UWP から Windows App SDK への移行について

ユニバーサル Windows プラットフォーム (UWP) の現在の機能に満足している場合は、プロジェクトの種類を移行する必要はありません。 WinUI 2.x と Windows SDK では、UWP プロジェクトの種類がサポートされています。

ただし、アプリを UWP から Windows App SDK に移行することに決めた場合、大部分の UI コードでは名前空間のいくつかの変更が必要です。 プラットフォーム コードの多くは同じままにできます。 デスクトップ アプリと UWP アプリの違いにより、いくつかのコードを調整する必要があります。 ただし、ほとんどのアプリ (もちろん、コードベースのサイズに応じて) では、移行には数週間ではなく数日ほどかかります。 大まかな手順は次のとおりです。

  1. 最初の WinUI 3 プロジェクトのパッケージ化されたデスクトップ プロジェクトを作成します。 これは、既存のソリューションに入れることができます。
  2. XAML/UI コードをコピーします。 多くの場合、単に名前空間を変更できます (たとえば、Windows.UI.* から Microsoft.UI.*)。
  3. アプリのロジック コードをコピーします。 一部の API では、PopupPickerSecondaryTile などの調整が必要です。

詳細については、UWP から Windows App SDK への移行に関する記事を参照してください。 この移行のドキュメントでは、さまざまな違いの間を移行する方法について説明します。

そのコンテンツ内では、UWP から WinUI 3 への移行時にサポートされる機能を特にメモしておきます。 このトピックでは、WinUI 3 と Windows App SDK でまだサポートされていない機能について説明します。 アプリでこれらの機能やライブラリのいずれかが必要な場合は、移行を待つことを検討してください。