タイルのコンテンツのスキーマ

ここでは、タイルのコンテンツ内にあるすべてのプロパティと要素について説明します。

Notifications ライブラリではなく生の XML を使う場合は、「XML スキーマ」をご覧ください。

TileContent

TileContent

TileContent は、視覚効果などのタイル通知のコンテンツを説明する最上位のオブジェクトです。

プロパティ Type 必須 説明
Visual ToastVisual true タイル通知の視覚的な部分について説明します。

TileVisual

タイルの視覚的な部分には、すべてのタイルのサイズを対象とした視覚的な仕様、および視覚に関連するプロパティが含まれています。

プロパティ Type 必須 説明
TileSmall TileBinding false 小さいタイルのサイズに対応したコンテンツを指定するための、小さいバインディングが提供されます (オプション)。
TileMedium TileBinding false 中型のタイルのサイズに対応したコンテンツを指定するための、中型のバインディングが提供されます (オプション)。
TileWide TileBinding false ワイドなタイルのサイズに対応したコンテンツを指定するための、ワイド サイズのバインディングが提供されます (オプション)。
TileLarge TileBinding false 大きいタイルのサイズに対応したコンテンツを指定するための、大きいバインディングが提供されます (オプション)。
ブランド化 TileBranding false アプリのブランドを表示するためにタイルで使用されるフォームです。 既定では、既定のタイルからブランド化を継承します。
DisplayName string false この通知が表示されているときにタイルの表示名を上書きする文字列です (オプション)。
引数 string false Anniversary Update の新機能: アプリで定義されたデータです。ユーザーがライブ タイルからアプリを起動したときに、LaunchActivatedEventArgs の TileActivatedInfo プロパティを使用してアプリに戻されます。 これにより、ユーザーがライブ タイルをタップしたときに表示されたタイル通知がどれであるかがわかります。 Anniversary Update が適用されていないデバイスでは、このプロパティは無視されるだけです。
LockDetailedStatus1 string false これを指定する場合は、TileWide バインディングも指定する必要があります。 このプロパティは、ユーザーがタイルを状態の詳細を表示するアプリとして選択した場合に、ロック画面に表示されるテキストの最初の行に該当します。
LockDetailedStatus2 string false これを指定する場合は、TileWide バインディングも指定する必要があります。 このプロパティは、ユーザーがタイルを状態の詳細を表示するアプリとして選択した場合に、ロック画面に表示されるテキストの 2 行目に該当します。
LockDetailedStatus3 string false これを指定する場合は、TileWide バインディングも指定する必要があります。 このプロパティは、ユーザーがタイルを状態の詳細を表示するアプリとして選択した場合に、ロック画面に表示されるテキストの 3 行目に該当します。
BaseUri Uri false 画像ソースの属性において相対 URL と組み合わされる、既定のベース URL です。
AddImageQuery bool? false true に設定すると、トースト通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。
Language string false ローカライズされたリソースを使用する際の視覚的なペイロードの対象ロケールです。"en-US" や "fr-FR" のように BCP-47 言語タグとして指定されます。 このロケールは、バインディングかテキストで指定されるあらゆるロケールによって上書きされます。 未指定の場合は、システム ロケールが代わりに使用されます。

TileBinding

バインディング オブジェクトには、特定のタイルのサイズに対応した視覚的なコンテンツが含まれています。

プロパティ Type 必須 説明
コンテンツ ITileBindingContent false タイルに表示される視覚的なコンテンツです。 TileBindingContentAdaptiveTileBindingContentIconicTileBindingContentContactTileBindingContentPeople、または TileBindingContentPhotos のいずれかです。
ブランド化 TileBranding false アプリのブランドを表示するためにタイルで使用されるフォームです。 既定では、既定のタイルからブランド化を継承します。
DisplayName string false このタイルのサイズに対応したタイルの表示名を上書きする文字列です (オプション)。
引数 string false Anniversary Update の新機能: アプリで定義されたデータです。ユーザーがライブ タイルからアプリを起動したときに、LaunchActivatedEventArgs の TileActivatedInfo プロパティを使用してアプリに戻されます。 これにより、ユーザーがライブ タイルをタップしたときに表示されたタイル通知がどれであるかがわかります。 Anniversary Update が適用されていないデバイスでは、このプロパティは無視されるだけです。
BaseUri Uri false 画像ソースの属性において相対 URL と組み合わされる、既定のベース URL です。
AddImageQuery bool? false true に設定すると、トースト通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。
Language string false ローカライズされたリソースを使用する際の視覚的なペイロードの対象ロケールです。"en-US" や "fr-FR" のように BCP-47 言語タグとして指定されます。 このロケールは、バインディングかテキストで指定されるあらゆるロケールによって上書きされます。 未指定の場合は、システム ロケールが代わりに使用されます。

ITileBindingContent

タイルのバインディング コンテンツのマーカー インターフェイスです。 これらを使用することで、タイルをどのように表示するかを選択できます。アダプティブ、または特別なテンプレートのいずれかを選択できます。

実装
TileBindingContentAdaptive
TileBindingContentIconic
TileBindingContentContact
TileBindingContentPeople
TileBindingContentPhotos

TileBindingContentAdaptive

すべてのサイズでサポートされます。 タイルのコンテンツを指定する場合に推奨される方法です。 アダプティブ タイル テンプレートは Windows 10 の新機能で、アダプティブなプロパティを利用してさまざまなカスタム タイルを作成できます。

プロパティ Type 必須 説明
Children IList<ITileBindingContentAdaptiveChild> false インラインの視覚要素です。 AdaptiveTextAdaptiveImage、および AdaptiveGroup の各オブジェクトを追加することができます。 子は、垂直方向の StackPanel 形式で表示されます。
BackgroundImage TileBackgroundImage false すべてのタイルのコンテンツの後ろに表示される背景画像です (オプション)。フルブリードで表示されます。
PeekImage TilePeekImage false タイルでアニメーション化されるプレビュー画像です (オプション)。
TextStacking TileTextStacking false 子のコンテンツ全体を対象としたテキストの積み重ね (縦方向の配置) を制御します。

AdaptiveText

アダプティブなテキスト要素です。

プロパティ Type 必須 説明
[テキスト] string false 表示するテキスト。
HintStyle AdaptiveTextStyle false このスタイルは、テキストのフォント サイズ、太さ、および不透明度を制御します。
HintWrap bool? false true に設定すると、テキストの折り返しが有効になります。 既定は false です。
HintMaxLines int? false 表示が許可される、テキスト要素の最大行数です。
HintMinLines int? false 表示する必要のある、テキスト要素の最小行数です。
HintAlign AdaptiveTextAlign false テキストの水平方向の配置。
Language string false XML ペイロードの対象ロケールです。"en-US" や "fr-FR" のように BCP-47 言語タグとして指定されます。 ここで指定されたロケールは、バインディングか視覚的な要素で指定されたその他のあらゆるロケールを上書きします。 この値がリテラル文字列の場合、この属性の既定値はユーザーの UI 言語になります。 この値が文字列リファレンスの場合、この属性の既定値は、文字列を解決する際に Windows ランタイムで選択されたロケールになります。

AdaptiveTextStyle

テキスト スタイルは、フォント サイズ、太さ、および不透明度を制御します。 "Subtle" の不透明度は 60% の不透明度になります。

意味
既定 既定値です。 スタイルがレンダラーによって決定されます。
Caption 段落のフォント サイズより小さいサイズです。
CaptionSubtle Caption と同じですが、不透明度が Subtle です。
本文 段落本文のフォント サイズです。
BodySubtle Body と同じですが、不透明度が Subtle です。
Base 段落本文のフォント サイズで、太字です。 基本的には、Body の太字バージョンと言えます。
BaseSubtle Base と同じですが、不透明度が Subtle です。
Subtitle H4 のフォント サイズです。
SubtitleSubtle Subtitle と同じですが、不透明度が Subtle です。
Title H3 のフォント サイズです。
TitleSubtle Title と同じですが、不透明度が Subtle です。
TitleNumeral Title と同じですが、上/下のパディングが削除されます。
Subheader H2 のフォント サイズです。
SubheaderSubtle Subheader と同じですが、不透明度が Subtle です。
SubheaderSubtle Subheader と同じですが、上/下のパディングが削除されます。
Header H1 のフォント サイズです。
HeaderSubtle Header と同じですが、不透明度が Subtle です。
HeaderNumeral Header と同じですが、上/下のパディングが削除されます。

AdaptiveTextAlign

テキストの水平方向の配置を制御します。

意味
既定 既定値です。 配置がレンダラーによって自動的に決定されます。
Auto 配置が現在の言語とカルチャによって決定されます。
Left テキストを左側に水平方向に配置します。
Center テキストを中央に水平方向に配置します。
Right テキストを右側に水平方向に配置します。

AdaptiveImage

インライン画像です。

プロパティ Type 必須 説明
ソース string true 画像への URL です。 ms-appx、ms-appdata、および http がサポートされます。 Fall Creators Update の時点で、Web 画像の上限は通常の接続で 3 MB、従量制課金接続で 1 MB です。 まだ Fall Creators Update を実行していないデバイスでは、Web イメージは 200 KB を上限とします。
HintCrop AdaptiveImageCrop false 必要な画像トリミングを制御します。
HintRemoveMargin bool? false 既定では、グループ/サブグループ内の画像には周囲に 8 ピクセルの余白があります。 このプロパティを true に設定することで余白を削除できます。
HintAlign AdaptiveImageAlign false 画像の水平方向の配置です。
AlternateText string false アクセシビリティ対応目的で使用される、画像を説明する代替テキストです。
AddImageQuery bool? false "true" に設定すると、タイル通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。

AdaptiveImageCrop

必要な画像トリミングを指定します。

意味
既定 既定値です。 トリミングの動作がレンダラーによって決定されます。
なし 画像がトリミングされません。
画像が円形にトリミングされます。

AdaptiveImageAlign

画像の水平方向の配置を指定します。

意味
既定 既定値です。 配置の動作がレンダラーによって決定されます。
Stretch 利用可能な幅いっぱいに画像が拡大されます (また同時に、画像が配置される位置に応じて、利用可能な高さいっぱいに拡大されることもあります)。
Left 画像を左側に配置し、ネイディブの解像度で表示します。
Center 画像を中央に水平方向に配置し、ネイティブの解像度で表示します。
Right 画像を右側に配置し、ネイディブの解像度で表示します。

AdaptiveGroup

グループは、グループ内のコンテンツについて、全体を表示すべきか、収まりきらない場合は全体を表示すべきでないかを意味的に識別します。 複数の列を作成することも可能にします。

プロパティ Type 必須 説明
Children IList<AdaptiveSubgroup> false サブグループが垂直方向の列として表示されます。 AdaptiveGroup 内の任意のコンテンツを提供するにはサブグループを使用する必要があります。

AdaptiveSubgroup

サブグループは垂直方向の列で、テキストと画像を含めることができます。

プロパティ Type 必須 説明
Children IList<IAdaptiveSubgroupChild> false AdaptiveTextAdaptiveImage は、サブグループの有効な子です。
HintWeight int? false 別のサブグループを基準として太さを指定することで、このサブグループの列の幅を制御します。
HintTextStacking AdaptiveSubgroupTextStacking false このサブグループのコンテンツの垂直方向の配置を制御します。

IAdaptiveSubgroupChild

サブグループの子のマーカー インターフェイスです。

実装
AdaptiveText
AdaptiveImage

AdaptiveSubgroupTextStacking

TextStacking は、コンテンツの垂直方向の配置を指定します。

意味
既定 既定値です。 レンダラーが既定の垂直方向の配置を自動的に選択します。
上位 上に合わせて垂直に配置されます。
Center 中央に合わせて垂直に配置されます。
下に合わせて垂直に配置されます。

TileBackgroundImage

タイルにフルブリードで表示される背景画像です。

プロパティ Type 必須 説明
ソース string true 画像への URL です。 ms-appx、ms-appdata、および http(s) がサポートされます。 http の画像は、サイズを 200 KB 以下にする必要があります。
HintOverlay int? false 背景画像での黒のオーバーレイです。 この値は、黒のオーバーレイの不透明度を制御します。0 ではオーバーレイなし、100 は完全な黒を表します。 既定値は 20 です。
HintCrop TileBackgroundImageCrop false 1511 の新着機能: 画像をトリミングする方法を指定します。 1511 よりも前のバージョンでは、このプロパティは無視され、背景画像はトリミングなしで表示されます。
AlternateText string false アクセシビリティ対応目的で使用される、画像を説明する代替テキストです。
AddImageQuery bool? false "true" に設定すると、タイル通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。

TileBackgroundImageCrop

背景画像のトリミングを制御します。

意味
既定 トリミングがレンダラーの既定の動作を使用します。
なし 画像がトリミングされず、正方形で表示されます。
画像が円形にトリミングされます。

TilePeekImage

タイルでアニメーション化されるプレビュー画像です。

プロパティ Type 必須 説明
ソース string true 画像への URL です。 ms-appx、ms-appdata、および http(s) がサポートされます。 http の画像は、サイズを 200 KB 以下にする必要があります。
HintOverlay int? false 1511 の新機能: プレビュー画像上に設定される黒のオーバーレイです。 この値は、黒のオーバーレイの不透明度を制御します。0 ではオーバーレイなし、100 は完全な黒を表します。 既定値は 20 です。 以前のバージョンでは、このプロパティは無視され、プレビュー画像は値 0 (オーバーレイなし) で表示されます。
HintCrop TilePeekImageCrop false 1511 の新着機能: 画像をトリミングする方法を指定します。 1511 よりも前のバージョンでは、このプロパティは無視され、プレビュー画像はトリミングなしで表示されます。
AlternateText string false アクセシビリティ対応目的で使用される、画像を説明する代替テキストです。
AddImageQuery bool? false "true" に設定すると、タイル通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。

TilePeekImageCrop

プレビュー画像のトリミングを制御します。

意味
既定 トリミングがレンダラーの既定の動作を使用します。
なし 画像がトリミングされず、正方形で表示されます。
画像が円形にトリミングされます。

TileTextStacking

テキストの積み重ねは、コンテンツの垂直方向の配置を指定します。

意味
既定 既定値です。 レンダラーが既定の垂直方向の配置を自動的に選択します。
上位 上に合わせて垂直に配置されます。
Center 中央に合わせて垂直に配置されます。
下に合わせて垂直に配置されます。

TileBindingContentIconic

小さいサイズおよび中型のサイズでサポートされます。 アイコン タイル テンプレートを有効にします。このテンプレートを利用すると、Windows Phone のクラシック スタイルのように、タイル上でアイコンとバッジを並べて表示することができます。 アイコンの横に示される番号の設定は、個別のバッジ通知に基づいて行われます。

プロパティ Type 必須 説明
アイコン TileBasicImage true 少なくとも、デスクトップとモバイル、および小さいタイルと中型のタイルの両方をサポートするために、縦横比が正方形となる画像を、解像度 200 x 200、PNG 形式で指定します。また、不透明度と色 (白のみ) も指定します。 詳しくは、「特別なタイル テンプレート」をご覧ください。

TileBindingContentContact

モバイルのみに使用できます。 小さいサイズ、中型のサイズ、ワイド サイズでサポートされます。

プロパティ Type 必須 説明
イメージ TileBasicImage true 表示するイメージ。
[テキスト] TileBasicText false 表示されるテキストの行です。 小さいタイルには表示されません。

TileBindingContentPeople

1511 の新機能: 中型のサイズ、ワイド サイズ、大きいサイズでサポートされます (デスクトップおよびモバイル)。 以前、このプロパティはモバイルのみに対応しており、中型のサイズとワイド サイズでサポートされていました。

プロパティ Type 必須 説明
イメージ IList<TileBasicImage> true 円形に表示される画像です。

TileBindingContentPhotos

写真のスライドショーを使用してアニメーション化します。 すべてのサイズでサポートされます。

プロパティ Type 必須 説明
イメージ IList<TileBasicImage> true 最大で 12 枚の画像を指定できます (モバイルの場合は 9 枚まで表示できます)。これらの画像はスライドショーに使用されます。 12 枚を超える画像を指定すると、例外がスローされます。

TileBasicImage

さまざまな特別なテンプレートで使用される画像です。

プロパティ Type 必須 説明
ソース string true 画像への URL です。 ms-appx、ms-appdata、および http(s) がサポートされます。 http の画像は、サイズを 200 KB 以下にする必要があります。
AlternateText string false アクセシビリティ対応目的で使用される、画像を説明する代替テキストです。
AddImageQuery bool? false "true" に設定すると、タイル通知で指定された画像 URL に Windows がクエリ文字列を追加できるようになります。 この属性は、サーバーが画像をホストしていてクエリ文字列を処理できる場合に使用します。サーバーがこのために、クエリ文字列に基づいて画像の変化形を取得しているか、またはクエリ文字列を無視して使わずに指定の画像を返しているかどうかは問いません。 このクエリ文字列は、スケール、コントラスト設定、言語を指定します。たとえば、通知で指定された "www.website.com/images/hello.png" の値は "www.website.com/images/hello.png?ms-scale=100&ms-contrast=standard&ms-lang=en-us" になります。

TileBasicText

さまざまな特別なテンプレートで使用される基本的なテキスト要素です。

プロパティ Type 必須 説明
[テキスト] string false 表示するテキスト。
Language string false XML ペイロードの対象ロケールです。"en-US" や "fr-FR" のように BCP-47 言語タグとして指定されます。 ここで指定されたロケールは、バインディングか視覚的な要素で指定されたその他のあらゆるロケールを上書きします。 この値がリテラル文字列の場合、この属性の既定値はユーザーの UI 言語になります。 この値が文字列リファレンスの場合、この属性の既定値は、文字列を解決する際に Windows ランタイムで選択されたロケールになります。