Share via


サンプルとリソース

このページには、Windows 用アプリの開発を効率化できるリソースへのリンクが含まれています。 サンプル アプリとツールキットのほか、特定のタスク、機能、API の使用パターンを示すコード サンプルや、開発環境を強化するためのツールなどがあります。

机に座る開発者

WinUI 3 ギャラリー

WinUI 3 ギャラリー アプリを使用すると、すべての XAML UI コンポーネントを対話形式で表示できます。 このアプリは Fluent Design ガイドラインの対話型コンパニオンであり、WinUI 3 のコントロール、機能、スタイルの例が用意されています。

Microsoft Store からアプリを入手するか、GitHub (microsoft/WinUI-Gallery) でソース コードを入手できます。

入力 および コンポジション ギャラリー

このサンプル アプリを使用して、アプリをカスタマイズして差別化を図る独創的な方法を示すサンプルのコレクションを参照し、GitHub で付属のコードをチェックして、コードの作成方法を確認します。 Fluent Design System の構成要素である、さまざまな Microsoft.UI.Composition API と Microsoft.UI.Input API が公開されています。

Microsoft Store からアプリを入手するか、GitHub (microsoft/WindowsCompositionSamples) でソース コードを入手できます。

ツールキットとヘルパー

Windows コミュニティ ツールキット

Windows Community Toolkit は、ヘルパー関数、カスタム コントロール、およびアプリ サービスのコレクションです。 Windows 向けのアプリを構築する際に、一般的な開発タスクの単純化およびデモンストレーションに役立ちます。 ツールキットの使用方法の詳細については、「Windows Community Toolkit の概要」を参照してください。

Microsoft Store から Windows Community Toolkit ギャラリー アプリを入手して、実際のアプリでコントロールを確認したり、GitHub (CommunityToolkit/Windows) でソース コードを取得したりできます。

Template Studio

WinUI 用 Template Studio では、ウィザードベースの UI を使用して、新しい WinUI アプリをより迅速に作成することができます。 C# と MVVM Toolkit を使用してアプリを作成できます。

Visual Studio Marketplace から拡張機能を取得するか、GitHub (microsoft/TemplateStudio) でソース コードを取得することができます。

重要

WinUI 用 Template Studio で作成できるのは、MVVM デザイン パターンを使用するアプリのみです。 標準のコードビハインド パターンを使用するアプリの作成はサポートされていません。

Windows App SDK / WinUI 3 サンプル

このリストに含まれるサンプルは、Windows アプリ SDK と WinUI 3 の機能を示しています。 サンプルのより広範なカタログについては、サンプル ブラウザーを参照してください。

このリストに掲載されているサンプルのほとんどには、Visual Studioで開くことができるソリューション (.sln) ファイルが含まれています。 追加の手順については、各リソースの Readme を参照してください。

これらのサンプルは、GitHub の メインの Windows アプリ SDK サンプル リポジトリ (microsoft/WindowsAppSDK-Samples) にあります。

特定のタスクを示すサンプル

サンプル タスク
ライセンス認証 アプリのアクティブ化の種類の処理 アプリのアクティブ化 API は、アプリが LaunchFileProtocol などのアクティブ化の種類を処理する方法を制御します。
アプリのインスタンス化 アプリケーションのインスタンス化の動作を決定しますアプリインスタンス化 API は、ユーザーがアプリケーションの複数のインスタンスを同時に実行できるかどうかを制御します。
電源通知 状態通知を使用します状態通知を使用すると、ユーザーのデバイスが低電力モードなどの特定の状態に入ったことを検出できます。
Restart アプリをプログラムで再起動します。 このサンプルでは、Windows App SDK の再起動 API を使用します。
リソース管理 ユーザーとデバイスの設定に合わせてアプリを調整しますMRT Core リソース管理 API を使用すると、リソース使用率を特定の状況に合わせて調整できます。
Deployment Manager Deployment API を呼び出し、Windows アプリケーション フレームワーク コンポーネントが最新であることを確認します。
インストーラー コンソール ウィンドウを使用せずに、Windows App SDK インストーラーを起動します。
DWriteCore を使用した TextRendering DWriteCore API を使用してテキストをレンダリングします。
非パッケージ 外部の場所を使用してパッケージ化されたフレームワーク依存アプリまたはパッケージ化されていないフレームワーク依存アプリの Windows App SDK 展開ガイドです。パッケージ化されたアプリの展開アーキテクチャの代わりに使用できます。
動的な依存関係 動的依存関係 API を使用して、実行時に MSIX パッケージを参照する」に示されている手法を示します。
プッシュ通知 アプリケーションにプッシュ通知を追加しますプッシュ通知を使用して、デバイス ネイティブのアプリ通知をユーザーに送信できます。
アプリの通知 アプリにトースト通知を追加します。 詳細については、「アプリ通知」を参照してください。
カスタム コントロール C#/WinRT を使用して Windows ランタイム コンポーネントを作成する」で示されているパターンを使用して、カスタム C#/WinRT コントロールをアプリに追加します。
ウィンドウ設定 アプリにウィンドウ設定のサポートを追加して、新しいウィンドウの作成/非表示、タイトルバーのカスタマイズなどを行います。 詳細については、「アプリ ウィンドウの管理」を参照してください。

開発環境

WinUI の概要」の手順を完了している場合は、Visual Studio が既にインストールされており、[開発者モード] が有効になっています。 これらのリンクには、これらのツールに関する詳細情報が掲載されており、基本情報以外の情報を確認できます。

開発者モード

Windows には、作業中のアプリを実行できるようにするために、セキュリティ設定を調整する開発者向けの特殊モードがあります。 詳細については、「デバイスを開発用に有効にする」および「開発者モードの機能とデバッグ」を参照してください。

Visual Studio

多くの Windows 開発者にとって推奨される開発ツールである Visual Studio では、Windows やその他の多くのプラットフォーム用のプロジェクトを作成できます。 これは、アプリの作成、デバッグ、デプロイに役立つ強力な IDE です。 Visual Studio でできることの詳細については、Visual Studio のドキュメントを参照してください。

Visual Studio Code

高度に拡張可能なエディターである Visual Studio Code は、考えられるほぼすべての種類の開発をサポートするようにカスタマイズできます。 Windows やその他のプラットフォーム用のアプリを作成するための最適な選択肢です。 詳細については、Visual Studio Code のドキュメントを参照してください。

その他のツール

これらの追加ツールは、Windows で開発環境を設定するのに役立ちます。

Dev Home
Windows 11 で導入された Dev Home は、Windows 用アプリの開発に必要なツールにすばやくアクセスできるダッシュボードです。

Dev Drive
一般的な開発タスクを高速化するために、プロジェクトの保存に使用される特別にフォーマットされたドライブ (開発者ドライブ) を作成できます。

Windows ターミナル
Windows ターミナルは、コマンド プロンプト、PowerShell、Bash (WSL 経由) など使い慣れたコマンドライン シェル用の最新のホスト アプリケーションです。

Linux 用 Windows サブシステム (WSL)
WSL を使用すると、Windows で Linux ディストリビューションを実行できます。 これは、オープンソース ツールを使用して Windows 用アプリを開発するための優れた方法です。

言語のドキュメント

ほとんどの WinUI アプリは、C# または C++ で記述されています。 次のガイドには、これらの言語を使い始めるのに役立つ記事、チュートリアル、コード サンプルが含まれています。

次のステップ

開発者アカウントを作成するタイミングでもあります。 特に、これにより、アプリを Microsoft Store に発行できるようになります。 その方法の詳細については、「開発者アカウントを作成する」を参照してください

こちらもご覧ください。