msiexec

コマンド ラインから Windows インストーラーのインストール、変更、操作を実行するための手段を提供します。

インストール オプション

インストール パッケージを起動するためのインストールの種類を設定します。

構文

msiexec.exe [/i][/a][/j{u|m|/g|/t}][/x] <path_to_package>

パラメーター

パラメーター 説明
/i 通常のインストールを指定します。
/a 管理インストールを指定します。
/ju 現在のユーザーに製品を提供します。
/jm 製品をすべてのユーザーに提供します。
/j/g 提供パッケージによって使用される言語識別子を指定します。
/j/t 提供パッケージに変換を適用します。
/x パッケージをアンインストールします。
<path_to_package> インストール パッケージ ファイルの場所と名前を指定します。

通常のインストール プロセスを使用して、C: ドライブから example.msi という名前のパッケージをインストールするには、次のように入力します。

msiexec.exe /i "C:\example.msi"

表示オプション

ターゲット環境に応じて、インストール プロセス中にユーザーに表示される内容を構成できます。 たとえば、手動でインストールするためにパッケージをすべてのクライアントに配布する場合は、完全な UI が必要です。 ただし、ユーザーの操作を必要としないグループ ポリシーを使用してパッケージを配置する場合は、UI は必要ありません。

構文

msiexec.exe /i <path_to_package> [/quiet][/passive][/q{n|b|r|f}]

パラメーター

パラメーター 説明
<path_to_package> インストール パッケージ ファイルの場所と名前を指定します。
スイッチを Quiet モードを指定します。これは、ユーザー操作が不要であることを意味します。
/passive 無人モードを指定します。これは、インストール時に進行状況バーのみが表示されることを意味します。
/qn インストール プロセス中に UI が表示されないことを指定します。
/qn+ 最後のダイアログ ボックスを除いて、インストール処理中に UI が表示されないことを指定します。
/qb インストール プロセス中に基本的な UI が表示されることを指定します。
/qb+ インストール処理中に、最後にダイアログ ボックスを含めて、基本的な UI が表示されることを指定します。
/qr インストール プロセス中の UI エクスペリエンスの縮小を指定します。
/qf インストール プロセス中の完全な UI エクスペリエンスを指定します。
解説
  • インストールがユーザーによって取り消された場合、モーダル ボックスは表示されません。 qb+! または qb!+ を使用すると、[キャンセル] ボタンを非表示にできます。

通常のインストール プロセスを使用し、UI を使用せずにパッケージ C:\example.msi をインストールするには、次のように入力します。

msiexec.exe /i "C:\example.msi" /qn

再起動オプション

インストール パッケージによってファイルが上書きされる場合、または使用中のファイルを変更しようとする場合は、インストールが完了する前に再起動が必要になることがあります。

構文

msiexec.exe /i <path_to_package> [/norestart][/promptrestart][/forcerestart]

パラメーター

パラメーター 説明
<path_to_package> インストール パッケージ ファイルの場所と名前を指定します。
/norestart インストールが完了した後、デバイスの再起動を停止します。
/promptrestart 再起動が必要かどうかをユーザーに確認します。
/forcerestart インストールの完了後にデバイスを再起動します。

通常のインストール プロセスを使用し、最後に再起動せずにパッケージ C:\example.msi をインストールするには、次のように入力します。

msiexec.exe /i "C:\example.msi" /norestart

[ログ オプション]

インストール パッケージをデバッグする必要がある場合は、パラメーターを設定して、特定の情報を含むログ ファイルを作成できます。

構文

msiexec.exe [/i][/x] <path_to_package> [/L{i|w|e|a|r|u|c|m|o|p|v|x+|!|*}] <path_to_log>

パラメーター

パラメーター 説明
/i 通常のインストールを指定します。
/x パッケージをアンインストールします。
<path_to_package> インストール パッケージ ファイルの場所と名前を指定します。
/li ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルにステータス メッセージを含めます。
/lw ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルに致命的ではない警告を含めます。
/le ログ記録をオンにし、すべてのエラー メッセージを出力ログ ファイルに含めます。
/la ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルでアクションが開始された時刻に関する情報を含めます。
/lr ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルにアクション固有のレコードを含めます。
/lu ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルにユーザー要求情報を含めます。
/lc ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルに初期 UI パラメーターを含めます。
/lm ログ記録をオンにし、出力ログ ファイルにメモリ不足または致命的な終了情報を含めます。
/lo ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルにディスク領域不足メッセージを含めます。
/lp ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルにターミナル プロパティを含めます。
/lp ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルにターミナル プロパティを含めます。
/lv ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルに詳細出力を含めます。
/lp ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルにターミナル プロパティを含めます。
/lx ログ記録を有効にし、出力ログ ファイルに追加のデバッグ情報を含めます。
/l+ ログ記録を有効にし、既存のログ ファイルに情報を追加します。
/l! ログ記録を有効にし、各行をログ ファイルにフラッシュします。
/l* ログ記録を有効にし、詳細情報 (/lv) または追加のデバッグ情報 (/lx) を除くすべての情報をログに記録します。
<path_to_logfile> 出力ログ ファイルの場所と名前を指定します。

通常のインストール プロセスを使用し、詳細出力を含むすべてのログ情報が含まれる出力ログ ファイルを C:\package.log に格納して、パッケージ C:\example.msi をインストールするには、次のコマンドを入力します。

msiexec.exe /i "C:\example.msi" /L*V "C:\package.log"

更新のオプション

インストール パッケージを使用して更新プログラムを適用または削除できます。

構文

msiexec.exe [/p][/update][/uninstall[/package<product_code_of_package>]] <path_to_package>

パラメーター

パラメーター 説明
/p パッチをインストールします。 サイレント モードでインストールする場合は、REINSTALLMODE プロパティを ecmus に設定し、REINSTALL を ALL に設定する必要があります。 それ以外の場合、パッチはターゲット デバイスにキャッシュされている MSI のみを更新します。
/update [パッチのインストール] オプション。 複数の更新プログラムを適用する場合は、セミコロン (;) を使用して区切る必要があります。
/package 製品をインストールまたは構成します。

msiexec.exe /p "C:\MyPatch.msp"
msiexec.exe /p "C:\MyPatch.msp" /qb REINSTALLMODE="ecmus" REINSTALL="ALL"
msiexec.exe /update "C:\MyPatch.msp"
msiexec.exe /uninstall {1BCBF52C-CD1B-454D-AEF7-852F73967318} /package {AAD3D77A-7476-469F-ADF4-04424124E91D}

最初の GUID はパッチ GUID で、2 番目の GUID はパッチが適用された MSI 製品コードです。

修復オプション

このコマンドを使用して、インストールされているパッケージを修復できます。

構文

msiexec.exe [/f{p|o|e|d|c|a|u|m|s|v}] <product_code>

パラメーター

パラメーター 説明
/fp ファイルが見つからない場合は、パッケージを修復します。
/fo ファイルが見つからない場合、または古いバージョンがインストールされている場合は、パッケージを修復します。
/fe ファイルが見つからない場合、または同じまたは古いバージョンがインストールされている場合は、パッケージを修復します。
/fd ファイルが見つからない場合、または別のバージョンがインストールされている場合は、パッケージを修復します。
/fc ファイルが見つからない場合、またはチェックサムが計算値と一致しない場合は、パッケージを修復します。
/fa すべてのファイルを強制的に再インストールします。
/fu 必要なすべてのユーザー固有のレジストリ エントリを修復します。
/fm 必要なすべてのコンピューター固有のレジストリ エントリを修復します。
/fs 既存のすべてのショートカットを修復します。
/fv ソースから実行され、ローカル パッケージが再キャッシュされます。

修復する MSI 製品コード {AAD3D77A-7476-469F-ADF4-04424124E91D} に基づいてすべてのファイルを強制的に再インストールするには、次のように入力します。

msiexec.exe /fa {AAD3D77A-7476-469F-ADF4-04424124E91D}

パブリック プロパティを設定する

このコマンドを使用して、パブリック プロパティを設定できます。 使用可能なプロパティと設定方法の詳細については、「パブリック プロパティ」を参照してください。

その他のリファレンス