ipconfig

現在のすべての TCP/IP ネットワーク構成値を表示し、動的ホスト構成プロトコル (DHCP) とドメイン ネーム システム (DNS) の設定を更新します。 パラメーターなしで使用された場合、ipconfig は、インターネット プロトコル バージョン 4 (IPv4) および IPv6 のアドレス、サブネット マスク、およびすべてのアダプターの既定のゲートウェイを表示します。

構文

ipconfig [/allcompartments] [/all] [/renew [<adapter>]] [/release [<adapter>]] [/renew6[<adapter>]] [/release6 [<adapter>]] [/flushdns] [/displaydns] [/registerdns] [/showclassid <adapter>] [/setclassid <adapter> [<classID>]]

パラメーター

パラメーター 説明
/all すべてのアダプターの完全な TCP/IP 構成を表示します。 アダプターは、設置されているネットワーク アダプターなどの物理インターフェイス、またはダイヤルアップ接続などの論理インターフェイスを表すことがあります。
/displaydns DNS クライアントのリゾルバー キャッシュの内容を表示します。これには、ローカルの Hosts ファイルからプリロードされたエントリと、コンピューターが解決した名前のクエリのために最近取得されたリソース レコードの両方が含まれています。 DNS クライアント サービスは、この情報を使用して、構成された DNS サーバーに問い合わせる前に、頻繁に問い合わせられる名前をすばやく解決します。
/flushdns DNS クライアント リゾルバー キャッシュの内容をフラッシュしてリセットします。 DNS のトラブルシューティング中に、この手順を使用して、キャッシュからネガティブ キャッシュ エントリを破棄したり、動的に追加されたその他のエントリを破棄したりできます。
/registerdns コンピューターで構成された DNS 名と IP アドレスの手動動的登録を開始します。 このパラメーターを使用すると、失敗した DNS 名の登録をトラブルシューティングしたり、クライアント コンピューターを再起動せずにクライアントと DNS サーバー間の動的更新問題を解決したりできます。 TCP/IP プロトコルの詳細プロパティ内の DNS 設定によって、DNS に登録される名前が決定されます。
/release [<adapter>] 現在の DHCP 構成を解放し、すべてのアダプター (アダプターが指定されていない場合) または特定のアダプター (adapter パラメーターが含まれている場合) の IP アドレス構成を破棄する DHCPRELEASE メッセージを DHCP サーバーに送信します。 このパラメーターは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターの TCP/IP を無効にします。 アダプター名を指定するには、パラメーターなしで ipconfig を使用したときに表示されるアダプター名を入力します。
/release6[<adapter>] 現在の DHCP 構成を解放し、すべてのアダプター (アダプターが指定されていない場合) または特定のアダプター (adapter パラメーターが含まれている場合) の IPv6 アドレス構成を破棄する DHCPRELEASE メッセージを DHCPv6 サーバーに送信します。 このパラメーターは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターの TCP/IP を無効にします。 アダプター名を指定するには、パラメーターなしで ipconfig を使用したときに表示されるアダプター名を入力します。
/renew [<adapter>] すべてのアダプター (アダプターが指定されていない場合) または特定のアダプター (adapter パラメーターが含まれている場合) の DHCP 構成を更新します。 このパラメーターは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターが実装されたコンピューターでのみ使用できます。 アダプター名を指定するには、パラメーターなしで ipconfig を使用したときに表示されるアダプター名を入力します。
/renew6 [<adapter>] すべてのアダプター (アダプターが指定されていない場合) または特定のアダプター (adapter パラメーターが含まれている場合) の DHCPv6 構成を更新します。 このパラメーターは、IPv6 アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターが実装されたコンピューターでのみ使用できます。 アダプター名を指定するには、パラメーターなしで ipconfig を使用したときに表示されるアダプター名を入力します。
/setclassid <adapter>[<classID>] 指定されたアダプターの DHCP クラス ID を構成します。 すべてのアダプターの DHCP クラス ID を設定するには、* の代わりにアスタリスク (*) ワイルドカード文字を使用します。 このパラメーターは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターが実装されたコンピューターでのみ使用できます。 DHCP クラス ID が指定されなかった場合は、現在のクラス ID が削除されます。
/showclassid <adapter> 指定されたアダプターの DHCP クラス ID を表示します。 すべてのアダプターの DHCP クラス ID を表示するには、* の代わりにアスタリスク (*) ワイルドカード文字を使用します。 このパラメーターは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたアダプターが実装されたコンピューターでのみ使用できます。
/? コマンド プロンプトでヘルプを表示します。

解説

  • このコマンドは、IP アドレスを自動的に取得するように構成されたコンピューターで最も有用です。 これにより、ユーザーは、DHCP、自動プライベート IP アドレス指定 (APIPA)、または代替構成によって構成された TCP/IP 構成値を特定することができます。

  • adapter に指定した名前にスペースが含まれる場合は、アダプター名を引用符で囲みます (例: "adapter name")。

  • アダプター名に関して、ipconfig は、指定された文字列で始まる名前を持つアダプター、または、指定された文字列を含む名前を持つアダプターを指定するためのアスタリスク (*) ワイルドカード文字の使用をサポートしています。 たとえば、Local* は、文字列 Local で始まるすべてのアダプターと一致し、*Con* は、文字列 Con を含むすべてのアダプターと一致します。

すべてのアダプターの基本的な TCP/IP 構成を表示するには、次のように入力します。

ipconfig

すべてのアダプターの完全な TCP/IP 構成を表示するには、次のように入力します。

ipconfig /all

ローカル エリア接続アダプターのみの DHCP 割り当て IP アドレス構成を更新するには、次のように入力します。

ipconfig /renew Local Area Connection

DNS 名前解決問題のトラブルシューティング時に DNS リゾルバー キャッシュをフラッシュするには、次のように入力します。

ipconfig /flushdns

Local で始まる名前を持つすべてのアダプターの DHCP クラス ID を表示するには、次のように入力します。

ipconfig /showclassid Local*

ローカル エリア接続アダプターの DHCP クラス ID を TEST に設定するには、次のように入力します。

ipconfig /setclassid Local Area Connection TEST

その他のリファレンス