Windows 11 のジオメトリ

Rounded corners and element spacing in Windows 11

ジオメトリは、画面の UI 要素の形状、サイズ、位置を表しています。 これらの基本的なデザイン要素は、デザイン システム全体でエクスペリエンスの一貫性を持たせるのに役立ちます。

Windows 11 のジオメトリは、最新アプリのエクスペリエンスをサポートするように作られています。 徐々に丸くなる角、入れ子になった要素、および一貫性のある間隔の組み合わせにより、目的の統一性と使いやすさを重視した、ソフトで落ち着きがあり、親しみやすい効果が実現されています。

丸い角

Dialog with rounded corners

Windows 11 では、すべてのトップレベル アプリ ウィンドウに丸い角が適用されます。 これは、ボタンやリスト ビューなどのほとんどの共通コントロールにも当てはまります (詳細については、「最新の共通コントロールを使用する」を参照してください)。

Windows 11 では、どの UI コンポーネントを丸めるか、また隣接する要素を基準としてそのコンポーネントがどのように配置されるかに応じて、3 つのレベルの丸めが使用されます。

角の半径 使用
8px アプリのウィンドウ、ポップアップ、ダイアログなどのトップレベル コンテナーは、角の半径 8px を使用して丸められます。
4px ボタンやリストのバックプレートなどのページ内要素は、角の半径 4px を使用して丸められります。
0px 他の直線と交差する直線は丸められません。
0px スナップされているウィンドウや最大化されているウィンドウの角は丸められません。