Android デバイスまたはエミュレーターでテストする

Windows マシンで実際のデバイスまたはエミュレーターを使用して Android アプリケーションをテストおよびデバッグする方法はいくつかあります。 このガイドでは、いくつかの推奨事項の概要について説明しました。

実際の Android デバイスで実行する

実際の Android デバイスでアプリを実行するには、まず、開発用に Android デバイスを有効にする必要があります。 Android の [開発者向けオプション] は、バージョン 4.2 以降、既定では非表示になっており、これを有効にする方法は Android のバージョンによって異なる場合があります。

デバイスを開発用に有効にする

Android 9.0 以降の最新バージョンを実行しているデバイスの場合:

  1. USB ケーブルを使用して、デバイスを Windows 開発用コンピューターに接続します。 USB ドライバーをインストールするように通知される場合があります。
  2. Android デバイスで、[設定] 画面を開きます。
  3. [端末情報] を選択します。
  4. 一番下までスクロールし、「これでデベロッパーになりました!」 と表示されるまで、[ビルド番号] を 7 回タップします。
  5. 前の画面に戻り、[システム] を選択します。
  6. [詳細設定] を選択し、一番下までスクロールして、[開発者オプション] をタップします。
  7. [開発者オプション] ウィンドウで、下にスクロールして [USB デバッグ] を見つけて有効にします。

以前のバージョンの Android を実行しているデバイスについては、「 開発用にデバイスをセットアップする」を参照してください。

デバイスでアプリを実行する

  1. Android Studio ツールバーで、[実行構成] ドロップダウン メニューからアプリを選択します。

    Android Studio Run Configuration menu

  2. [ターゲット デバイス] ドロップダウン メニューから、アプリを実行するデバイスを選択します。

    Android Studio Target Device menu

  3. [実行 ▷] を選択します。 これにより、接続されているデバイスでアプリが起動します。

エミュレーターを使用して仮想 Android デバイスでアプリを実行する

Windows マシンで Android エミュレーターを実行することについて最初に知っておくべきことは、IDE (Android Studio、Visual Studio など) に関係なく、仮想化サポートを有効にすることでエミュレーターのパフォーマンスが大幅に向上するということです。

仮想化サポートを有効にする

Android エミュレーターで仮想デバイスを作成する前に、Hyper-V と Windows ハイパーバイザー プラットフォーム (WHPX) の機能をオンにして、仮想化を有効にすることをお勧めします。 これにより、コンピューターのプロセッサでエミュレーターの実行速度を大幅に向上させることができます。

Hyper-V と Windows ハイパーバイザー プラットフォームを実行するには、コンピューターで次のことが必要です。

  • 4 GB のメモリが使用可能であること
  • 64 ビットの Intel プロセッサまたは AMD Ryzen CPU と第 2 レベルのアドレス変換 (SLAT) があること
  • Windows 10 ビルド 1803 以上を実行していること (ビルド番号を確認する)
  • グラフィックス ドライバーが更新されていること ([デバイス マネージャー] > [ディスプレイ アダプター] > [ドライバーの更新])

マシンがこの基準を満たしていなくても、Intel HAXM または AMD Hypervisor を実行できる可能性があります。 詳細については、「エミュレーターのパフォーマンスのためのハードウェア アクセラレーション」または「Android Studio Emulator のドキュメント」の記事を参照してください。

  1. コマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力して、コンピューターのハードウェアとソフトウェアが Hyper-V と互換性があることを確認します。systeminfo

    Hyper-V requirements from systeminfo in command prompt

  2. Windows 検索ボックス (左下) で、「Windows の機能」と入力します。 検索結果から、[Windows の機能の有効化または無効化] を選びます。

  3. [Windows の機能] リストが表示されたら、スクロールして [Hyper-V] (管理ツールとプラットフォームの両方を含む) と [Windows ハイパーバイザー プラットフォーム] を見つけます。確実に両方とも有効にするためにチェックボックスをオンにしてから [OK] を選択します。

  4. 求められた場合はコンピューターを再起動します。

Android Studio を使用したネイティブ開発用のエミュレーター

Android のネイティブ アプリをビルドしてテストする場合は、Android Studio を使用することをお勧めします。 アプリをテストする準備ができたら、次の方法でアプリをビルドして実行できます。

  1. Android Studio ツールバーで、[実行構成] ドロップダウン メニューからアプリを選択します。

    Android Studio Run Configuration menu

  2. [ターゲット デバイス] ドロップダウン メニューから、アプリを実行するデバイスを選択します。

    Android Studio Target Device menu

  3. [実行 ▷] を選択します。 これにより、Android Emulator が起動します。

ヒント

アプリがエミュレーター デバイスにインストールされると、Apply Changes を使用して、新しい APK を作成せずに特定のコードとリソースの変更をデプロイできます。 詳細については、「Android 開発者ガイド」を参照してください。

Visual Studio を使用したクロスプラットフォーム開発用のエミュレーター

Windows PC で利用できる Android Emulator のオプションは数多くあります。 最新の Android OS イメージと Google Play サービスへのアクセスを提供するため、Google の Android Emulator の使用をお勧めします。

Visual Studio で Android Emulator をインストールする

  1. まだインストールしていない場合は、Visual Studio 2019 をダウンロードしてください。 Visual Studio インストーラーを使用してワークロードを変更し、.NET ワークロードを使用したモバイル開発があることを確認します。

  2. 新しいプロジェクトを作成します。 Android Emulator を設定したら、Android Device Manager を使用して、さまざまな Android 仮想デバイスを作成、複製、カスタマイズ、および起動できます。 [ツール]>[Android]>[Android デバイス マネージャー] を使用して [ツール] メニューから Android デバイス マネージャーを起動します。

  3. Android デバイス マネージャーが開いたら、[+ 新規] を選択して新しいデバイスを作成します。

  4. デバイスに名前を付け、ドロップダウン メニューから基本デバイスの種類を選択し、プロセッサ、OS バージョン、および仮想デバイスの他のいくつかの変数を選択する必要があります。 詳細については、「Android デバイス マネージャーのメイン画面」を参照してください。

  5. Visual Studio ツールバーで、[デバッグ] (アプリの起動後にエミュレーター内で実行されているアプリケーション プロセスに接続する) または [リリース] モード (デバッガーを無効にする) のいずれかを選択します。 次に、[デバイス]ドロップダウン メニューから仮想デバイスを選択し、[再生] ボタン ▷ を選択して、エミュレーターでアプリケーションを実行します。

    Visual Studio launch Android Emulator

その他のリソース