Policy CSP

Policy 構成サービス プロバイダーを使用すると、企業はWindows 10とWindows 11に対してポリシーを構成できます。 この構成サービス プロバイダーを使用して、会社のポリシーを構成します。

ポリシー構成サービス プロバイダーには、次のサブカテゴリがあります。

  • Policy/Config/AreaName - サーバーからのポリシー構成要求を処理します。
  • Policy/Result/AreaName - デバイスに適用されるポリシーへの読み取り専用パスを提供します。

重要

ポリシー スコープは、ポリシーを構成できるレベルです。 一部のポリシーはデバイス レベルでのみ構成できます。つまり、デバイスにログインしたユーザーとは関係なくポリシーが有効になります。 他のポリシーはユーザー レベルで構成できます。つまり、ポリシーはそのユーザーに対してのみ有効になります。

特定のポリシーの許可されるスコープは、サポートされている Windows エディションの表の下に表されます。 特定のスコープ (ユーザーとデバイス) でポリシーを構成するには、次のパスを使用してください。

ユーザー スコープ:

  • ./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/AreaName/PolicyName を 使用してポリシーを構成します。
  • ./User/Vendor/MSFT/Policy/Result/AreaName/PolicyName を使用して結果を取得します。

デバイス スコープ:

  • ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/AreaName/PolicyName を 使用してポリシーを構成します。
  • ./Device/Vendor/MSFT/Policy/Result/AreaName/PolicyName を使用して結果を取得します。

デバイス全体の構成の場合、 デバイス/ 部分はパスから省略できます。次のパスはそれぞれ上記のパスと同じと見なされます。

  • ./Vendor/MSFT/Policy/Config/AreaName/PolicyName を 使用してポリシーを構成します。
  • ./Vendor/MSFT/Policy/Result/AreaName/PolicyName を使用して結果を取得します。

次の例は、ポリシー構成サービス プロバイダーをツリー形式で示しています。

./Device/Vendor/MSFT/Policy
--- Config
------ {AreaName}
--------- {PolicyName}
--- ConfigOperations
------ ADMXInstall
--------- {AppName}
------------ {SettingsType}
--------------- {AdmxFileId}
------------ Properties
--------------- {SettingsType}
------------------ {AdmxFileId}
--------------------- Version
--- Result
------ {AreaName}
--------- {PolicyName}
./User/Vendor/MSFT/Policy
--- Config
------ {AreaName}
--------- {PolicyName}
--- Result
------ {AreaName}
--------- {PolicyName}

Device/Config

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config

1 つのソースによって構成されたすべてのポリシーをグループ化するためのノード。 構成ソースは、このパスを使用してポリシー値を設定し、後で以前に設定したポリシー値に対してクエリを実行できます。 1 つのポリシーを複数の構成ソースで構成できます。 構成ソースが競合解決の結果を照会する場合 (たとえば、Exchange と MDM の両方が値を設定しようとすると)、構成ソースは Policy/Result パスを使用して結果の値を取得できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得

Device/Config/{AreaName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/{AreaName}

1 つのプロバイダーの 1 つのテクノロジによって構成できる領域グループ。 追加後、値を変更することはできません。 構成できる領域の一覧については、ポリシー CSP の個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け ClientInventory

Device/Config/{AreaName}/{PolicyName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Config/{AreaName}/{PolicyName}

ポリシーで使用される名前と値のペアを指定します。 構成に使用できるポリシーの詳細については、個々のエリア DDF を参照してください。

次の一覧は、ポリシーを構成するときに役立つヒントをいくつか示しています。

  • XML ファイルで Unicode 0xF000 で部分文字列値を区切ります。

    異なる呼び出し元からのクエリでは、呼び出し元ごとに名前付きポリシーに対して異なる値を持つことができるので、異なる値を指定できます。

  • SyncML で、このポリシーを Atomic コマンドでラップして、ポリシー設定が 1 つのトランザクションとして扱われるようにします。
  • サポートされている操作は、追加、取得、削除、置換です。
  • 値の種類は文字列です。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 null
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
動的ノードの名前付け ClientInventory

Device/ConfigOperations

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations

さまざまな構成操作をグループ化するためのルート ノード。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得

Device/ConfigOperations/ADMXInstall

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall

Win32 アプリとデスクトップ ブリッジ アプリの ADMX ファイルの設定をデバイスによってインポート (取り込み) し、新しい ADMX に基づくポリシーまたは基本設定に処理できるようにします。 ADMXInstall を使用すると、OS リリース間で追加された Win32 アプリまたは デスクトップ ブリッジ アプリに対して ADMX に基づくポリシーを追加できます。 ADMX でサポートされるポリシーは、ポリシー CSP URI ./Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall を使用してデバイスに取り込まれます。 追加された ADMX でサポートされる各ポリシーまたは基本設定には、一意の ID が割り当てられます。 ConfigOperations/ADMXInstall を使用してインストールされた ADMX ファイルは、後で URI 削除操作を使用して削除できます。 ADMX ファイルを削除すると、ディスクから ADMX ファイルが削除され、ADMXdefault レジストリ ハイブからメタデータが削除され、ファイルから設定されたすべてのポリシーが削除されます。 MDM サーバーは、URI の ./Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName} で delete を呼び出すことによって、特定のアプリに関連付けられているすべての ADMX ポリシーを削除することもできます。

ポリシー CSP を使用して Win32 ポリシーとデスクトップ ブリッジアプリ ポリシーを構成する方法の詳細については、「Win32 とアプリ ポリシーの構成デスクトップ ブリッジ」を参照してください。

Microsoft Office カスタマイズ ツールによって管理される OPAX 設定は、MDM ではサポートされていません。 このツールの詳細については、「 Office カスタマイズ ツール」を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得

Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}

ADMX ファイルに関連付けられている Win32 または デスクトップ ブリッジ アプリの名前を指定します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け UniqueName: ADMX ファイルに関連付けられている Win32 または デスクトップ ブリッジ アプリの名前を指定します。
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/{SettingsType}
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/{SettingsType}

Win32 アプリの設定の種類。 ポリシーまたは基本設定

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け UniqueName: Win32 アプリの種類を設定します。 ポリシーまたは基本設定
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/{SettingsType}/{AdmxFileId}
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/{SettingsType}/{AdmxFileId}

ADMX ファイルの一意の ID

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
動的ノードの名前付け ServerGeneratedUniqueIdentifier
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299.1481] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1803 [10.0.17134.1099] 以降
✔️ Windows 10 Version 1809 [10.0.17763.832] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1903 [10.0.18362.387] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1909 [10.0.18363] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties

Win32 App ADMX インジェストのプロパティ

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299.1481] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1803 [10.0.17134.1099] 以降
✔️ Windows 10 Version 1809 [10.0.17763.832] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1903 [10.0.18362.387] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1909 [10.0.18363] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}

Win32 アプリの設定の種類。 ポリシーまたは基本設定

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け UniqueName: Win32 アプリの種類を設定します。 ポリシーまたは基本設定
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}/{AdmxFileId}
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299.1481] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1803 [10.0.17134.1099] 以降
✔️ Windows 10 Version 1809 [10.0.17763.832] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1903 [10.0.18362.387] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1909 [10.0.18363] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}/{AdmxFileId}

ADMX ファイルの一意の ID

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け ServerGeneratedUniqueIdentifier
Device/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}/{AdmxFileId}/Version
適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
❌ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1709 [10.0.16299.1481] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1803 [10.0.17134.1099] 以降
✔️ Windows 10 Version 1809 [10.0.17763.832] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1903 [10.0.18362.387] 以降
✔️ Windows 10バージョン 1909 [10.0.18363] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/ConfigOperations/ADMXInstall/{AppName}/Properties/{SettingsType}/{AdmxFileId}/Version

ADMX ファイルのバージョン。 これは、デバイスによって取り込まれた ADMX ファイルのバージョン管理の記録を保持するようにサーバーによって設定できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 chr (string)
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換

Device/Result

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Result

構成できるすべてのプロバイダーから評価されたポリシーをグループ化します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます

Device/Result/{AreaName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Result/{AreaName}

プロバイダーに依存しない 1 つのテクノロジによって構成できる領域グループ。 構成できる領域の一覧については、ポリシー CSP の個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます
動的ノードの名前付け ClientInventory

Device/Result/{AreaName}/{PolicyName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
✔️ プロ
✔️ エンタープライズ
✔️ 教育
✔️ Windows SE
✔️ Windows 10バージョン 1507 [10.0.10240] 以降
./Device/Vendor/MSFT/Policy/Result/{AreaName}/{PolicyName}

ポリシーで使用される名前と値のペアを指定します。 構成に使用できるポリシーの詳細については、個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 null
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます
動的ノードの名前付け ClientInventory

User/Config

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config

1 つのソースによって構成されたすべてのポリシーをグループ化するためのノード。 構成ソースは、このパスを使用してポリシー値を設定し、後で以前に設定したポリシー値に対してクエリを実行できます。 1 つのポリシーを複数の構成ソースで構成できます。 構成ソースが競合解決の結果を照会する場合 (たとえば、Exchange と MDM の両方が値を設定しようとすると)、構成ソースは Policy/Result パスを使用して結果の値を取得できます。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得

User/Config/{AreaName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/{AreaName}

1 つのプロバイダーの 1 つのテクノロジによって構成できる領域グループ。 追加後、値を変更することはできません。 構成できる領域の一覧については、ポリシー CSP の個々のエリア DDF を参照してください。

次の一覧は、ポリシーを構成するときに役立つヒントをいくつか示しています。

  • XML ファイルで Unicode 0xF000 で部分文字列値を区切ります。

    異なる呼び出し元からのクエリでは、呼び出し元ごとに名前付きポリシーに対して異なる値を持つことができるので、異なる値を指定できます。

  • SyncML で、このポリシーを Atomic コマンドでラップして、ポリシー設定が 1 つのトランザクションとして扱われるようにします。
  • サポートされている操作は、追加、取得、削除、置換です。
  • 値の種類は文字列です。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 追加、削除、取得
動的ノードの名前付け ClientInventory

User/Config/{AreaName}/{PolicyName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Config/{AreaName}/{PolicyName}

ポリシーで使用される名前と値のペアを指定します。 構成に使用できるポリシーの詳細については、個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 null
アクセスの種類 追加、削除、取得、置換
動的ノードの名前付け ClientInventory

ユーザー/結果

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Result

構成できるすべてのプロバイダーから評価されたポリシーをグループ化します。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます

User/Result/{AreaName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Result/{AreaName}

プロバイダーに依存しない 1 つのテクノロジによって構成できる領域グループ。 構成できる領域の一覧については、ポリシー CSP の個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 ノード
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます
動的ノードの名前付け ClientInventory

User/Result/{AreaName}/{PolicyName}

適用範囲 エディション 該当する OS
✔️ デバイス
✔️ ユーザー
❌ ホーム
❌ プロ
❌ エンタープライズ
❌ 教育
❌ Windows SE
./User/Vendor/MSFT/Policy/Result/{AreaName}/{PolicyName}

ポリシーで使用される名前と値のペアを指定します。 構成に使用できるポリシーの詳細については、個々のエリア DDF を参照してください。

説明フレームワークのプロパティ:

プロパティ名 プロパティ値
形式 null
アクセスの種類 [ゲームをゲット] を選びます
動的ノードの名前付け ServerGeneratedUniqueIdentifier

ポリシー領域

構成サービス プロバイダーのリファレンス