACL を、SDDL 文字列で指定されているものに置き換えます。 このパラメーターは、/e/g/r/p、または /d パラメーターと共に使用することはできません。
/e ACL を置き換えるのではなく、編集します。
/c アクセス拒否エラーの後も続行します。
/g user:<perm> 指定されたユーザー アクセス権を付与します。アクセス許可には、次の有効な値が含まれます。
  • n - なし
  • r - 読み取り
  • w - 書き込み
  • c - 変更 (書き込み)
  • f - フル コントロール
/r user [...] 指定したユーザーのアクセス権を取り消します。 /e パラメーターと共に使用する場合にのみ有効です。
[/p user:<perm> [...] 指定されたユーザー アクセス権を置き換えます。アクセス許可には、次の有効な値が含まれます。
  • n - なし
  • r - 読み取り
  • w - 書き込み
  • c - 変更 (書き込み)
  • f - フル コントロール
[/d user [...] 指定したユーザー アクセスを拒否します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

サンプル出力

出力 アクセス制御エントリ (ACE) は次に適用されます
OI オブジェクトの継承。 このフォルダーとファイル。
CI コンテナーの継承。 このフォルダーとサブフォルダー。
IO 継承のみ。 ACE は、現在のファイルまたはディレクトリには適用されません。
出力メッセージなし このフォルダーのみ。
(OI)(CI) このフォルダー、サブフォルダー、およびファイル。
(OI)(CI)(IO) サブフォルダーとファイルのみ。
(CI)(IO) サブフォルダーのみ。
(OI)(IO) ファイルのみ。

解説

  • ワイルドカード (?) を使って、複数のファイルを指定できます。

  • 複数のユーザーを指定できます。

その他のリファレンス