wmic

対話型コマンドシェル内に WMI 情報を表示します。

重要

WMI コマンド ライン (WMIC) ユーティリティは、Windows 10、バージョン 21H1、および Windows Server の 21H1 半期チャネル リリース時点で非推奨とされます。 このユーティリティは、WMI の Windows PowerShell に置き換えられます (「第 7 章— WMI の使用」を参照)。 この非推奨は、WMI コマンド ライン (WMIC) ユーティリティにのみ適用されます。Windows Management Instrumentation (WMI) 自体は影響を受けません。 また、開発しなくなった Windows 10 機能も参照してください。

構文

wmic </parameter>

サブ コマンド

以下のサブ コマンドを使用できます。

サブコマンド 説明
class WMIC の既定のエイリアス モードをエスケープして、WMI スキーマ内のクラスに直接アクセスできるようにします。
パス WMIC の既定のエイリアス モードをエスケープして、WMI スキーマ内のインスタンスに直接アクセスできるようにします。
context すべてのグローバル スイッチの現在の値を表示します。
[quit | exit] WMIC コマンド シェルを終了します。

すべてのグローバル スイッチの現在の値を表示するには、次のように入力します。

wmic context

次のような出力が表示されます。

NAMESPACE    : root\cimv2
ROLE         : root\cli
NODE(S)      : BOBENTERPRISE
IMPLEVEL     : IMPERSONATE
[AUTHORITY   : N/A]
AUTHLEVEL    : PKTPRIVACY
LOCALE       : ms_409
PRIVILEGES   : ENABLE
TRACE        : OFF
RECORD       : N/A
INTERACTIVE  : OFF
FAILFAST     : OFF
OUTPUT       : STDOUT
APPEND       : STDOUT
USER         : N/A
AGGREGATE    : ON

コマンド ラインで使用する言語 ID を英語 (ロケール ID 409) に変更するには、次のように入力します。

wmic /locale:ms_409

その他のリファレンス