次の方法で共有


iOS クライアントの概要

適用対象: Windows Server 2022、Windows 11、Windows 10、Windows Server 2019、Windows Server 2016

iOS 用のリモート デスクトップ クライアントを使用して、iOS デバイス (iPhone と iPad) から Windows のアプリ、リソース、およびデスクトップを使用することができます。

作業を開始するには、次の情報を使用します。 質問がある場合は、必ず FAQ を確認してください。

ヒント

リモート デスクトップ サービスまたはリモート PC ではなく Azure Virtual Desktop に接続する場合は、「iOS と iPadOS 用リモート デスクトップ クライアントを使って Azure Virtual Desktop に接続する」を参照してください。

注意

  • iOS クライアントの新しいリリースについて興味がありますか。 iOS のリモート デスクトップの新機能に関するページを確認してください。
  • iOS クライアントは、iOS 14 以降を実行しているデバイスをサポートしています。

リモート デスクトップ クライアントを取得して使用を開始する

このセクションでは、iOS 用のリモート デスクトップ クライアントをダウンロードしてセットアップする方法について説明します。

iOS Store からリモート デスクトップ クライアントをダウンロードする

まず、クライアントをダウンロードし、リモート リソースに接続するように PC を構成する必要があります。

クライアントをダウンロードするには:

  1. iOS App Store または iTunes から Microsoft リモート デスクトップ クライアントをダウンロードします。
  2. リモート接続を受け入れるように、PC を設定します

PC の追加

クライアントをダウンロードし、リモート接続を受け入れるように PC を構成したら、次に実際に PC を追加します。

PC を追加するには:

  1. 接続センターで、[+] をタップし、次に [Add PC] (PC の追加) をタップします。
  2. 次の情報を入力します。
    • PC の名前 – コンピューターの名前。 PC 名には、Windows コンピューター名、インターネット ドメイン名、または IP アドレスを指定できます。 PC の名前をポート情報を追加することもできます (たとえば、 MyDesktop:3389 または 10.0.0.1:3389)。
    • ユーザー名 – リモート PC へのアクセスに使用するユーザー名。 user_namedomain\user_name、または user_name@domain.com の形式を使用できます。 必要に応じて、ユーザー名とパスワードの入力を求めるように、 [Ask when required](必要な場合に要求する) を選択することもできます。
  3. 次のオプションを設定することもできます。
    • フレンドリ名 (省略可能) - 接続する PC の覚えやすい名前。 任意の文字列を使用できますが、フレンドリ名を指定しない場合は、代わりに PC 名が表示されます。
    • (省略可能) ゲートウェイ – 仮想デスクトップ、RemoteApp プログラム、および社内ネットワーク上のセッション ベースのデスクトップへの接続に使用する場合、リモート デスクトップ ゲートウェイです。 システム管理者から、ゲートウェイに関する情報を取得します。
    • サウンド – リモート セッション中にオーディオを使用するデバイスを選択します。 ローカルのデバイスでは、リモート デバイスでも、まったくサウンドを再生することができます。
    • マウス ボタンの入れ替え マウス ジェスチャはマウスの左ボタンを使用したコマンドを送信するたびに – 代わりにマウスの右ボタンで同じコマンドを送信します。 マウス ボタンの入れ替えは、リモート PC が左利きマウス モード用に構成されている場合に必要です。
    • 管理者モード -Windows Server 2003 以降を実行しているサーバー上の管理セッションに接続します。
    • クリップボード - クリップボードのテキストとイメージを PC にリダイレクトするかどうかを選択します。
    • ストレージ - ストレージを PC にリダイレクトするかどうかを選択します。
  4. タップ 保存します。

これらの設定を編集する必要がありますか。 編集するデスクトップを押したまま、[設定] アイコンをタップします。

ワークスペースの追加

iOS でアクセスできる管理対象リソースの一覧を取得するには、管理者から提供されたフィードをサブスクライブしてワークスペースを追加します。

ワークスペースを追加するには:

  1. 接続センターで、[+] をタップし、次に [ワークスペースの追加] をタップします。
  2. [フィード URL] フィールドに、追加するフィードの URL を入力します。 この URL には、URL またはメール アドレスを指定できます。
    • URL を使用する場合は、管理者から提供されたものを使用します。
    • 電子メール アドレスを使用する場合は、電子メール アドレスを入力します。 メール アドレスを入力すると、メール アドレスに関連付けられている URL を検索するようにクライアントに通知されます (管理者がそのようにサーバーを構成している場合)。
  3. [Next] (次へ) をタップします。
  4. 入力が求められたら、自分の資格情報を入力します。
    • [ユーザー名] には、リソースにアクセスするためのアクセス許可を持つアカウントのユーザー名を指定します。
    • [パスワード] には、アカウントのパスワードを指定します。
    • また、管理者が認証を構成した設定に応じて、追加情報を入力するように求められる場合もあります。
  5. タップ 保存します。

完了すると、接続センターにリモート リソースが表示されるはずです。

フィードをサブスクライブすると、フィードのコンテンツが定期的に自動更新されます。 管理者によって行われた変更に基づいて、リソースの追加、変更、または削除が行われることがあります。

ユーザー アカウントを管理する

PC またはワークスペースに接続する場合、ユーザー アカウントを保存しておいて、再度選択できます。

新しいユーザー アカウントを作成します。

  1. 接続センターで、 [Settings] (設定)、 [User Accounts] (ユーザー アカウント) の順にタップします。
  2. タップ ユーザー アカウントを追加します。
  3. 次の情報を入力します。
    • ユーザー名 のリモート接続で使用するために保存するユーザーの名前。 ユーザー名は、user_namedomain\user_name、または user_name@domain.com のいずれかの形式で入力できます。
    • パスワード -指定したユーザーのパスワード。
  4. タップ 保存します。

ユーザー アカウントを削除します。

  1. 接続センターで、 [Settings] (設定)、 [User Accounts] (ユーザー アカウント) の順にタップします。
  2. 削除するアカウントを選択します。
  3. タップ 削除します。

RD ゲートウェイに接続して内部資産にアクセスする

リモート デスクトップ ゲートウェイ (RD ゲートウェイ) では、企業ネットワーク上のリモート コンピューターにインターネットでどこからでも接続できます。 作成および、リモート デスクトップ クライアントを使用して、ゲートウェイを管理できます。

新しいゲートウェイを設定します。

  1. 接続センターで、 [Settings] (設定)>[Gateways] (ゲートウェイ) の順にタップします。
  2. [ゲートウェイの追加] をタップします。
  3. 次の情報を入力します。
    • ゲートウェイ名 - ゲートウェイとして使用するコンピューターの名前。 ゲートウェイ名には、Windows コンピューター名、インターネット ドメイン名、または IP アドレスを指定できます。 サーバー名に、ポート情報を追加することもできます (例: RDGateway:443 または 10.0.0.1:443)。
    • ユーザー名 - 接続先のリモート デスクトップ ゲートウェイに使用するユーザー名とパスワード。 [Use connection credentials](接続の資格情報を使用する) を選択して、リモート デスクトップ接続に使用したのと同じユーザー名とパスワードを使用することもできます。

このセクションでは、リモート デスクトップ セッションのナビゲートに使用できるツールについて説明します。

リモート デスクトップ接続を開始する

  1. リモート デスクトップ セッションを開始する場合は、リモート デスクトップ接続をタップします。
  2. リモート デスクトップ用の証明書を確認するように求められたら、 [Accept](受け入れる) をタップします。 既定で受け入れるには、[このコンピューターへの接続について今後確認しない][オン] に設定します。

接続バー

接続バーは、追加のナビゲーション コントロールへのアクセスを提供します。

  • パン コントロール:パン コントロールを使用すると、画面を拡大し、移動させることができます。 パン コントロールは、直接タッチでのみ使用できます。ます。
    • パン コントロールを有効または無効にするには、接続バーの [パン] アイコンをタップして、パン コントロールを表示します。 パン コントロールがアクティブになっている間、画面が拡大します。 コントロールを非表示にし、画面をその元の解像度に戻すには、接続バーの [パン] アイコンをもう一度タップします。
    • パン コントロールを使用するには、パン コントロールをタップして押したままにします。 押したまま、画面を移動する方向に指をドラッグします。
    • パン コントロールを移動するには、パン コントロールをダブルタップして押したままにし、画面上でコントロールを移動します。
  • 接続名:現在の接続名が表示されます。 セッションの選択バーを表示する接続名をタップします。
  • キーボード:キーボード アイコンをタップして、キーボードを表示したり非表示にします。 キーボードが表示されたら、パン コントロールが自動的に表示されます。
  • Move the connection bar (接続バーを移動) :接続バーをタップして押したままにします。 バーを押したまま、新しい位置までドラッグします。 バーを放して新しい位置に配置します。

セッションの選択

複数の接続を同時に別の Pc を開くことができます。 画面の左側にあるセッションの選択バーを表示する接続バーをタップします。 セッションの選択バーを使用すると、開いている接続を表示し、切り替えることができます。

セッションの選択バーでは、次の操作を実行できます。

  • 開いているリモート リソース セッションでアプリを切り替えるには、展開メニューをタップし、一覧からアプリを選択します。
  • [Start New](新たに開始) をタップして新しいセッションを開始してから、利用可能なセッションの一覧からセッションを選択します。
  • セッション タイルの左側にある [X] アイコンをタップして、セッションから切断します。

コマンド バー

コマンド バーには、バーの 8.0.1 バージョン以降では、ユーティリティが置き換えられます。 コマンド バーを使用してマウス モードを切り替え、接続センターに戻ることができます。

リモート セッションでタッチ ジェスチャやマウス モードを使用する

クライアントは、標準的なタッチ ジェスチャを使用します。 リモート デスクトップ上でマウス アクションをレプリケートするのにタッチ ジェスチャを使用することもできます。 使用できるマウス モードは、次の表で定義されます。

注意

Windows 8 以降では、ネイティブのタッチ ジェスチャは直接タッチ モードでサポートされています。 Windows 8 のジェスチャの詳細については、タッチ:スワイプ、タップなどに関するページを参照してください。

[マウス モード] マウス操作 ジェスチャ
直接タッチ 左クリック 1 本の指でタップする
直接タッチ 右ボタンのクリック 1 本の指でタップして押したままにする
マウス ポインター 左クリック 1 本の指でタップする
マウス ポインター 左クリックしてドラッグ 1 本の指でタップして押したまま、ドラッグする
マウス ポインター 右ボタンのクリック 2 本の指でタップする
マウス ポインター 右クリックしてドラッグ 2 本の指でダブルタップから長押しして、ドラッグする
マウス ポインター マウス ホイール 2 本の指でダブルタップして押したまま、上または下にドラッグする
マウス ポインター ズーム 2 本の指を使用し、ピンチして縮小し、指を開いて拡大する

サポートされている入力デバイスとリダイレクト

マウス入力

このクライアントには、アクセシビリティ機能として、 iOS 13 および iPadOS 用の Bluetooth マウス サポートがあります。 Swiftpoint GT または ProPoint マウスを使用すると、マウスをより高度に統合できます。 このクライアントでは、iOS および iPadOS と互換性がある外部キーボードもサポートされています。

デバイス サポートの詳細については、「iOS クライアント の新機能」および iOS App Storeを参照してください。

カメラのリダイレクト

カメラ リダイレクト プロトコル (MS-RDPECAM) では、デバイスの回転時など、カメラの使用中にカメラの解像度を動的に変更することはできません。 カメラを起動して再起動する必要があります。 たとえば、カメラ アプリでは、フロント カメラを使用している場合には、リア カメラに変更してから、フロント カメラに戻ります。

リモート セッションでキーボードを使用する

リモート セッションでは、スクリーン キーボードと物理的なキーボードのどちらでも使用できます。

スクリーン キーボードの場合、上部のバーの右端にあるボタンを使用して、標準キーボードと追加キーボードを切り替えられます。

iOS デバイスで Bluetooth が有効になっている場合、クライアントにより自動的に Bluetooth キーボードが検出されます。

特定のキーの組み合わせはリモート セッションで期待どおりに動作しない場合がありますが、CTRL+C、CTRL+V、ALT+TAB などの一般的な Windows キーの組み合わせの多くが機能します。

ヒント

意見やご質問はへようこそ は常にします。 ただし、この記事のコメント セクションにサポート リクエストや製品フィードバックを投稿していただいた場合、Microsoft ではお客様のフィードバックに対応することはできません。 ヘルプが必要な場合や、クライアントのトラブルシューティングが必要な場合は、リモート デスクトップ クライアント フォーラムにアクセスして、新しいスレッドを開始することを強くお勧めします。