Format

適用対象: Windows Server 2022、Windows 10、Windows Server 2019

Windows ファイルを受け入れるようにディスクをフォーマットします。 ハード ドライブをフォーマットするには、Administrators グループのメンバーである必要があります。

Note

別のパラメーターを使って、format コマンドを回復コンソールから利用することもできます。 回復コンソールの詳細については、「Windows 回復環境 (Windows RE)」を参照してください。

構文

format volume [/FS:file-system] [/V:label] [/Q] [/L[:state]] [/A:size] [/C] [/I:state] [/X] [/P:passes] [/S:state]
format volume [/V:label] [/Q] [/F:size] [/P:passes]
format volume [/V:label] [/Q] [/T:tracks /N:sectors] [/P:passes]
format volume [/V:label] [/Q] [/P:passes]
format volume [/Q]

パラメーター

パラメーター 説明
<volume> フォーマットするドライブのマウント ポイント、ボリューム名、またはドライブ文字 (とコロン) を指定します。 以下のコマンドライン オプションを何も指定しなかった場合、format はボリュームの種類を使ってディスクの既定のフォーマットを決定します。
/FS:filesystem ファイル システムの種類 (FAT、FAT32、NTFS、exFAT、ReFS、または UDF) を指定します。
/V:<label> ボリューム ラベルを指定します。 /V コマンドライン オプションを省略した場合、またはボリューム ラベルを指定せずに使った場合、フォーマットの完了後に、format によってボリューム ラベルの入力が求められます。 ボリューム ラベルの入力が要求されないようにするには、構文 /V: を使います。 複数のディスクをフォーマットするのに 1 つの format コマンドを使用すると、すべてのディスクに同じボリューム ラベルが割り当てられます。
/A:<size> FAT、FAT32、NTFS、exFAT、または ReFS ボリュームで使うアロケーション ユニット サイズを指定します。 unit size を指定しない場合は、ボリューム サイズに基づいて選ばれます。 一般的な用途には、既定の設定を使用することを強くお勧めします。 次の一覧は、各ファイル システムの unit size の有効な値を示しています。
  • FAT と FAT32: 512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K。 512 バイトを超えるセクター サイズの場合は 128K と 256K も使用できます。
  • NTFS: 512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K、128K、256K、512K、1M、2M
  • exFAT: 512、1024、2048、4096、8192、16K、32K、64K、128K、256K、512K、1M、2M、4M、8M、16M、32M。
  • ReFS: 4096、64K。
/Q クイック フォーマットを実行します。 以前にフォーマットされたボリュームのファイル テーブルとルート ディレクトリが削除されますが、セクターごとの不良領域スキャンは実行されません。 以前にフォーマットされていて正常な状態であることがわかっているボリュームのみをフォーマットするには、/Q コマンドライン オプションを使う必要があります。 /Q/Q をオーバーライドすることに注意してください。
/F:<size> フォーマットするフロッピー ディスクのサイズを指定します。 可能であれば、/T および /T コマンドライン オプションではなく、このコマンドライン オプションを使ってください。 Windows では、サイズとして次の値を使用できます。
  • 1440 または 1440k または 1440kb
  • 1.44 または 1.44m または 1.44mb
  • 1.44-MB、double-sided、quadruple-density、3.5-inch disk
/T:<tracks> ディスクのトラック数を指定します。 可能であれば、代わりに /F コマンドライン オプションを使ってください。 /T オプションを使う場合は、/N オプションも使う必要があります。 これらのオプションを併用して、フォーマットするディスクのサイズを指定する代替の方法とすることができます。 /F オプションと同時に使用した場合、このオプションは無効です。
/N:<sectors> トラックあたりのセクター数を指定します。可能であれば、/N ではなく /F コマンドライン オプションを使ってください。 /N を使う場合は、/T も使う必要があります。 これらの 2 つのオプションを併用して、フォーマットするディスクのサイズを指定する代替の方法とすることができます。 /F オプションと同時に使用した場合、このオプションは無効です。
/P:<count> ボリューム上のすべてのセクターをゼロにします。 その後、毎回異なる乱数を使って count 回ボリュームを上書きします。 count が 0 の場合、すべてのセクターをゼロにした後、追加の上書きを行いません。 /Q を指定した場合、このスイッチは無視されます。
/C NTFS のみ。 新しいボリュームに作成されるファイルが、既定で圧縮されます。
/X フォーマット前に、必要に応じてボリュームのマウントを強制的に解除します。 ボリュームに対して開いているハンドルは、無効になります。
/R NTFS のみ。 新しいボリュームに作成されるファイルが、既定で圧縮されます。
/D UDF 2.50 のみ。 メタデータが複製されます。
/L:<state> NTFS のみ。 ファイル レコードの既定のサイズをオーバーライドします。 既定では、非階層化ボリュームは小さいサイズのファイル レコードでフォーマットされ、階層化ボリュームは大きいサイズのファイル レコードでフォーマットされます。 /L/L:enable を指定すると、フォーマットで大きいサイズのファイル レコードを使うように強制します。また、/L:disable を指定すると、フォーマットで小さいサイズのファイル レコードを使うように強制します。
/S:<state> 短いファイル名のサポートを指定します。 状態は enable または disable のいずれかです。 短い名前は既定で無効です。
/TXF:<state> TxF が有効か無効かを指定します。 状態は enable または disable のいずれかです。 TxF は既定で有効です
/I:<state> ReFS のみ。 新しいボリュームの整合性を有効にするかどうかを指定します。 状態は enable または disable のいずれかです。 データの冗長性をサポートするストレージでは、既定で整合性が有効です。
/DAX:<state> NTFS のみ。 このボリュームに対して直接アクセス記憶 (DAX) モードを有効にします。 DAX モードの場合、メモリ バス経由でボリュームにアクセスされるので、IO パフォーマンスが向上します。 ハードウェアが DAX 対応の場合にのみ、DAX モードでボリュームをフォーマットできます。 状態は enable または disable のいずれかです。 /DAX/DAX:enable と同じと見なされます。
/LogSize::<size> NTFS のみ。NTFS ログ ファイルのサイズをキロバイト単位で指定します。 サポートされる最小サイズは 2 MB なので、2MB 未満のサイズを指定すると、2 MB のログ ファイルになります。 0 は既定値を示します。これは、一般的にボリューム サイズによって変わります。
/NoRepairLogs NTFS のみ。 NTFS 修復ログを無効にします。 chkdsk の spotfix フラグを指定した場合 (つまり chkdsk /spotfix)、これは機能しません。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

解説

  • format コマンドを使うと、ディスクの新しいルート ディレクトリとファイル システムを作成できます。 また、ディスク上の不良領域をチェックし、ディスク上のすべてのデータを削除することもできます。 新しいディスクを使用できるようにするには、まずこのコマンドを使ってディスクをフォーマットする必要があります。

  • フロッピー ディスクをフォーマットすると、format によって次のメッセージが表示されます。

    Volume label (11 characters, ENTER for none)?

    ボリューム ラベルを追加するには、最大 11 文字 (スペースを含む) を入力します。 ディスクにボリューム ラベルを追加しない場合は、Enter キーを押します。

  • format コマンドを使ってハード ディスクをフォーマットすると、次のような警告メッセージが表示されます。

    WARNING, ALL DATA ON NON-REMOVABLE DISK
    DRIVE x: WILL BE LOST!
    Proceed with Format (Y/N)? _
    

    ハード ディスクをフォーマットするには Y を、ディスクをフォーマットしない場合は N を押します。

  • FAT ファイル システムの場合、クラスター数は 65526 以下に制限されています。 FAT32 ファイル システムの場合、クラスター数は 65527 から 4177917 までに制限されています。

  • アロケーション ユニット サイズが 4096 を超える場合、NTFS 圧縮はサポートされません。

    Note

    指定したクラスター サイズを使って前述の要件を満たすことができないと判定されると、format の処理はただちに停止します。

  • フォーマットが完了すると、format によって、合計ディスク容量、不良とマークされた領域、ファイルに使用できる領域を示すメッセージが表示されます。

  • フォーマット プロセスを加速させるには、/Q コマンドライン オプションを使います。 ハード ディスクに不良セクターがない場合に限り、このオプションを使用します。

  • subst コマンドを使って準備されたドライブには、format コマンドを使わないでください。 ネットワーク経由でディスクをフォーマットすることはできません。

  • 次の表に、終了コードとその意味の簡単な説明を示します。

    終了コード 説明
    0 フォーマット操作が正常に完了しました。
    1 誤ったパラメーターが指定されました。
    4 致命的なエラー (0、1、5 以外のエラー) が発生しました。
    5 プロンプト "フォーマットを続行しますか (Y/N)" に対してユーザーが N を押してプロセスを停止しました。

    ERRORLEVEL 環境変数と if バッチ コマンドを使用して、これらの終了コードを確認できます。

既定のサイズを使用して、ドライブ A で新しいフロッピー ディスクをフォーマットするには、次のように入力します。

format a:

ドライブ A で以前にフォーマットされたフロッピー ディスクのクイック フォーマット操作を実行するには、次のように入力します。

format a: /q

ドライブ A でフロッピー ディスクをフォーマットして、ボリューム ラベル DATA を割り当てるには、次のように入力します。

format a: /v:DATA

その他のリファレンス