次の方法で共有


shutdown

一度に 1 台のローカル コンピューターまたはリモート コンピューターをシャットダウンまたは再起動できます。

構文

shutdown [/i | /l | /s | /sg | /r | /g | /a | /p | /h | /e | /o] [/hybrid] [/soft] [/fw] [/f] [/m \\computer][/t xxx][/d [p|u:]xx:yy [/c "comment"]]

パラメーター

パラメーター 説明
/i [Remote Shutdown] (リモート シャット ダウン) ボックスを表示します。 /I オプションは次のコマンドは、最初のパラメーターである必要があります。 場合 /i を指定すると、その他のすべてのオプションは無視されます。
/l ログオフ、現在のユーザー、すぐにタイムアウト期間がありません。 /l/m または /t と使用することはできません。
/s コンピューターをシャット ダウンします。
/sg コンピューターをシャット ダウンします。 次回の起動時に、[自動再起動サインオン] が有効になっている場合、デバイスは、最後の対話ユーザーに基づいて自動的にサインインしてロックします。 サインインすると、登録済みのアプリケーションがすべて再起動されます。
/r シャット ダウンの後にコンピューターを再起動します。
/g コンピューターを完全にシャットダウンして再起動します。 再起動時に 自動再起動のサインオン が有効になっている場合、デバイスは自動的にサインインし、最後の対話型ユーザーに基づいてロックされます。 サインインすると、登録済みのアプリケーションがすべて再起動されます。
/a システムのシャット ダウンを中止します。 タイムアウト期間中にのみ使用できます。 /fw とを組み合わせて、ファームウェアに対する保留中のブートをクリアします。
/p ローカル コンピューターのみ (リモート コンピューターではなく) をオフに、なし、タイムアウト期間または警告します。 使用する /p でのみ /d または /fします。 お使いのコンピューターが電源オフの機能をサポートしていない場合は、/p を使用するとコンピューターがシャットダウンしますが、コンピューターの電源は入ったままになります。
/h 休止状態が有効になっている場合は、ローカル コンピューターを休止状態に追加します。 /f スイッチは /h スイッチと共に使用できます。
/hybrid デバイスをシャットダウンし、高速でスタートアップできるように準備します。 このオプションは、/s オプションと共に使用することはできません。
/soft 実行中のプロセスとアプリケーションを強制的に終了するのではなく、正常に閉じることができるようにします。
/fw このオプションと shutdown オプションを組み合わせると、次の再起動時にファームウェア ユーザー インターフェイスが表示されます。
/e シャットダウン イベント トラッカーで、コンピューターの予期しないシャットダウンの理由を記録できます。
/o [詳細ブートオプション] メニューに移動し、デバイスを再起動します。 このオプションは、/r オプションと共に使用することはできません。
/f 警告せずに閉じるにはアプリケーションの実行を強制します。
注意: を使用する、 /f オプションが保存されていないデータの損失につながる可能性があります。
/m \\<computername> ターゲット コンピューターを指定します。 /l オプションと共に使用することはできません。
/t <xxx> シャットダウンするまでのタイムアウト時間を xxx 秒に設定します。 有効な範囲は 0 から 315360000 (10 年間) で、既定値は 30 です。 タイムアウト期間が 0 より大きい場合、/f パラメーターは暗黙的に指定されます。
/d [p \| u:]<xx>:<yy> システムの再起動またはシャット ダウンの理由を一覧表示します。 サポートされているパラメーター値は次のとおりです。
  • P - 再起動またはシャットダウンが計画されたことを示します。
  • U - 理由がユーザー定義であることを示します。
    p または u が指定されていない場合、再起動またはシャット ダウンは予定されていません。

  • XX - 主因の番号 (256 未満の正の整数) を指定します。
  • YY - 副因の番号 (65536 未満の正の整数) を指定します。
/c <comment> システムのシャットダウンまたは再起動のカスタムの理由を作成できます。この理由は二重引用符で囲む必要があります。 最大 512 文字を使用できます。 /d パラメーターと共に使用することもできます。
/? ローカル コンピューターで定義されているメジャーおよびマイナーな理由の一覧を含むコマンド プロンプトでヘルプを表示します。

解説

  • ユーザーを割り当てる必要がある、 システムをシャット ダウン シャット ダウン、ローカルまたはリモートにユーザー権限を使用しているコンピューターの管理、 シャット ダウン コマンドです。

  • ユーザーが、ローカルまたはリモートで管理されるコンピューターの予期しないシャットダウンに注釈を付けるには、Administrators グループのメンバーになっている必要があります。 対象のコンピューターがドメインに参加している場合、Domain Admins グループのメンバーはこの手順を実行できる可能性があります。 詳細については、次を参照してください。

  • 一度に 1 つ以上のコンピューターをシャット ダウンする場合、スクリプトを使用することで、各コンピュータに対して shutdown を呼び出すか、shutdown/i を使用して [Remote Shutdown] (リモート シャット ダウン) ダイアログ ボックスを表示することができます。

  • メジャーおよびマイナーの理由コードを指定する場合は、理由を使用する場合、各コンピューターでこれらの理由コードを定義する必要があります。 理由コードがターゲット コンピューターで定義されていない場合、シャット ダウン イベントの追跡ツールは、適切な理由のテキストをログに記録できません。

  • /p パラメーターを使用して、シャットダウンが計画されていることを示すことを忘れないでください。 /p パラメーターを使用しない場合は、シャットダウンが計画されていなかったことを示してください。

    • 計画されていないシャットダウンの理由コードと共に /p パラメーターを使用すると、シャットダウンが失敗します。

    • /p パラメーターを使用せずに計画されたシャットダウンの理由コードのみを指定した場合も、シャットダウンは失敗します。

シャットダウンまたは再起動の理由では、次の凡例が使用されます。

  • E: 予期されている - 事前に計画または通信される、予期されるシャットダウンまたは再起動。
  • U: 予期されていない - 予期されていないシャットダウンまたは再起動が発生し、システムのクラッシュ、電源障害、その他のエラーが原因でシステムの動作が停止します。
  • P: 計画済み - システムのメンテナンス、ソフトウェアのインストール、その他、事前にスケジュールされた計画的なシャットダウンまたは再起動。
  • C: 顧客定義 - システムのシャットダウンまたは再起動のカスタムの理由を指定します。
理由の種類 メジャー Minor 説明
U 0 0 その他 (計画外)
E 0 0 その他 (計画外)
E または P 0 0 その他 (計画済み)
U 0 5 その他のエラー: システムが応答しない
E 1 1 ハードウェア: メンテナンス (計画外)
E または P 1 1 ハードウェア: メンテナンス (計画済み)
E 1 2 ハードウェア: インストール (計画外)
E または P 1 2 ハードウェア: インストール (計画済み)
E 2 2 オペレーティング システム: 回復 (計画外)
E または P 2 2 オペレーティング システム: 回復 (計画済み)
P 2 3 オペレーティング システム アップグレード (計画済み)
E 2 4 オペレーティング システム: 再構成 (計画外)
E または P 2 4 オペレーティング システム: 再構成 (計画済み)
P 2 16 オペレーティング システム: Service Pack (計画済み)
2 17 オペレーティング システム: ホット フィックス (計画外)
P 2 17 オペレーティング システム: ホット フィックス (計画済み)
2 18 オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画外)
P 2 18 オペレーティング システム: セキュリティ フィックス (計画済み)
E 4 1 アプリケーション: メンテナンス (計画外)
E または P 4 1 アプリケーション: メンテナンス (計画済み)
E または P 4 2 アプリケーション: インストール (計画済み)
E 4 5 アプリケーション: 応答なし
E 4 6 アプリケーション: 不安定
U 5 15 システム障害: 停止エラー
U 5 19 セキュリティの問題 (計画外)
E 5 19 セキュリティの問題 (計画外)
E または P 5 19 セキュリティの問題 (計画済み)
E 5 20 ネットワーク接続の損失 (計画外)
U 6 11 電源障害: コードが外れている
U 6 12 電源障害: 環境
P 7 0 レガシ API のシャットダウン

アプリケーションを強制的に終了し、1 分間の遅延の後にローカル コンピューターが再起動されるようにし、理由を アプリケーション: メンテナンス (計画済) に設定し、コメントを "myapp.exe の再構成" に設定するには、次のように入力します。

shutdown /r /t 60 /c "Reconfiguring myapp.exe" /f /d p:4:1

前の例と同じパラメーターを使用してリモートコンピューター myremoteserver を再起動するには、次のように入力します。

shutdown /r /m \\myremoteserver /t 60 /c "Reconfiguring myapp.exe" /f /d p:4:1

セキュリティ更新プログラムを理由にリモート コンピューター myremoteserver を 5 分後に再起動し、カスタムの理由をシャットダウン イベント トラッカーに含めるには、次のように入力してください。

shutdown /r /t 300 /e /c "Security Update" /m \\myremoteserver