Share via


Windows のアイコン

アプリ アイコンは、ユーザーがアプリケーションを見つけて起動するのに役立つ視覚的なインジケーターです。

これはアプリの第一印象であり、それが優れたアプリであることを確認するのに役立ちます。 この記事では、Windows エコシステムで最高のエクスペリエンスを提供するための Windows アプリ アイコンの設計と実装のベスト プラクティスについて説明します。

アプリ アイコンはどこに表示されますか?

Windows 11 デスクトップの抽象的なイメージを示す図。

Windows のさまざまな場所にアプリ アイコンが表示される

  • [スタート] メニュー
  • スタート メニューの [すべてのアプリ] リスト
  • タスク バー
  • スプラッシュ スクリーン
  • アプリのタイトル バー
  • [検索結果]
  • 通知
  • "Open with" list
  • タスク マネージャー
  • Jumplists
  • 設定
  • [共有] ダイアログ

優れたアプリ アイコンの原則

シンプルな状態を保つ

クリーン、シンプルで時代を超越したデザインを作成する - アイコンは、アプリを表す簡単な視覚的な手掛かりです。 シンプルでわかりやすいデザインは、ユーザーがアプリをより迅速に認識するのに役立ちます。

ユニバーサルに保つ

アクセシビリティ、招待性、理解しやすい ものにする - 複雑なフォームや過度に抽象的なフォームを避けます。 複雑な形状は、一部の文化では適切であっても、他の文化では適切ではない場合があります。 包括的なアイコンは、すべてのユーザーに適しています。 私たちは、人間の統一に焦点を当てています - 私たちの動機、関係、および能力。 人間の能力を拡張し、帰属意識を生み出す設計を行います。

より少なく、より良い

すべての詳細が慎重に作成されると、喜びが起こります - 最高のアプリは美しいデザインと信頼性の高いエクスペリエンスを提供します。 アイコンは、単純なフォームを使用して単一の要素でアプリを示す必要があります。

アプリのアイコンを設計して作成する

メタファー、図形、色、影を使用して、アプリの美しく機能的なアイコンをデザインする方法について説明します。

任意の画面で、任意のサイズに見えるアイコンを作成します。

アプリがWindows 10をサポートしている場合は、アプリのアイコンがライブ タイルに表示されます。 Windows 10のアイコンに関するその他の考慮事項の詳細