Windows 構成デザイナーをインストールし、制限事項について説明します

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 11

Windows 構成デザイナー ツールを使用してプロビジョニング パッケージを作成し、Windows クライアントを実行しているデバイスを簡単に構成します。 Windows 構成デザイナーは、主に、持ち込みデバイス (BYOD) とビジネスで提供されるデバイスをプロビジョニングする必要があるビジネスおよび教育機関向けの IT 部門で使用されます。

サポートされているプラットフォーム

Windows 構成デザイナーは、Windows IoT Core、Microsoft Surface Hub、Microsoft HoloLensなど、Windows クライアント デスクトップ用のプロビジョニング パッケージを作成できます。 Windows 構成デザイナーは、次のオペレーティング システムで実行できます。

クライアント OS:

  • Windows 11
  • Windows 10 (x86 および amd64)
  • Windows 8.1 Update (x86 および amd64)
  • Windows 8.1 (x86 および amd64)
  • Windows 8 (x86 および amd64)
  • Windows 7 (x86 および amd64)

サーバー OS:

  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2012 R2 Update
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2008 R2

Warning

いずれかのウィザードを使用して Azure Active Directory 登録を構成するには、Windows クライアントで Windows 構成デザイナーを実行する必要があります。

Windows 構成デザイナーのインストール

Windows クライアントを実行しているデバイスでは、Microsoft ストアから Windows 構成デザイナー アプリをインストールできます。

現在の Windows 構成デザイナーの制限事項

  • Windows 10 バージョン 2004 より前の Windows リリースで Windows 構成デザイナーを実行する場合、特に一括登録トークンを使用している場合は、TLS 1.2 を有効にする必要がある場合があります。 ファイルにエラー メッセージが表示される場合があります。Error: AADSTS1002016: You are using TLS version 1.0, 1.1 and/or 3DES cipher which are deprecated to improve the security posture of Azure AD詳細については、「クライアントまたはサーバー オペレーティング システムでicd.log TLS 1.2 を有効にする」を参照してください。

  • [ポリシー>管理用テンプレート>] [Windows コンポーネント>] [Internet Explorer > セキュリティ ゾーン]: [コンピューターの設定のみを使用する] グループ ポリシー設定が有効になっている場合、Windows 構成デザイナーは正しく動作しません。 セキュリティ設定を変更する代わりに、別のデバイスで Windows 構成デザイナーを実行することをお勧めします。

  • コンピューターで一度に実行できる Windows 構成デザイナーのインスタンスは 1 つだけです。

  • アプリとドライバーを追加すると、同じフォルダーに格納されているすべてのファイルがインポートされ、ビルド プロセス中にエラーが発生する可能性があります。

  • Windows 構成デザイナー UI では、多変量構成はサポートされていません。 代わりに、Windows 構成デザイナーのコマンド ライン インターフェイスを使用して、マルチバリアント設定を構成する必要があります。 詳しくは、「マルチバリアント設定を含むプロビジョニング パッケージを作成する」をご覧ください。

  • Windows 構成デザイナーでは、一度にビルドできるプロジェクトは 1 つだけです。 複数のプロジェクトを同時に開くことができますが、一度にビルドできるのは 1 つだけです。

  • 簡略化されたオーサリング jscript を Windows 構成デザイナーを実行しているサーバー SKU で動作できるようにするには、 スクリプト化されたウィンドウを使用して Web サイトに情報の入力を求めることを許可する必要があります。

    1. Internet Explorer を開きます。
    2. [設定][インターネット オプション] [セキュリティ>] [カスタム レベル] >> の順に移動します。
    3. [Web サイトがスクリプト化されたウィンドウを使用して情報を求めることを許可する] [有効] を選択します。>
  • ある PC から別の PC に Windows 構成デザイナー プロジェクトをコピーする場合は、次の手順を実行します。

    • アプリやドライバーを含む、デプロイ資産に関連付けられているすべてのファイルをプロジェクトにコピーします。
    • すべてのファイルを元の PC と同じパスにコピーします。

    たとえば、プロビジョニングされたパッケージにドライバーを追加する場合は、Windows 構成デザイナーを実行している PC 上のローカル ディレクトリにファイルをコピー .INF する必要があります。 ファイルを .INF コピーせず、コピーしたバージョンのこのプロジェクトを別の PC で使用すると、Windows 構成デザイナーによって元の PC へのファイル パスが解決される場合があります。

  • 推奨: 開始する前に、すべてのソース ファイルを Windows 構成デザイナーを実行している PC にコピーします。 ネットワーク共有やリムーバブル ドライブなどの外部ソースを使用しないでください。 ローカル ファイルを使用すると、ネットワークの問題からビルド プロセスを中断したり、USB デバイスを切断したりするリスクが軽減されます。

次のステップ: プロビジョニング パッケージの作成方法