Policy CSP - ブラウザー

これらの設定は、以前のバージョンの Microsoft Edge (バージョン 45 以前) 用であり、非推奨になっています。 これらの設定は、今後の Windows リリースで削除される予定です。 Microsoft では、バージョンの Microsoft Edge をバージョン 77 以降に更新し、管理に ADMX インジェスト関数を使用することをお勧めします。 モバイル デバイス管理を使用して Microsoft Edge を構成する方法の詳細については、こちらをご覧ください。

AllowAddressBarDropdown

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowAddressBarDropdown
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowAddressBarDropdown

このポリシー設定によって、Microsoft Edge でアドレス バーのドロップダウン機能を利用可能にするかどうかを決定できます。 Microsoft Edge から Microsoft サービスへのネットワーク接続を最小限に抑えたい場合は、この設定を無効にすることをお勧めします。

この設定を無効にすると、アドレス バーのドロップダウン機能は無効になります。 したがって、検索候補はドロップダウン リストに表示されるため、この設定は [アドレス バーの検索候補の構成] の設定よりも優先されます。

  • この設定を有効にした場合、または構成していない場合、従業員は Microsoft Edge で [アドレス バー] ドロップダウン機能を確認できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員の Microsoft Edge のアドレス バーに検索候補は表示されません。 また、この設定によって、ユーザー定義の設定 [入力時に検索候補とおすすめサイトを表示する] も無効になります。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 禁止/許可されていません。 アドレス バーのドロップダウン機能を非表示にし、[設定] で [入力時に検索候補とおすすめサイトを表示する] を無効にします。
1 (既定値) 許可されます。 アドレス バーのドロップダウン リストを表示し、利用できるようにします。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowAddressBarDropdown
フレンドリ名 アドレス バーのドロップダウン リスト候補を許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\ServiceUI
レジストリ値の名前 ShowOneBox
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowAutofill

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowAutofill
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowAutofill

このポリシー設定では、オートフィルを使って、Microsoft Edge の使用中にフォーム フィールドを自動的に入力できるかどうかを決定できます。 既定では、従業員はオートフィルを使うかどうかを選ぶことができます。

  • この設定を有効にした場合、従業員はオートフィルを使って、Microsoft Edge の使用中にフォームを自動的に入力できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員は Microsoft Edge の使用中に自動入力を使用してフォームに自動的に入力することはできません。

  • この設定を構成しない場合、従業員は、Microsoft Edge の使用中に自動入力を使用してフォームに自動的に入力するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) Prevented/Not allowed。
1 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowAutofill
フレンドリ名 オートフィルの構成
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 FormSuggest を使用する
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowAutofill が 0 (許可されていません) に設定されていることを確認するには、

  1. Microsoft Edge を開きます。
  2. ブラウザーの右上隅にある [...] をクリックします。
  3. ドロップダウン リストで [ 設定] をクリックし、[ 詳細設定の表示] を選択します。
  4. 設定 [フォームへの入力を保存する] が灰色表示されていることを確認します。

AllowBrowser

このポリシーは非推奨であり、今後のリリースで削除される可能性があります。

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowBrowser
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowBrowser

このポリシーは推奨されなくなっています。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 許可されていません。
1 (既定値) 許可されます。

AllowConfigurationUpdateForBooksLibrary

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10、バージョン 1803 [10.0.17134] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowConfigurationUpdateForBooksLibrary
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowConfigurationUpdateForBooksLibrary

このポリシー設定を使用すると、Microsoft Edge がブック ライブラリの構成データを自動的に更新できるかどうかを決定できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。 Microsoft Edge は、書籍ライブラリの構成データを自動的に更新します。

AllowCookies

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowCookies
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowCookies

この設定では、Cookie の操作方法を構成できます。

  • この設定を有効にした場合、次の項目からも選択する必要があります。

すべての Cookie を許可する (既定): あらゆる Web サイトからのすべての Cookie を許可します。

すべての Cookie をブロックする: あらゆる Web サイトからのすべての Cookie をブロックします。

サード パーティの Cookie のみブロックする: サード パーティの Web サイトからの Cookie のみをブロックします。

  • この設定を無効にしたか、構成していない場合、あらゆる Web サイトからのすべての Cookie を許可します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 2

指定可能な値

説明
0 あらゆるサイトからのすべての Cookie をブロックします。
1 サード パーティの Web サイトからの Cookie のみをブロックします。
2 (既定値) すべてのサイトからのすべての Cookie を許可します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 Cookie
フレンドリ名 Cookie を構成する
要素名 Cookie を構成します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowCookies が 0 (許可されていません) に設定されていることを確認するには、

  1. Microsoft Edge を開きます。
  2. ブラウザーの右上隅にある [...] をクリックします。
  3. ドロップダウン リストで [ 設定] をクリックし、[ 詳細設定の表示] を選択します。
  4. 設定 [Cookies] が無効になっていることを確認します。

AllowDeveloperTools

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowDeveloperTools
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowDeveloperTools

このポリシー設定では、Microsoft Edge で F12 開発者ツールを利用できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にするか、構成しない場合は、Microsoft Edge で F12 開発者ツールを使用できます。

  • この設定を無効にした場合、F12 開発者ツールは Microsoft Edge では使用できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowDeveloperTools
フレンドリ名 開発者ツールの許可
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\F12
レジストリ値の名前 AllowDeveloperTools
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowDoNotTrack

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowDoNotTrack
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowDoNotTrack

このポリシー設定では、従業員がトラッキング情報を要求する Web サイトにトラッキング拒否要求を送信できるかどうかを決定できます。 既定では、Do Not Track 要求は送信されませんが、従業員は要求を有効にして送信することを選択できます。

  • この設定を有効にすると、追跡情報を求める Web サイトに常にトラッカー要求が送信されません。

  • この設定を無効にした場合、トラッキング拒否要求はトラッキング情報を要求する Web サイトに送信されません。

  • この設定を構成しない場合、従業員は追跡情報を求める要求を Web サイトに送信するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 追跡情報を送信しないでください。
1 追跡情報を送信します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowDoNotTrack
フレンドリ名 トラッキング拒否を構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 DoNotTrack
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowDoNotTrack が 0 (許可されていません) に設定されていることを確認するには、

  1. Microsoft Edge を開きます。
  2. ブラウザーの右上隅にある [...] をクリックします。
  3. ドロップダウン リストで [ 設定] をクリックし、[ 詳細設定の表示] を選択します。
  4. 設定 [トラッキング拒否要求を送信する] が灰色表示されていることを確認します。

AllowExtensions

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowExtensions
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowExtensions

この設定を使用すると、従業員が Microsoft Edge で拡張機能を読み込めるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にするか、構成しない場合、従業員は Microsoft Edge 拡張機能を使用できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員は Microsoft Edge 拡張機能を使用できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowExtensions
フレンドリ名 拡張機能の許可
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Extensions
レジストリ値の名前 ExtensionsEnabled
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowFlash

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFlash
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFlash

この設定を使用すると、従業員が Microsoft Edge で Adobe Flash を実行できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にするか、構成しない場合、従業員は Adobe Flash を使用できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員は Adobe Flash を使用できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowFlash
フレンドリ名 Adobe Flash を許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Addons
レジストリ値の名前 FlashPlayerEnabled
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowFlashClickToRun

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFlashClickToRun
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFlashClickToRun

Adobe Flash Click-to-Run 設定を有効にした場合、または構成していない場合、Microsoft Edge では、コンテンツを読み込んで実行する前に、ユーザーが [クイック実行] ボタンをクリックするか、コンテンツをクリックするか、自動許可リストにサイトを表示する必要があります。

サイトは、ユーザーのフィードバックに基づいて、特にコンテンツの読み込みと実行が許可される頻度に基づいて、自動許可リストに表示されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Adobe Flash コンテンツを自動的に読み込み、実行します。
1 (既定値) Adobe Flash コンテンツを自動的に読み込んだり実行したりしません。 ユーザーのアクションが必要です。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowFlashClickToRun
フレンドリ名 Adobe Flash Click-to-Run 設定を構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Security
レジストリ値の名前 FlashClickToRunMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowFullScreenMode

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFullScreenMode
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowFullScreenMode

このポリシーでは、Web コンテンツのみを表示し、Microsoft Edge UI を非表示にする全画面表示モードを許可するかどうかを指定できます。

有効になっているか、構成されていない場合は、Microsoft Edge で全画面表示モードを使用できます。 ユーザーと拡張機能には、適切なアクセス許可が必要です。

無効にした場合、全画面表示モードは Microsoft Edge で使用できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowFullScreenMode
フレンドリ名 全画面表示モードを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AllowFullScreenMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowInPrivate

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowInPrivate
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowInPrivate

このポリシー設定では、従業員が InPrivate Web サイト ブラウズを使って閲覧できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にするか、構成しない場合、従業員は InPrivate Web サイト閲覧を使用できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員は InPrivate Web サイト閲覧を使用できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowInPrivate
フレンドリ名 InPrivate ブラウズの許可
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AllowInPrivate
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowMicrosoftCompatibilityList

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1607 [10.0.14393] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowMicrosoftCompatibilityList
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowMicrosoftCompatibilityList

このポリシー設定では、Microsoft Edge で Microsoft 互換性一覧 (Microsoft が提供する、サイトを適切に表示するための既知の互換性の問題を示す一覧) を使用するかどうかを決定できます。 既定では、Microsoft 互換性一覧は有効になっており、about:compat にアクセスして表示できます。

  • この設定を有効にするか、構成しない場合、Microsoft Edge は定期的に最新バージョンのリストを Microsoft からダウンロードし、ブラウザーのナビゲーション中に更新プログラムを適用します。 Microsoft 互換性リストの任意のサイトにアクセスすると、従業員はインターネット エクスプローラー 11 を使用するように求められます。このサイトは、正しく表示するために必要な IE のバージョンにあるかのように自動的にレンダリングされます。

  • この設定を無効にした場合、ブラウザーのナビゲーション中に Microsoft 互換性リストは使用されません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowCVList
フレンドリ名 Microsoft 互換性一覧を許可
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\BrowserEmulation
レジストリ値の名前 MSCompatibilityMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowPasswordManager

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPasswordManager
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPasswordManager

このポリシー設定では、従業員がパスワード マネージャーを使ってパスワードをローカルに保存できるかどうかを決定できます。 既定では、パスワード マネージャーは有効になっています。

  • この設定を有効にした場合、従業員はパスワード マネージャーを使ってパスワードをローカルに保存できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員はパスワード マネージャーを使用してパスワードをローカルに保存できません。

  • この設定を構成しない場合、従業員はパスワード マネージャーを使用してパスワードをローカルに保存するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 許可されていません。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowPasswordManager
フレンドリ名 パスワード マネージャーの構成
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 FormSuggest パスワード
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowPasswordManager が 0 (許可されていない) に設定されていることを確認するには、

  1. [その他] (…) をクリックまたはタップして、[設定] > [詳細設定を表示] を選択します。
  2. 設定 [パスワードの保存] が無効になっていることを確認します。

AllowPopups

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPopups
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPopups

このポリシー設定では、ポップアップ ブロックを有効にするかどうかを決定できます。 既定では、ポップアップ ブロックは有効になっています。

  • この設定を有効にした場合、ポップアップ ブロックが有効になり、ポップアップ ウィンドウが開かなくなります。

  • この設定を無効にした場合、ポップアップ ブロックが無効になり、ポップアップ ウィンドウを開けるようになります。

  • この設定を構成しない場合、従業員はポップアップ ブロックを使用するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) ポップアップ ブロックをオフにして、ポップアップ ウィンドウを開きます。
1 ポップアップ ブロックをオンにすると、ポップアップ ウィンドウが開かなくなりました。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowPopups
フレンドリ名 ポップアップ ブロックの構成
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AllowPopups
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowPopups が 0 (許可されていません) に設定されていることを確認するには、

  1. [その他] (…) をクリックまたはタップして、[設定] > [詳細設定を表示] を選択します。
  2. [ ポップアップのブロック] 設定が無効になっているかどうかを確認します。

AllowPrelaunch

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPrelaunch
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPrelaunch

このポリシー設定を使用すると、Windows サインイン中、システムがアイドル状態のとき、Microsoft Edge が閉じられるたびに、Microsoft Edge を事前に起動できるかどうかを決定できます。 既定では、この設定は事前起動を許可します。

このポリシー設定を事前起動、無効化、または構成しない場合、Windows サインイン中、システムがアイドル状態のとき、Microsoft Edge が閉じられるたびに、Microsoft Edge が事前起動されます。Microsoft Edge の起動に必要な時間を最小限に抑えます。

事前起動を防ぐ場合、Windows サインイン中、システムがアイドル状態のとき、または Microsoft Edge が閉じられるたびに、Microsoft Edge は事前起動されません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowPrelaunch
フレンドリ名 Windows の起動時、システムがアイドル状態のとき、および Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge の事前起動を許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowPrinting

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPrinting
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowPrinting

このポリシーを使用すると、Microsoft Edge での Web コンテンツの印刷を許可するかどうかを制限できます。

有効にすると、印刷が許可されます。

無効にした場合、印刷は許可されません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowPrinting
フレンドリ名 印刷を許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AllowPrinting
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowSavingHistory

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSavingHistory
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSavingHistory

Microsoft Edge は、ユーザーがアクセスする Web サイトに関する情報で構成されるユーザーの閲覧履歴をデバイスに保存します。

有効になっているか、構成されていない場合は、閲覧履歴が保存され、[履歴] ウィンドウに表示されます。

無効にすると、閲覧履歴の保存が停止し、[履歴] ウィンドウには表示されません。 このポリシーが無効になる前に閲覧履歴が存在する場合、以前の閲覧履歴は [履歴] ウィンドウに表示されたままです。 このポリシーを無効にすると、他のローミング されたデバイスからの既存の履歴や履歴のローミングは停止されません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowSavingHistory
フレンドリ名 履歴の保存を許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AllowSavingHistory
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowSearchEngineCustomization

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSearchEngineCustomization
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSearchEngineCustomization

このポリシー設定では、ユーザーが検索エンジンを変更できるかどうかを決定できます。

  • この設定を無効にした場合、ユーザーは新しい検索エンジンを追加したり、アドレス バーで使用される既定値を変更したりすることはできません。

重要:

この設定は、ドメインに参加しているデバイスまたは MDM に登録されているデバイスでのみ使用できます。 詳しくは、Microsoft のブラウザー拡張ポリシー (aka.ms/browserpolicy) を参照してください。

  • このポリシーを有効にした場合、または構成しない場合、ユーザーは新しい検索エンジンを追加し、Microsoft Edge 設定内からアドレス バーで使用される既定値を変更できます。

  • この設定を無効にした場合、ユーザーは検索エンジンを追加したり、アドレス バーで使用される既定値を変更したりすることができません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowSearchEngineCustomization
フレンドリ名 検索エンジンのカスタマイズを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Protected - 変更する Windows ポリシーに違反しています。 「aka.ms/browserpolicy」を参照してください
レジストリ値の名前 AllowSearchEngineCustomization
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowSearchSuggestionsinAddressBar

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSearchSuggestionsinAddressBar
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSearchSuggestionsinAddressBar

このポリシー設定では、Microsoft Edge のアドレス バーに検索候補を表示するかどうかを決定できます。 既定では、従業員は Microsoft Edge の [アドレス] バーに検索候補を表示するかどうかを選択できます。

  • この設定を有効にした場合、従業員は Microsoft Edge の [アドレス] バーで検索候補を確認できます。

  • この設定を無効にした場合、従業員は Microsoft Edge の [アドレス] バーで検索候補を確認できません。

  • この設定を構成しない場合、従業員は Microsoft Edge のアドレス バーに検索候補を表示するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。 検索候補を非表示にする
1 (既定値) 許可されます。 検索候補を表示にする

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowSearchSuggestionsinAddressBar
フレンドリ名 アドレス バーの検索候補の構成
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\SearchScopes
レジストリ値の名前 ShowSearchSuggestionsGlobal
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowSideloadingOfExtensions

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSideloadingOfExtensions
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSideloadingOfExtensions

サイドローディングは、Microsoft Edge で未検証の拡張機能をインストールして実行します。 このポリシーを使用すると、Microsoft Edge で未確認の拡張機能をサイドロードできるかどうかを指定できます。

有効または未構成の場合、Microsoft Edge で未確認の拡張機能のサイドローディングが許可されます。

無効にした場合、Microsoft Edge での未確認の拡張機能のサイドローディングは許可されません。 拡張機能は、Microsoft ストア (ビジネス向けストアを含む)、エンタープライズ ストア フロント (ポータル サイト など) または PowerShell (Add-AppxPackage を使用) を介してのみインストールできます。 無効にした場合、このポリシーでは、PowerShell 経由の Add-AppxPackage を使用した拡張機能のサイドローディングは防止されません。 これを防ぐには、グループ ポリシー エディターで、[Windows ストア アプリの開発を許可し、統合開発環境 (IDE) からインストールできるようにする] を有効にします。

コンピューター構成 > 管理テンプレート > Windows コンポーネント > アプリ パッケージの展開。

サポートされているバージョン: Microsoft Edge on Windows 10 Version 1809既定の設定: 無効または未構成。

関連するポリシー:

  • Windows ストア アプリの開発と統合開発環境 (IDE) からのインストールを許可する
  • 信頼できるすべてのアプリのインストールを許可する

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。 無効にしても、Powershell を使用した Add-AppxPackage を使用した拡張機能のサイドローディングは防止されません。 これを回避するには、ApplicationManagement/AllowDeveloperUnlock ポリシーを 1 (有効) に設定してください。
1 (既定値) 許可されます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowSideloadingOfExtensions
フレンドリ名 拡張機能のサイドローディングを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Extensions
レジストリ値の名前 AllowSideloadingOfExtensions
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowSmartScreen

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSmartScreen
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowSmartScreen

このポリシー設定では、Windows Defender SmartScreen を有効にするかどうかを構成できます。 Windows Defender SmartScreen では、潜在的なフィッシング詐欺と悪意のあるソフトウェアから従業員を保護するために、警告メッセージが表示されます。 既定では、Windows Defender SmartScreen は有効になっています。

  • この設定を有効にすると、SmartScreen Windows Defenderオンになり、従業員はそれをオフにすることはできません。

  • この設定を無効にすると、SmartScreen Windows Defenderオフになり、従業員はそれをオンにできません。

  • この設定を構成しない場合、従業員は SmartScreen Windows Defender使用するかどうかを選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 オフ。 潜在的な脅威からユーザーを保護し、ユーザーがオンにならないようにします。
1 (既定値) オン。 潜在的な脅威からユーザーを保護します。また、ユーザーが無効にできないようにしてください。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowSmartScreen
フレンドリ名 Windows Defender SmartScreen を構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\PhishingFilter
レジストリ値の名前 EnabledV9
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: AllowSmartScreen が 0 (許可されていない) に設定されていることを確認するには、

  1. [その他] (…) をクリックまたはタップして、[設定] > [詳細設定を表示] を選択します。
  2. [Windows Defender SmartScreen を使って悪意のあるサイトやダウンロードから保護する] の設定が無効になっていることを確認します。

AllowTabPreloading

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowTabPreloading
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowTabPreloading

このポリシー設定を使用すると、Windows サインイン中と Microsoft Edge が閉じられるたびに、Microsoft Edge で [スタート] ページと [新しいタブ] ページを読み込めるかどうかを決定できます。 既定では、この設定では事前読み込みを許可します。

このポリシー設定の事前読み込み、無効化、または構成を許可しない場合、Microsoft Edge は、Windows サインイン中と Microsoft Edge が閉じられるたびに [スタート] ページと [新しいタブ] ページを読み込みます。Microsoft Edge を起動し、新しいタブを開始するために必要な時間を最小限に抑えます。

事前読み込みを防ぐと、Windows サインイン中や Microsoft Edge が閉じられるたびに、Microsoft Edge によって [スタート] ページまたは [新しいタブ] ページが読み込まれません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 Prevented/Not allowed。
1 (既定値) 許可されます。 スタート ページと新規タブ ページを事前に読み込みます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowTabPreloading
フレンドリ名 Windows の起動時および Microsoft Edge を閉じるたびに、Microsoft Edge を起動してスタート ページと新しいタブ ページを読み込むことを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\TabPreloader
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AllowWebContentOnNewTabPage

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowWebContentOnNewTabPage
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AllowWebContentOnNewTabPage

このポリシー設定では、Microsoft Edge で新しいタブを開いたときに表示される内容を構成できます。既定では、Microsoft Edge で [新しいタブ] ページが開かれます。

  • この設定を有効にした場合、Microsoft Edge で [新しいタブ] ページを表示する新しいタブが開かれます。

  • この設定を無効にした場合、Microsoft Edge で空白のページを表示する新しいタブが開かれます。 この設定を使用すると、従業員はそれを変更できません。

  • この設定を構成しない場合、従業員は新しいタブの表示方法を選択できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 1

指定可能な値

説明
0 既定の [新しい] タブ ページではなく空白のページを読み込み、ユーザーが変更できないようにします。
1 (既定値) 既定の [新しい] タブ ページを読み込みます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowWebContentOnNewTabPage
フレンドリ名 [新しいタブ] ページでの Web コンテンツの許可
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\ServiceUI
レジストリ値の名前 AllowWebContentOnNewTabPage
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

AlwaysEnableBooksLibrary

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AlwaysEnableBooksLibrary
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/AlwaysEnableBooksLibrary

このポリシー設定は、Windows 設定の [国または地域] 領域で構成されているデバイスの国または地域の設定に関係なく、[書籍] タブを表示するかどうかを決定するのに役立ちます。

  • この設定を有効にすると、デバイスの国や地域に関係なく、Microsoft Edge にブック ライブラリが表示されます。

  • この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、Microsoft Edge には、ブック ライブラリがサポートされている国または地域でのみ表示されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 書籍ライブラリは、サポートされている国または地域でのみ表示します。
1 デバイスの国や地域に関係なく、ブック ライブラリを表示します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AlwaysEnableBooksLibrary
フレンドリ名 Microsoft Edge に書籍ライブラリを常に表示する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 AlwaysEnableBooksLibrary
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ClearBrowsingDataOnExit

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ClearBrowsingDataOnExit
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ClearBrowsingDataOnExit

このポリシー設定では、Microsoft Edge を終了するときに、閲覧データの自動クリアを許可します。

  • このポリシー設定を有効にした場合は、終了時の閲覧履歴のクリアがオンになります。

  • このポリシー設定を無効にするか、構成しない場合は、[設定] の [閲覧データのクリア] オプションで従業員が有効にして構成できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 禁止/許可されていません。 ユーザーは、[設定] で [閲覧データのクリア] オプションを構成できます。
1 許可されます。 終了時に閲覧データを自動的に消去します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 AllowClearingBrowsingDataOnExit
フレンドリ名 終了時の閲覧データ クリアを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Privacy
レジストリ値の名前 ClearBrowsingHistoryOnExit
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: 終了時に参照データがクリアされているかどうかを確認するには (ClearBrowsingDataOnExit が 1 に設定されています)。

  1. Microsoft Edge を開き、Web サイトに移動します。
  2. Microsoft Edge のウィンドウを閉じます。
  3. Microsoft Edge を開き、アドレス バーへの同じ URL の入力を開始します。
  4. 履歴から自動完了しないことを確認します。

ConfigureAdditionalSearchEngines

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureAdditionalSearchEngines
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureAdditionalSearchEngines

このポリシー設定を使用すると、最大 5 つの検索エンジンを追加できます。これは従業員が削除することはできませんが、個人用の既定のエンジンにすることができます。 この設定では、既定の検索エンジンは設定されません。 そのためには、[既定の検索エンジンを設定する] の設定を使う必要があります。

重要:

この設定は、ドメインに参加しているデバイスまたは MDM に登録されているデバイスでのみ使用できます。 詳しくは、Microsoft のブラウザー拡張ポリシー (aka.ms/browserpolicy) を参照してください。

  • この設定を有効にした場合は、検索エンジンを 5 つまで追加できます。 追加のエンジンごとに、検索エンジンの短い名前と https: URL を含む OpenSearch XML ファイルへのリンクも追加する必要があります。 OpenSearch XML ファイルの作成の詳細については、OpenSearch Standards (https://msdn.microsoft.com/library/dd163546.aspx) の概要に関するトピックを参照してください。 次の形式を使用して、追加するリンクを指定します。 <https://fabrikam.com/opensearch.xml><https://www.contoso.com/opensearch.xml>

  • この設定を無効にすると、追加された検索エンジンはすべて従業員のデバイスから削除されます。

  • この設定を構成しない場合、検索エンジンの一覧は [アプリ設定] で指定された内容に設定されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureAdditionalSearchEngines
フレンドリ名 追加の検索エンジンを構成する
要素名 次の形式を使用して、追加するリンクを指定します。 <https://fabrikam.com/opensearch.xml><https://www.contoso.com/opensearch.xml>
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\OpenSearch
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ConfigureFavoritesBar

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureFavoritesBar
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureFavoritesBar

お気に入りバーには、ユーザーが追加したサイトへのリンクが表示されます。 このポリシーを使用すると、お気に入りバーを常に任意のページに表示するか非表示にするかを指定できます。

有効にすると、お気に入りバーは常に任意のページに表示され、[設定] の [お気に入りバー] トグルは [オン] に設定されますが、無効にするとユーザーが変更できなくなります。 [設定] ウィンドウの上部に、organizationが一部の設定を管理していることを示すエラー メッセージも表示されます。 バーの表示/非表示オプションは、コンテキスト メニューから非表示になります。

無効にすると、お気に入りバーは非表示になり、お気に入りバーのトグルはオフにリセットされますが、無効にするとユーザーが変更できなくなります。 [設定] ウィンドウの上部に、organizationが一部の設定を管理していることを示すエラー メッセージも表示されます。

構成されていない場合、お気に入りバーは非表示になりますが、[スタート] ページと [新しいタブ] ページに表示され、[設定] の [お気に入りバー] トグルは [オフ] に設定されますが、ユーザーは変更を行うことができます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) すべてのページでお気に入りバーを非表示にします。 また、[設定] のお気に入りバーの切り替えをオフにして無効にし、ユーザーが変更できないようにします。 さらに、Microsoft Edge では、コンテキスト メニューの [バーの表示/バーの非表示] オプションも非表示になります。
1 すべてのページでお気に入りバーを表示します。 また、[設定] のお気に入りバーの切り替えをオンにして無効にし、ユーザーが変更できないようにします。 さらに、Microsoft Edge では、コンテキスト メニューの [バーの表示/バーの非表示] オプションも非表示になります。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureFavoritesBar
フレンドリ名 お気に入りバーを構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 ConfigureFavoritesBar
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ConfigureHomeButton

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureHomeButton
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureHomeButton

[ホーム] ボタンは、既定の [スタート] ページ、新しいタブ ページ、または [ホーム ボタンの URL の設定] ポリシーで定義されている URL を読み込みます。

既定では、このポリシーは無効になっているか、構成されておらず、ホーム ボタンをクリックすると既定の [スタート] ページが読み込まれます。

有効にすると、ホーム ボタンがロックダウンされ、ユーザーが Microsoft Edge の UI 設定を変更できなくなります。 ユーザーが Microsoft Edge UI の設定を変更できるようにするには、[ホーム ボタンのロック解除] ポリシーを有効にします。

有効な AND の場合:

  • [ホーム] ボタン & [スタート] ページに設定されている場合は、[ホーム] ボタンをクリックすると [スタート] ページが読み込まれます。

  • [ホーム] ボタン & [新しいタブ ページ] に設定されている場合は、[ホーム] ボタンをクリックすると [新しい] タブ ページが読み込まれます。

  • [ホーム] ボタンを表示 & 特定のページが選択されていることを設定し、ホーム ボタンをクリックすると、[ホーム ボタンの URL の設定] ポリシーで指定された URL が読み込まれます。

  • [ホーム を非表示] ボタンが選択されている場合、ホーム ボタンは Microsoft Edge で非表示になります。

既定の設定: 無効または未構成。

関連するポリシー:

  • [ホーム] ボタンの URL を設定する
  • [ホーム] ボタンのロックを解除します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) [ホーム] ボタンを表示し、[スタート] ページを読み込みます。
1 [ホーム] ボタンを表示し、[新しい] タブ ページを読み込みます。
2 ホーム ボタンを表示し、[ホーム ボタンの URL の設定] ポリシーで定義されているカスタム URL を読み込みます。
3 [ホーム] ボタンを非表示にします。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureHomeButton
フレンドリ名 [ホーム] ボタンの構成
要素名 ホーム ボタンを構成します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ヒント

このポリシーを変更する場合は、次の操作を行います。

  1. UnlockHomeButton を 1 (有効) に設定します。
  2. ConfigureHomeButton ポリシーまたは SetHomeButtonURL ポリシーを変更します。
  3. UnlockHomeButton を 0 (無効) に設定します。

ConfigureKioskMode

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureKioskMode
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureKioskMode

1 つのアプリとして、またはキオスク デバイスで実行されている複数のアプリのいずれかとして、割り当てられたアクセス権を持つキオスク モードで実行されている Microsoft Edge の動作を構成します。 Microsoft Edge で InPrivate の全画面表示、機能が制限された InPrivate マルチタブ、または通常の Microsoft Edge のどちらを実行するかを制御できます。

このポリシーを有効にするには、割り当てられたアクセスで Microsoft Edge を構成する必要があります。それ以外の場合、これらの設定は無視されます。 割り当てられたアクセスとキオスクの構成の詳細については、「Windows デスクトップ エディションを実行しているキオスクと共有デバイスを構成する」(https://aka.ms/E489vw) を参照してください。

有効にして 0 に設定した場合 (既定値または未構成):

  • 1 つのアプリの場合は、デジタル サイネージまたは対話型ディスプレイ用に InPrivate 全画面表示を実行します。

  • 多数のアプリの 1 つである場合、Microsoft Edge は通常どおりに実行されます。

有効にして 1 に設定した場合:

  • 1 つのアプリの場合は、制限付きのマルチタブ バージョンの InPrivate を実行し、パブリック閲覧に使用できる唯一のアプリです。 ユーザーは、ウィンドウを最小化、閉じる、または開いたり、Microsoft Edge をカスタマイズしたりすることはできませんが、閲覧データを消去し、[セッションの終了] をクリックしてダウンロードと再起動を行うことができます。 "アイドル タイムアウト後にキオスク のリセットを構成する" ポリシーを使用して、一定の非アクティブ状態の後に再起動するように Microsoft Edge を構成できます。

  • 多くのアプリの 1 つである場合は、他のアプリと一緒にパブリック閲覧するために、制限付きのマルチタブ バージョンの InPrivate で実行されます。 ユーザーは、複数の InPrivate ウィンドウを最小化、閉じる、開くことができますが、Microsoft Edge をカスタマイズすることはできません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
1 有効にする。
0 (既定値) 無効にする。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureKioskMode
フレンドリ名 キオスク モードを構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\KioskMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ConfigureKioskResetAfterIdleTimeout

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureKioskResetAfterIdleTimeout
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureKioskResetAfterIdleTimeout

指定したアイドル時間の後に構成された開始エクスペリエンスにリセットするように Microsoft Edge を構成できます。 リセット タイマーは、最後のユーザー操作の後に開始されます。 構成された開始エクスペリエンスにリセットすると、現在のユーザーの閲覧データが削除されます。

有効にすると、アイドル時間を分単位 (0 から 1440) に設定できます。 このポリシーを機能させるには、[キオスク モードの構成] ポリシーを 1 に設定し、割り当てられたアクセスで Microsoft Edge を 1 つのアプリとして構成する必要があります。 アイドル時間が指定した時間を満たすと、ユーザーに続行を求める確認メッセージが表示され、ユーザーの操作がない場合、Microsoft Edge は 30 秒後にリセットされます。

このポリシーを 0 に設定した場合、Microsoft Edge ではアイドル タイマーは使用されません。

無効になっているか、構成されていない場合、既定値は 5 分です。

割り当てられたアクセスで Microsoft Edge を構成しない場合、このポリシーは有効になりません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
許可される値 範囲: [0-1440]
既定値 5
依存関係 [Browser_ConfigureKioskResetAfterIdleTimeout_DependencyGroup] 依存関係の種類: DependsOn
依存関係 URI: Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureKioskMode
依存関係の許可される値: [1]
依存関係の許可される値の種類: Range

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureKioskResetAfterIdleTimeout
フレンドリ名 アイドル タイムアウト後のキオスクのリセットを構成する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\KioskMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ConfigureOpenMicrosoftEdgeWith

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureOpenMicrosoftEdgeWith
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureOpenMicrosoftEdgeWith

[スタート] ページをロックダウンするように Microsoft Edge を構成して、ユーザーが変更またはカスタマイズできないようにすることができます。

有効にした場合は、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • スタート ページ: スタート ページは、スタート ページの構成ポリシーを無視して読み込まれます。

  • 新しいタブ ページ: スタート ページの構成ポリシーを無視して、新しいタブ ページが読み込まれます。

  • 前のページ: Microsoft Edge の最後の終了時にユーザーが開いていたすべてのタブは、スタート ページの構成ポリシーを無視して読み込まれます。

  • 特定のページ: [スタート ページの構成] ポリシーの読み込みで指定された URL。 選択した場合は、[スタート ページの構成] で少なくとも 1 つの URL を指定する必要があります。それ以外の場合、このポリシーは無視されます。

有効にし、変更を加える場合は、最初に [スタート ページのロックダウンを無効にする] を構成しないように設定し、[Open Microsoft Edge With] ポリシーに変更を加え、[スタート ページのロックダウンを無効にする] ポリシーを有効にする必要があります。

無効または未構成の場合、スタート ページのロックダウンを無効にするポリシーを有効にすると、ユーザーは [スタート] ページを変更またはカスタマイズできます。

既定の設定: 特定のページまたはページ (既定) 関連ポリシー:

-スタート ページのロックダウンを無効にする -スタート ページの構成。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 3

指定可能な値

説明
0 スタート ページを読み込みます。
1 [新しい] タブ ページを読み込みます。
2 前のページを読み込みます。
3 (既定値) 特定のページを読み込みます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureOpenEdgeWith
フレンドリ名 Microsoft Edge が開くように構成する
要素名 Open Microsoft Edge With を構成します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ヒント

このポリシーを変更する場合は、次の操作を行います。

  1. DisableLockdownOfStartPages を 0 (未構成) に設定します。
  2. ConfigureOpenEdgeWith を変更します。
  3. DisableLockdownOfStartPages を 1 (有効) に変更します。

ConfigureTelemetryForMicrosoft365Analytics

このポリシーは非推奨であり、今後のリリースで削除される可能性があります。

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureTelemetryForMicrosoft365Analytics
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ConfigureTelemetryForMicrosoft365Analytics

イントラネット履歴のみ、インターネット履歴のみ、またはその両方を、構成された商用 ID を持つエンタープライズ デバイスのDesktop Analyticsに送信するように Microsoft Edge を構成できます。 無効になっているか、構成されていない場合、Microsoft Edge は閲覧履歴データをDesktop Analyticsに送信しません。

サポートされているバージョン: Microsoft Edge on Windows 10 Version 1809既定の設定: 無効または未構成 (データの収集または送信なし)

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 収集または送信されたデータはありません。
1 イントラネットの履歴のみを送信します。
2 インターネットの履歴のみを送信します。
3 イントラネットとインターネットの両方の履歴を送信します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfigureTelemetryForMicrosoft365Analytics
フレンドリ名 Desktop Analyticsの閲覧データの収集を構成する
要素名 テレメトリ収集を構成します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス WindowsComponents > データ収集とプレビュー ビルド
レジストリ キー名 Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\DataCollection
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

DisableLockdownOfStartPages

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/DisableLockdownOfStartPages
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/DisableLockdownOfStartPages

ユーザーがスタート ページを変更またはカスタマイズできるように、スタート ページのロックダウンを無効にするように Microsoft Edge を構成できます。 これを行うには、[スタート ページの構成] または [Open Microsoft With の構成] ポリシーも有効にする必要があります。 有効にすると、構成されているすべてのスタート ページが編集可能になります。 スタート ページの構成ポリシーを使用して構成されたスタート ページはロックダウンされないため、ユーザーはスタート ページを編集できます。

無効になっているか、構成されていない場合、[スタート ページの構成] ポリシーで構成されているスタート ページを変更してロックダウンしたままにすることはできません。

サポートされているデバイス: ドメイン参加済みまたは MDM 登録済み。

関連ポリシー:

  • スタート ページを構成する
  • Open Microsoft Edge With を構成します。

 ブラウザー/HomePages ポリシーが構成されていない場合、このポリシーは無効です。 

重要

この設定は、ドメインに参加しているデバイスまたは MDM に登録されているデバイスでのみ使用できます。 詳細については、「Microsoft のブラウザー拡張ポリシー」を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) ConfigureOpenEdgeWith ポリシーと HomePages ポリシーで構成されたスタート ページをロックダウンします。
1 ロック解除。 ユーザーは、構成されているすべてのスタート ページを変更できます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 DisableLockdownOfStartPages
フレンドリ名 スタート ページのロックを無効にする
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

EnableExtendedBooksTelemetry

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10、バージョン 1803 [10.0.17134] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnableExtendedBooksTelemetry
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnableExtendedBooksTelemetry

このポリシー設定を使用すると、Microsoft Edge の [書籍] タブから読んでいる書籍に関するデータを Microsoft に送信する量を決定できます。

  • この設定を有効にした場合、Microsoft Edge は[書籍] タブから基本的なテレメトリ データの上に、追加のテレメトリ データを送信します。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、Microsoft Edge はデバイスの構成に応じて基本的なテレメトリ データのみを送信します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) デバイスの構成に応じて、基本的な診断データのみを収集して送信します。
1 すべての診断データを収集します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 EnableExtendedBooksTelemetry
フレンドリ名 [書籍] タブの拡張利用統計情報を許可します
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\BooksLibrary
レジストリ値の名前 EnableExtendedBooksTelemetry
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

EnterpriseModeSiteList

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnterpriseModeSiteList
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnterpriseModeSiteList

このポリシー設定では、エンタープライズ モードとエンタープライズ モード サイト一覧を使って、レガシ アプリの一般的な互換性の問題に対処するかどうかを構成できます。

  • この設定を有効にした場合、Microsoft Edge では、エンタープライズ モード サイト一覧の XML ファイルを検索します。 このファイルには、Internet Explorer 11 とエンタープライズ モードを使って表示する必要があるサイトとドメインが含まれています。

  • この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、Microsoft Edge ではエンタープライズ モード サイトリスト XML ファイルは使用されません。 この場合、従業員はレガシ アプリの使用時に互換性の問題に直面する可能性があります。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 EnterpriseModeSiteList
フレンドリ名 エンタープライズ モード サイト一覧を構成する
要素名 エンタープライズ モード IE Web サイトの一覧の場所 (URL) を入力します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main\EnterpriseMode
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

EnterpriseSiteListServiceUrl

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnterpriseSiteListServiceUrl
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/EnterpriseSiteListServiceUrl

重要: Windows 10 バージョン 1511 で廃止されました。 代わりに Browser/EnterpriseModeSiteList ポリシーを使用します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

FirstRunURL

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1607 [10.0.14393] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/FirstRunURL
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/FirstRunURL

最初の実行 URL を構成します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
依存関係 [Browser_FirstRunURL_DependencyGroup] 依存関係の種類: DependsOn
依存関係 URI: Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventFirstRunPage
依存関係の許可される値: [0]
依存関係の許可される値の種類: Range

HomePages

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/HomePages
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/HomePages

[Open Microsoft Edge With の構成] ポリシーを有効にすると、1 つ以上のスタート ページを構成できます。 このポリシーを有効にすると、ユーザーはスタート ページに変更を加えることはできません。

有効にした場合は、次の形式で山かっこを使用して複数のページを区切って、ページに URL を含める必要があります。

<support.contoso.com> <support.microsoft.com>

無効になっているか、構成されていない場合は、[アプリの設定] で指定された Web ページが既定のスタート ページとして読み込まれます。

バージョン 1703 以降:

Microsoft にトラフィックを送信しない場合は、このポリシーを有効にし、ドメインに参加しているデバイスとドメインに参加していないデバイスが唯一構成されている場合は、この値を使用 <about:blank> します。

バージョン 1809:

有効にして、[スタート ページ]、[新しいタブ ページ]、または [開く Microsoft Edge を構成する] ポリシーで前のページを選択した場合、Microsoft Edge は [スタート ページの構成] ポリシーを無視します。 構成されていない場合、または [Open Microsoft Edge With] ポリシーを特定のページまたはページに設定した場合、Microsoft Edge は [スタート ページの構成] ポリシーを使用します。

サポートされているデバイス: ドメイン参加済みまたは MDM 登録済み。

関連ポリシー:

  • Microsoft Edge が開くように構成する
  • スタート ページのロックダウンを無効にします。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 HomePages
フレンドリ名 スタート ページを構成する
要素名 次の形式を使用します。 <support.contoso.com><https://support.microsoft.com/>
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

LockdownFavorites

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/LockdownFavorites
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/LockdownFavorites

このポリシー設定を使用すると、従業員が Microsoft Edge の [お気に入り] リストを追加、インポート、並べ替え、または編集できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にすると、従業員は [お気に入り] 一覧で何も追加、インポート、または変更できなくなります。 また、この一環として、[お気に入りの保存]、[設定のインポート]、コンテキスト メニュー項目 ([新しいフォルダーの作成] など) はすべてオフになっています。

重要:

この設定と[インターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間でお気に入りを同期したままにする] 設定の両方を有効にしないでください。 両方の設定を有効にすると、従業員はインターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間で自分のお気に入りを同期できなくなります。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合 (既定値)、従業員は [お気に入り] リストを追加、インポート、変更できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可/ロックされていない。 ユーザーは、お気に入りを追加、インポート、変更できます。
1 防止/ロックダウン。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 LockdownFavorites
フレンドリ名 Microsoft Edge 上のお気に入りを変更できないようにする
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Favorites
レジストリ値の名前 LockdownFavorites
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventAccessToAboutFlagsInMicrosoftEdge

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1607 [10.0.14393] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventAccessToAboutFlagsInMicrosoftEdge
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventAccessToAboutFlagsInMicrosoftEdge

このポリシー設定では、従業員が about:flags ページにアクセスできるかどうかを決定できます。このページは、開発者の設定を変更するため、および実験的な機能を有効にするために使用することができます。

  • このポリシー設定を有効にした場合、従業員は about:flags ページにアクセスできません。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、従業員は about:flags ページにアクセスできます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可されます。
1 ユーザーが about:flags ページにアクセスできないようにします。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventAccessToAboutFlagsInMicrosoftEdge
フレンドリ名 Microsoft Edge の about:flags ページへのアクセスを禁止する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 PreventAccessToAboutFlagsInMicrosoftEdge
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventCertErrorOverrides

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventCertErrorOverrides
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventCertErrorOverrides

Web セキュリティ証明書は、ユーザーがアクセスするサイトが正当であることを保証するために使用され、状況によってはデータが暗号化されます。 このポリシーを使用すると、SSL エラーがあるサイトに対してユーザーがセキュリティ警告をバイパスできないようにするかどうかを指定できます。

有効にすると、証明書エラーのオーバーライドは許可されません。

無効になっているか、構成されていない場合は、証明書のオーバーライド エラーが許可されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可/オン。 SSL エラーのあるサイトに対しては、セキュリティ警告を上書きします。
1 回避/オン。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventCertErrorOverrides
フレンドリ名 証明書エラーの上書きを禁止する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
レジストリ値の名前 PreventCertErrorOverrides
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventFirstRunPage

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventFirstRunPage
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventFirstRunPage

このポリシー設定では、従業員が最初に Microsoft Edge を開くときに、Microsoft の初回実行時の Web ページが表示されるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にした場合、従業員が最初に Microsoft Edge を開くときに、初回実行時のページは表示されません。

  • この設定を無効にした場合、または構成しなかった場合、従業員は初めて Microsoft Edge を開くときに [最初の実行] ページが表示されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可されます。 最初に実行する Web ページの読み込み。
1 Prevented/Not allowed。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventFirstRunPage
フレンドリ名 Microsoft Edge で最初の実行時の Web ページを開かない
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 PreventFirstRunPage
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventLiveTileDataCollection

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventLiveTileDataCollection
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventLiveTileDataCollection

このポリシーでは、スタート メニューにライブ タイルをピン留めしているときに、よりよいエクスペリエンスの提供を目的として、Microsoft Edge が ieonline.microsoft.com サービスからライブ タイルのメタデータを収集できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にした場合、Microsoft Edge は、ユーザーがスタート メニューにライブ タイルをピン留めしているときに、最小限のエクスペリエンスを提供し、ライブ タイルのメタデータを収集しません。

  • この設定を無効にするか、構成しなかった場合、Microsoft Edge は Live Tile メタデータを収集し、ユーザーが [スタート] メニューにライブ タイルをピン留めするときに、より完全で完全なエクスペリエンスを提供します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) ライブ タイルのメタデータを収集して送信します。
1 収集されたデータはありません。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventLiveTileDataCollection
フレンドリ名 サイトをスタートにピン留めする際にライブ タイル情報の収集を Microsoft Edge に許可しない
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 PreventLiveTileDataCollection
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventSmartScreenPromptOverride

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventSmartScreenPromptOverride
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventSmartScreenPromptOverride

このポリシー設定では、悪意があると考えられる Web サイトに関する Windows Defender SmartScreen の警告を、従業員が無視できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にした場合、従業員は SmartScreen 警告Windows Defender無視できないため、サイトへの続行がブロックされます。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、従業員は SmartScreen の警告Windows Defender無視してサイトに進むことができます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可/オフ。 ユーザーは警告を無視してサイトに進むことができます。
1 回避/オン。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventSmartScreenPromptOverride
フレンドリ名 サイトに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\PhishingFilter
レジストリ値の名前 PreventOverride
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles

このポリシー設定では、未検証ファイルのダウンロードに関する Windows Defender SmartScreen の警告を、従業員が無視できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にした場合、従業員は SmartScreen 警告Windows Defender無視できないため、未確認のファイルのダウンロードがブロックされます。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、従業員は SmartScreen 警告Windows Defender無視してダウンロード プロセスを続行できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可/オフ。 ユーザは警告を無視して、未検証ファイルのダウンロードを続行できます。
1 回避/オン。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventSmartScreenPromptOverrideForFiles
フレンドリ名 ファイルに関する Windows Defender SmartScreen プロンプトをバイパスしない
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\PhishingFilter
レジストリ値の名前 PreventOverrideAppRepUnknown
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventTurningOffRequiredExtensions

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventTurningOffRequiredExtensions
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventTurningOffRequiredExtensions

ユーザーがオフにできない拡張機能の一覧を Microsoft Edge で定義できます。 Microsoft Intuneなど、使用可能なエンタープライズ 展開チャネルを通じて拡張機能をデプロイする必要があります。 このポリシーを有効にすると、ユーザーはコンピューターから拡張機能をアンインストールできませんが、InPrivate 参照を許可するなど、このポリシーで定義されている拡張機能のオプションを構成できます。 拡張機能の今後の更新によって要求された追加のアクセス許可は、自動的に付与されます。

  • このポリシーを有効にする場合は、拡張パッケージ ファミリ名 (PFN) のセミコロンで区切られたリストを指定する必要があります。 たとえば、 を追加Microsoft.OneNoteWebClipper_8wekyb3d8bbwe;Microsoft.OfficeOnline_8wekyb3d8bbweすると、ユーザーは OneNote Web Clipperおよび Office Online 拡張機能をオフにできなくなります。 有効にすると、一覧から拡張機能を削除しても、ユーザーのコンピューターから拡張機能が自動的にアンインストールされることはありません。 拡張機能をアンインストールするには、利用可能なエンタープライズ展開チャネルを使用します。 [開発者ツールの許可] ポリシーを有効にした場合、このポリシーは、ユーザーが拡張機能の論理をデバッグおよび変更することを妨げません。
  • 無効になっているか、構成されていない場合、このポリシーの一部として定義されている拡張機能は無視されます。
  • 既定の設定: 無効または未構成

関連ドキュメント:

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
許可される値 リスト (区切り記号: ;)

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 PreventTurningOffRequiredExtensions
フレンドリ名 必要な拡張機能を無効にできないようにする
要素名 下のスペースに、セミコロンで区切られた拡張パッケージ ファミリ名 (PFN) を入力します。
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Extensions
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

PreventUsingLocalHostIPAddressForWebRTC

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1511 [10.0.10586] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventUsingLocalHostIPAddressForWebRTC
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/PreventUsingLocalHostIPAddressForWebRTC

このポリシー設定を使用すると、WebRTC プロトコルを使用して呼び出しを行う際に、従業員の LocalHost IP アドレスが表示されるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にすると、WebRTC プロトコルを使用して呼び出しを行っている間、LocalHost IP アドレスは非表示になります。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、WebRTC プロトコルを使用して呼び出しを行っている間に LocalHost IP アドレスが表示されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 許可されます。 localhost IP アドレスを表示します。
1 Prevented/Not allowed。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 HideLocalHostIPAddress
フレンドリ名 WebRTC での Localhost IP アドレス使用の回避
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 HideLocalHostIP
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ProvisionFavorites

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ProvisionFavorites
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ProvisionFavorites

このポリシー設定を使用すると、従業員に表示される既定のお気に入りのセットを構成できます。 従業員は、これらのプロビジョニング済みのお気に入りを変更、並べ替え、移動、エクスポート、または削除することはできません。

  • この設定を有効にした場合は、お気に入りの URL とお気に入りのフォルダーをユーザーのお気に入りリスト (ハブまたはお気に入りバー) の上に表示するように設定できます。 ユーザーのお気に入りは、これらのプロビジョニング済みのお気に入りの後に表示されます。

重要:

この設定と[インターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間でお気に入りを同期したままにする] 設定の両方を有効にしないでください。 両方の設定を有効にすると、従業員はインターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間で自分のお気に入りを同期できなくなります。

  • この設定を無効にした場合、または構成していない場合、従業員には、設定したお気に入りがハブバーとお気に入りバーに表示されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ConfiguredFavorites
フレンドリ名 お気に入りのプロビジョニング
要素名 ConfiguredFavoritesPrompt
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Favorites
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

: Microsoft Edge でお気に入りの既定の一覧を定義します。 この場合、[お気に入りの保存]、[設定のインポート]、コンテキスト メニューのオプション ([新しいフォルダーの作成] など) がオフになります。

既定のお気に入りの一覧を定義するには、次の操作を行います。

  1. Microsoft Edge の右上隅の省略記号 (...) をクリックして、[設定] を選択します。
  2. [別のブラウザーからインポートする] をクリックし、[ファイルにエクスポート] をクリックして、ファイルを保存します。
  3. グループ ポリシー エディターの [オプション] セクションで、プロビジョニングするお気に入りの一覧を含むファイルの場所を指定します。

    URL を次のように指定してください。

    • HTTP ロケーション: "SiteList"=<http://localhost:8080/URLs.html>
    • ローカル ネットワーク: "SiteList"="\network\shares\URLs.html"
    • ローカル ファイル: "SiteList"=file:///c:/Users/Documents/URLs.html

SendIntranetTraffictoInternetExplorer

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1607 [10.0.14393] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SendIntranetTraffictoInternetExplorer
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SendIntranetTraffictoInternetExplorer

このポリシー設定では、すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer 11 で開くかどうかを決定することができます。 この設定は、Microsoft Edge の互換性に関する既知の問題がある場合にのみ使います。

  • この設定を有効にした場合、すべてのイントラネット サイトが自動的に Internet Explorer 11 で開きます。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、すべてのイントラネット サイトが Microsoft Edge を使用して自動的に開かれます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) イントラネット サイトを含むすべてのサイトを自動的に Microsoft Edge で開きます。
1 イントラネット サイトのみ、自動的に Internet Explorer 11 で開きます。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 SendIntranetTraffictoInternetExplorer
フレンドリ名 すべてのイントラネット サイトを Internet Explorer 11 に送る
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 SendIntranetTraffictoInternetExplorer
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

SetDefaultSearchEngine

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetDefaultSearchEngine
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetDefaultSearchEngine

このポリシー設定を使用すると、従業員の既定の検索エンジンを構成できます。 従業員はいつでも既定の検索エンジンを変更できます。

重要:

この設定は、ドメインに参加しているデバイスまたは MDM に登録されているデバイスでのみ使用できます。 詳しくは、Microsoft のブラウザー拡張ポリシー (aka.ms/browserpolicy) を参照してください。

  • この設定を有効にした場合、従業員の既定の検索エンジンを選択できます。

  • この設定が有効になっている場合は、検索エンジンの短い名前と https: URL を含む OpenSearch XML ファイルへのリンクを追加して、既定のエンジンを "既定の検索エンジンの設定" 設定に追加する必要もあります。 OpenSearch XML ファイルの作成の詳細については、OpenSearch Standards (https://msdn.microsoft.com/library/dd163546.aspx) の概要に関するトピックを参照してください。 次の形式を使用して、追加するリンクを指定します。 <https://fabrikam.com/opensearch.xml>

注:

各市場に応じた既定の Microsoft Edge 設定を従業員が使用できるように指定する場合は、文字列を EDGEDEFAULT に設定します。 従業員の既定の検索エンジンとして Microsoft Bing を指定する場合は、文字列を EDGEBING に設定します。

従業員は、変更を制限する [検索エンジンのカスタマイズを許可する] 設定を無効にしない限り、いつでも既定の検索エンジンを変更できます。

  • この設定を無効にした場合、ポリシーで設定された既定の検索エンジンが削除されます。 これが現在使用中の既定エンジンの場合は、その市場用に Microsoft Edge で指定されたエンジンに変更されます。

  • この設定を構成しなかった場合、既定の検索エンジンはアプリの設定で指定されたエンジンに設定されます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 SetDefaultSearchEngine
フレンドリ名 既定の検索エンジンを設定する
要素名 次の形式を使用して、追加するリンクを指定します。 <https://fabrikam.com/opensearch.xml>
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\OpenSearch
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

SetHomeButtonURL

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetHomeButtonURL
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetHomeButtonURL

ホーム ボタンは、ユーザーがホーム ボタンをクリックしたときにカスタム URL を読み込むよう構成できます。

有効または構成され、[ホーム ボタンの構成] ポリシーが有効になっていて、[ホームの表示] ボタン & 特定のページを設定する] が選択されている場合、ユーザーがホーム ボタンをクリックするとカスタム URL が読み込まれます。

既定の設定: 空白または未構成。

関連ポリシー: [ホーム] ボタンを構成します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 SetHomeButtonURL
フレンドリ名 [ホーム] ボタンの URL を設定する
要素名 URL を文字列形式で入力します。 例えば: https://www.bing.com
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

SetNewTabPageURL

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetNewTabPageURL
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SetNewTabPageURL

Microsoft Edge では、既定の [新しいタブ] ページ URL を設定できます。 このポリシーを有効にすると、ユーザーは [新しいタブ ページ] 設定を変更できなくなります。 有効にし、[新しいタブ ページの Web コンテンツを許可する] ポリシーが無効になっている場合、Microsoft Edge はこのポリシーで指定された URL を無視し、about:blank を開きます。

有効にした場合は、既定の [新しいタブ] ページ URL を設定できます。

無効になっているか、構成されていない場合は、既定の Microsoft Edge の新しいタブ ページが使用されます。

既定の設定: 無効または未構成。

関連ポリシー: [新しいタブ] ページで Web コンテンツを許可します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 SetNewTabPageURL
フレンドリ名 [新しいタブ] ページの URL の設定
要素名 URL を文字列形式で入力します。 例えば: https://www.bing.com
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ShowMessageWhenOpeningSitesInInternetExplorer

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1607 [10.0.14393] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ShowMessageWhenOpeningSitesInInternetExplorer
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/ShowMessageWhenOpeningSitesInInternetExplorer

インターネット エクスプローラー 11 でサイトを自動的に開き、サイトが開く前に通知を表示するように Microsoft Edge を構成できます。 通知を表示する場合は、[エンタープライズ モード サイトリストの構成] または [すべてのイントラネット サイトをインターネットに送信する] エクスプローラー 11 またはその両方を有効にする必要があります。

有効にすると、新しいページに通知が表示されます。 ユーザーを Microsoft Edge で続行する場合は、[オプション] のドロップダウン リストから [Microsoft Edge で続行する] オプションを選択します。

無効になっているか、構成されていない場合、既定のアプリの動作が発生し、追加のページは表示されません。

既定の設定: 無効または未構成。

関連するポリシー:

-Enterprise Mode Site List の構成 - すべてのイントラネット サイトをインターネットに送信する エクスプローラー 11。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) その他のメッセージは表示されません。
1 IE11 でサイトが開いたことを示す追加メッセージを表示します。
2 [Microsoft Edge で継続する] リンクを含む追加のメッセージを表示します。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 ShowMessageWhenOpeningSitesInInternetExplorer
フレンドリ名 Internet Explorer でサイトを開くときのメッセージ表示
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 ShowMessageWhenOpeningSitesInInternetExplorer
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

SyncFavoritesBetweenIEAndMicrosoftEdge

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10バージョン 1703 [10.0.15063] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SyncFavoritesBetweenIEAndMicrosoftEdge
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/SyncFavoritesBetweenIEAndMicrosoftEdge

この設定を使用すると、インターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間でユーザーが自分のお気に入りを同期できるかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にした場合、従業員は Internet Explorer と Microsoft Edge の間で、お気に入りを同期できます。

  • この設定を無効にするか、構成しない場合、従業員はインターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間で自分のお気に入りを同期できません。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 同期のオフ/オフを切り替えました。
1 オン/同期をオンにしました。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 SyncFavoritesBetweenIEAndMicrosoftEdge
フレンドリ名 Internet Explorer と Microsoft Edge の間でお気に入りの同期状態を維持する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Main
レジストリ値の名前 SyncFavoritesBetweenIEAndMicrosoftEdge
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

確認: お気に入りがインターネット エクスプローラーと Microsoft Edge の間で同期されていることを確認するには:

  1. Internet Explorer を開いて、お気に入りをいくつか追加します。
  2. Microsoft Edge を開いてから、[ハブ > お気に入り] を選択します。
  3. Internet Explorer に追加したお気に入りが、Microsoft Edge のお気に入りの一覧に表示されることを確認します。

UnlockHomeButton

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10 Version 1809 [10.0.17763] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/UnlockHomeButton
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/UnlockHomeButton

既定では、[ホーム ボタンの構成] または [ホーム ボタン URL の設定] を有効にすると、ホーム ボタンがロックダウンされ、ホーム ボタンをクリックしたときにユーザーがページの読み込みを変更できなくなります。 [ホーム ボタンの構成] または [ホーム ボタンの URL の設定] が有効になっている場合でも、ユーザーがホーム ボタンを変更できるようにするには、このポリシーを使用します。

有効にすると、ホーム ボタンの UI 設定が有効になり、ユーザーはホーム ボタンの非表示や表示、カスタム URL の構成など、変更を加えることもできます。

無効になっているか、構成されていない場合、ホーム ボタンの UI 設定が無効になり、ユーザーが変更を加えなくなります。

既定の設定: 無効または未構成。

関連ポリシー:

-ホーム ボタンの構成 - ホーム ボタンの URL を設定します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) ロックダウンし、ユーザーが設定を変更できないようにします。
1 ユーザーが変更を加えるようにします。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 UnlockHomeButton
フレンドリ名 [ホーム] ボタンのロックを解除する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\Internet Settings
レジストリ値の名前 UnlockHomeButton
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

UseSharedFolderForBooks

適用範囲 エディション 対象となる OS
✅ デバイス
✅ ユーザー
✅ Pro
✅ Enterprise
✅ Education
✅ Windows SE
✅ IoT Enterprise / IoT Enterprise LTSC
✅Windows 10、バージョン 1803 [10.0.17134] 以降
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/UseSharedFolderForBooks
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/Browser/UseSharedFolderForBooks

このポリシー設定では、[ブック] タブから Windows 用の既定の共有フォルダーにブックを格納するかどうかを決定できます。

  • この設定を有効にすると、Microsoft Edge はブック ファイルを共通の共有フォルダーに自動的にダウンロードし、学生と教師が [書籍] タブからブックを削除できないようにします。これを適切に機能させるには、学生と教師が学校アカウントを使用してサインインする必要があります。

  • この設定を無効にするか、構成しなかった場合、Microsoft Edge は学生または教師ごとにブック ファイルをユーザーごとのフォルダーにダウンロードします。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 int
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
既定値 0

指定可能な値

説明
0 (既定値) 禁止/許可されていませんが、Microsoft Edge はユーザーごとにブック ファイルをユーザーごとのフォルダーにダウンロードします。
1 許可されます。 Microsoft Edge は、ブック ファイルを共有フォルダーにダウンロードします。 このポリシーが正しく機能するには、[アプリケーション データのユーザー間の共有を Windows アプリに許可する] グループ ポリシーも有効にする必要があります。 また、ユーザーは、学校または職場のアカウントでサインインする必要があります。

グループ ポリシー マッピング:

名前
名前 UseSharedFolderForBooks
フレンドリ名 共有ブック フォルダーを許可する
場所 コンピューターとユーザーの構成
パス Windows コンポーネント > Microsoft Edge
レジストリ キー名 Software\Policies\Microsoft\MicrosoftEdge\BooksLibrary
レジストリ値の名前 UseSharedFolderForBooks
ADMX ファイル名 MicrosoftEdge.admx

ポリシー構成サービス プロバイダー