デスクトップ アプリから MSIX フレームワーク パッケージを動的に使用する

Windows App SDK と Windows 11 OS のどちらでも、"動的依存関係" と呼ばれる機能を使用することにより、アプリで実行時に MSIX フレームワーク パッケージを動的に参照して使用できます。 この機能は、主として、MSIX フレームワーク パッケージによって提供される API や他のコンテンツを使用するために、パッケージ化されていないデスクトップ アプリによって使用されます。

動的依存関係機能を使用する最も一般的なシナリオは、パッケージ化されていないアプリで Windows App SDK フレームワーク パッケージを参照する場合です。 一部のシナリオでは、動的依存関係機能を使用して、WinUI 2 のフレームワーク パッケージや DirectX ランタイムなど、パッケージ化されていないアプリから異なるフレームワーク パッケージを参照することができます。

動的依存関係機能の概要と、アプリでのその使用に関するガイダンスについては、次の記事を参照してください。

[アーティクル] 説明
MSIX フレームワーク パッケージと動的依存関係 MSIX フレームワーク パッケージに関連する重要な概念を紹介し、動的依存関係機能の目的について説明します。 この記事には、フレームワーク パッケージ参照に対するパッケージ グラフと、フレームワーク パッケージのサービス モデルについての詳細が含まれます。
外部の場所でパッケージ化されたアプリまたはパッケージ化されていないアプリの Windows App SDK ランタイムを使用する 実行時にパッケージ化されていないアプリで Windows App SDK フレームワーク パッケージの依存関係を動的に取得する方法について説明します。 このシナリオでは、パッケージ化されていないアプリで Windows App SDK の機能を使用できます。
実行時にフレームワーク パッケージを参照する 動的依存関係 API を使用して、実行時にパッケージ化されていないアプリで異なるフレームワーク パッケージ (Windows App SDK フレームワーク パッケージ以外) の依存関係を動的に取得する方法について説明します。

Windows 上でパッケージ化されたデスクトップ アプリが動作するしくみ

デスクトップ アプリケーションの Windows アプリ パッケージを作成したときのファイルとレジストリ エントリの動作の詳細については、「Windows でパッケージ化されたデスクトップ アプリが動作するしくみについて」を参照してください。