Share via


ping

適用対象: Windows Server 2022、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012 R2、Windows Server 2012

インターネット制御メッセージ プロトコル (ICMP) のエコー要求メッセージを送信することによって、IP レベルで別の TCP/IP コンピューターへの接続を確認します。 対応するエコー応答メッセージの受信が、ラウンドトリップ時間と共に表示されます。 ping は、接続性、到達可能性、名前解決のトラブルシューティングに使用される主要な TCP/IP コマンドです。 パラメーターなしでこのコマンドを使うと、ヘルプの内容が表示されます。

このコマンドを使って、コンピューター名とコンピューターの IP アドレスの両方をテストすることもできます。 IP アドレスへの ping が成功しても、コンピューター名への ping が失敗する場合は、名前解決に問題がある可能性があります。 この場合、指定するコンピューター名は、ローカル Hosts ファイル、ドメイン ネーム システム (DNS) クエリ、または NetBIOS 名前解決手法を使用して解決できることを確認します。

Note

このコマンドは、インターネット プロトコル (TCP/IP) がネットワーク接続のネットワーク アダプターのプロパティでコンポーネントとしてインストールされている場合にのみ使用できます。

構文

ping [/t] [/a] [/n <count>] [/l <size>] [/f] [/I <TTL>] [/v <TOS>] [/r <count>] [/s <count>] [{/j <hostlist> | /k <hostlist>}] [/w <timeout>] [/R] [/S <Srcaddr>] [/4] [/6] <targetname>

Parameters

パラメーター 説明
/t 中断するまで ping による送信先へのエコー要求メッセージの送信を続けることを指定します。 中断して統計情報を表示するには、Ctrl + Enter キーを押します。 このコマンドを中断して終了するには、Ctrl + C キーを押します。
/a 送信先の IP アドレスに対して逆引き名前解決を実行することを指定します。 この操作が成功した場合、ping は対応するホスト名を表示します。
/n <count> 送信するエコー要求メッセージの数を指定します。 既定値は 4 です。
/l <size> エコー要求メッセージのデータ フィールドの長さ (バイト単位) を指定します。 既定値は 32 です。 最大サイズは 65,500 です。
/f IP ヘッダーのフラグメント禁止フラグを 1 に設定してエコー要求メッセージを送信することを指定します (IPv4 のみで利用可能)。 エコー要求メッセージは、送信先までのパス内のルーターによってフラグメント化できません。 このパラメーターは、パスの最大転送ユニット (PMTU) に関する問題のトラブルシューティングに役立ちます。
/i <TTL> 送信されるエコー要求メッセージの IP ヘッダーの Time To Live (TTL) フィールドの値を指定します。 既定では、ホストの既定の TTL 値です。 最大 TTL 255 文字です。
/v <TOS> 送信されるエコー要求メッセージの IP ヘッダーの Type of Service (TOS) フィールドの値を指定します (IPv4 のみで利用可能)。 既定値は 0 です。 TOS は 0 ~ 255 の 10 進値として指定します。
/r <count> エコー要求メッセージと対応するエコー応答メッセージで使用されたパスを記録するために IP ヘッダーのルート記録オプションを使用することを指定します (IPv4 のみで利用可能)。 パスの各ホップで、ルート記録オプションのエントリが使用されます。 可能な場合、count では、送信元と送信先の間のホップ数以上の値を指定します。 count は、1 以上 9 以下にする必要があります。
/s <count> エコー要求メッセージと対応するエコー応答メッセージの各ホップへの到着時刻を記録するために、IP ヘッダーのインターネット タイムスタンプ オプションを使用することを指定します。 count は、1 以上 4 以下にする必要があります。 このパラメーターは、リンク ローカルの宛先アドレスに必要です。
/j <hostlist> hostlist で指定されている中間宛先のセットについて、エコー要求メッセージで IP ヘッダーの厳密でないソースのルーティング オプションを使用することを指定します (IPv4 でのみ利用可能)。 厳密でないソースのルーティングと連続した中間宛先は、1 つまたは複数のルーターで区切ることができます。 アドレスまたはホストの一覧に名の最大数が 9 です。 ホストの一覧は、スペースで区切られた一連の IP アドレス (ドット形式 10 進表記) です。
/k <hostlist> hostlist で指定されている中間宛先のセットについて、エコー要求メッセージで IP ヘッダーの厳密なソースのルーティング オプションを使用することを指定します (IPv4 でのみ利用可能)。 厳密なソースのルーティングとは、次の中継送信先を直接到達可能にする必要があります (ルーターのインターフェイスで近隣ノードがある必要があります)。 アドレスまたはホストの一覧に名の最大数が 9 です。 ホストの一覧は、スペースで区切られた一連の IP アドレス (ドット形式 10 進表記) です。
/w <timeout> 特定のエコー要求メッセージに対応するエコー応答メッセージを待機する時間をミリ秒単位で指定します。 タイムアウト中にエコー応答メッセージが受信されない場合は、「要求がタイムアウトしました」というエラー メッセージが表示されます。 既定のタイムアウトは 4000 (4 秒) です。
/R ラウンドトリップのパスをトレースすることを指定します (IPv6 のみで利用可能)。
/S <Srcaddr> (IPv6 のみで使用可能) を使用する送信元アドレスを指定します。
/4 ping に IPv4 を使用することを指定します。 このパラメーターは、IPv4 アドレスを持つターゲット ホストを識別する必要はありません。 ターゲット ホストを名前で識別するためにのみ必要です。
/6 ping に IPv6 を使用することを指定します。 このパラメーターは、IPv6 アドレスを持つターゲット ホストを識別するために必要ありません。 ターゲット ホストを名前で識別するためにのみ必要です。
<targetname> ホスト名または変換先の IP アドレスを指定します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

ping コマンドの出力例

C:\>ping example.microsoft.com
    pinging example.microsoft.com [192.168.239.132] with 32 bytes of data:
    Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=101ms TTL=124
    Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=100ms TTL=124
    Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=120ms TTL=124
    Reply from 192.168.239.132: bytes=32 time=120ms TTL=124

Ping を実行、10.0.99.221 を 10.0.99.221 を解決するには、ホスト名には、次のように入力します。

ping /a 10.0.99.221

送信先として 10.0.99.221、エコー要求メッセージの数として 10 個、各メッセージのデータ フィールドとして 1,000 バイトを指定して ping を実行するには、次のように入力します。

ping /n 10 /l 1000 10.0.99.221

Ping を実行、10.0.99.221 を 4 ホップのルートを記録は、次のように入力します。

ping /r 4 10.0.99.221

宛先 10.0.99.221 に ping を実行し、10.12.0.1-10.29.3.1-10.1.44.1 の厳密でないソース ルートを指定して、次のように入力します。

ping /j 10.12.0.1 10.29.3.1 10.1.44.1 10.0.99.221