typeperf

typeperf コマンドは、コマンド ウィンドウまたはログ ファイルにパフォーマンス データを書き込みます。 typeperf を停止するには、CTRL + C キーを押します。

構文

typeperf <counter [counter ...]> [options]
typeperf -cf <filename> [options]
typeperf -q [object] [options]
typeperf -qx [object] [options]

パラメーター

パラメーター 説明
<counter [counter […]]> 監視するパフォーマンス カウンターを指定します。 <counter> パラメーターは、\コンピューター\オブジェクト(インスタンス)\カウンター形式のパフォーマンス カウンターの完全な名前で、\\Server1\Processor(0)\% User Time のようになります。

オプション

オプション 説明
-f <CSV | TSV | BIN | SQL> 出力ファイルの形式を指定します。 既定値は CSV です。
-cf <filename> 監視するパフォーマンス カウンターの一覧 (1 行につき 1 つのカウンター) を含むファイルを指定します。
-si <[[hh:]mm:]ss> サンプル間隔を指定します。 既定値は 1 秒です。
-o <filename> 出力ファイルまたは SQL データベースのパスを指定します。 既定値は STDOUT (コマンド ウィンドウへの書き込み) です。
-q [object] インストールされているカウンターの一覧を表示します (インスタンスなし)。 1 つのオブジェクトのカウンターを一覧表示するには、オブジェクト名を含めます。
-qx [object] インストールされているカウンターの一覧をインスタンスと一緒に表示します。 1 つのオブジェクトのカウンターを一覧表示するには、オブジェクト名を含めます。
-sc <samples> 収集するサンプルの数を指定します。 既定では、CTRL + C キーが押されるまでデータが収集されます。
-config <filename> コマンド オプションを含む設定ファイルを指定します。
-s <computer_name> カウンター パスにコンピューターが指定されていない場合、監視するリモート コンピューターを指定します。
-y プロンプトを表示せずに、すべての質問に「はい」と回答します。
/? コマンド プロンプトにヘルプを表示します。

ローカル コンピューターのパフォーマンス カウンター \Processor(_Total)\% Processor Time の値を CTRL + C キーが押されるまで、既定の 1 秒のサンプル間隔でコマンド ウィンドウに書き込むには、次のように入力します。

typeperf \Processor(_Total)\% Processor Time

counters.txt ファイル内のカウンターの一覧の値を、50 個のサンプルが収集されるまで 5 秒のサンプル間隔でタブ区切りファイル domain2.tsv に書き込むには、次のように入力します。

typeperf -cf counters.txt -si 5 -sc 50 -f TSV -o domain2.tsv

カウンター オブジェクト PhysicalDisk に対してインストールされているカウンターをインスタンスと一緒に照会し、結果の一覧を counters.txt ファイルに書き込むには、次のように入力します。

typeperf -qx PhysicalDisk -o counters.txt

その他のリファレンス