常時オフライン モードを有効にしてファイルへのアクセス時間を短縮する

適用対象: Windows Server 2022、Windows 10、Windows 8、Windows 8.1、Windows Server 2019、Windows Server 2016、Windows Server 2012、Windows Server 2012 R2、Windows (半期チャネル)

このドキュメントでは、オフライン ファイルの常時オフライン モードを使用して、キャッシュされたファイルおよびリダイレクトされたフォルダーへのアクセス時間を短縮する方法について説明します。 常時オフラインでは帯域幅の使用量も抑制されます。なぜなら、高速ネットワーク接続を使用して接続していても、ユーザーは常にオフラインで作業しているためです。

前提条件

常時オフライン モードを有効にするには、お使いの環境が次の前提条件を満たしている必要があります。

  • Active Directory Domain Services (AD DS) ドメインが存在し、クライアント コンピューターがこのドメインに参加していること。 フォレストまたはドメインの機能レベルの要件やスキーマの要件はありません。
  • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows Server 2016、Wndows Server 2012 R2、または Windows Server 2012 を実行しているクライアント コンピューター。 (以前のバージョンの Windows を実行しているクライアント コンピューターは、非常に高速のネットワーク接続では引き続きオンライン モードに移行する可能性があります。)
  • グループ ポリシー管理がインストールされたコンピューター。

常時オフライン モードを有効にする

常時オフライン モードを有効にするには、グループ ポリシーを使用して [低速リンク モードを構成する] ポリシーの設定を有効にし、待機時間を 1 (ミリ秒) に設定します。 これにより、Windows 8 または Windows Server 2012 を実行しているクライアント コンピューターは、常時オフライン モードを自動的に使用します。

Note

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008 R2、または Windows Server 2008 を実行しているコンピューターは、ネットワーク接続の待機時間が 1 ミリ秒を下回ると、引き続きオンライン モードに移行する可能性があります。

  1. [グループ ポリシー管理] を開きます。
  2. 任意でオフライン ファイル設定の新しいグループ ポリシー オブジェクト (GPO) を作成するには、該当するドメインまたは組織単位 (OU) を右クリックし、 [このドメインに GPO を作成し、このコンテナーにリンクする] を選択します。
  3. コンソール ツリーで、オフライン ファイル設定を構成する GPO を右クリックし、 [編集] を選択します。 グループ ポリシー管理エディターが表示されます。
  4. コンソール ツリーの [コンピューターの構成] で、 [ポリシー][管理用テンプレート][ネットワーク][オフライン ファイル] の順に展開します。
  5. [低速リンク モードを構成する] を右クリックし、 [編集] を選択します。 [低速リンク モードを構成する] ウィンドウが表示されます。
  6. [有効] をクリックします。
  7. [オプション] ボックスで、 [表示] を選択します。 [内容の表示] ウィンドウが表示されます。
  8. [値の名前] ボックスに、常時オフライン モードを有効にするファイル共有を指定します。
  9. すべてのファイル共有で常時オフライン モードを有効にするには、「 * 」を入力します。
  10. [値] ボックスに「Latency=1」と入力して、待機時間のしきい値を 1 ミリ秒に設定し、 [OK] を選択します。

Note

既定では、常時オフライン モードのときは、Windows は、2 時間おきにバックグラウンドでオフライン ファイル キャッシュ内のファイルを同期します。 この値を変更するには、 [バックグラウンド同期を構成する] ポリシー設定を使用します。

説明を見る